「変な名前の写真家 森星象」のカメラ講座が毎回満員御礼の大人気です。

森星象 森星象
森星象せんせいのカメラ講座
いつも笑顔で、めちゃくちゃやさしい教え方

森くんのカメラ教室、
たぶん7年とか続いていると思うのですが
これまでに教えてきた受講生の数が
なんと1,000人以上もいます。

「のべ」ではなく
1課程3回とかの講座を
ちゃんと受講して卒業した人数です。

これは正直、すごいと思うのです。
ぼくが取材で講座を見させてもらう時も
その人気がそのまま反映されてて
いつも満席という人気ぶりでした。

森星象せんせいのカメラ講座
どんな細かいことでも、親切な教え方

そこまで親切でなくてもいいのに・・・

ぼくは人に教えるのが、得意ではありません。
それはどうしても、「知ってる」目線が入ってしまうせいなのか、
知らない人のためのセミナーなのに
途中で面倒くさくなって
「あとは自分で考えてください。」
こうなってしまうのです。
これが、ぼくが講師という仕事に向いていない原因だと思います。なので頼まれても、基本ぜんぶお断りしています。

ところが森くんは、
まったく違います。

カメラ講座の途中で
「先生、絞りってどこで変えるんですか?」
ぼくだったら、
「自分のカメラやろ、調べてわかってから来てくださいよ。」なんて言ってしまうところを、
「あっ、ちょっと待ってね。カメラ見せてくれる。これキヤノンだから、このボタンを押すと変えられるよ。」
「先生、ありがとうございます。」
「いえいえ、わからなかったら何でも直ぐに訊いてくださいね。」

どんだけ親切やねん。

「絞り」さえわからないような受講生でも
ぼくよりかなり上等のカメラを持参されてて、趣味にはみんなお金かけるんだと認識しました。

あと、こういうセミナーって、けっこう若い人の場所って感じがしないでもなく、むかし神戸の写真教室に申し込む前には、電話して「50歳ですが、行ってもいいですか?」なんて問い合わせしました。

ところが、森くんのセミナーは、けっこう年齢がバラバラ。
20歳前半の人もいますし、見た感じで、ぼくよりも年上の人も何人も受講されています。これがまた、セミナーが初級から中級、上級と進んでも同じで、和気あいあいと、皆さん仲良く受講されています。

森星象せんせいのカメラ講座
10人以上の講座でも、変わらぬ親切さ。

すぐ上の写真は、天王寺「あべのハルカス」内のフリースペースです。近鉄百貨店の店内なので、お買い物のお客さんがすぐ横を歩いていますし、その気になれば、セミナーの話なら聞けるような開いた場所です。

ここが森くんにとって、最も多くの受講者の集まる場所で、みっちり2時間、終わってからも個別の質問に答えるなどやっぱり「どこまで親切やねん!」とツッコミたくなるぐらいド親切です。でも、これがあるから、どんどん受講希望者が増えるんだと思います。

ぼくには到底できません。。。