画像に文字入れアプリ「Adobe Spark Post」無料で初心者にも簡単

「画像に文字や図形を入れたい!」ブログやネット販売、そしてビジネスでのやり取りにおいて、これが簡単にできれば、相手に言いたいことを伝える上で、大きな武器になります。今回はアプリ「Adobe Spark Post」を使った、画像への文字と図形の入れ方を初心者にもわかりやすく解説します。

目次

画像に文字入れアプリ「Adobe Spark Post」無料で初心者にも簡単

画像に文字入れアプリ「Adobe Spark Post」無料で初心者にも簡単

Adobe Spark Post は、
Photoshop や Illustrator で有名な
Adobe のアプリです。

iPhone
iPad
Android
これら3つのデバイス向けに
無料で公開されています。

無料・・・なのですが
無料で使うには条件があって、

Adobe Spark Post

【Adobe Spark Post】のロゴが入ります。
これを消したい場合は、

Adobe Spark Post

・1,100円/月
・11,200円/年
どちらかで購入する必要があります。

これも、でき上がった画像を
他のアプリでトリミングしたり
他の画像を重ねて見えなくすることも
出来なくはないので、
多少の我慢は必要ですが
無料でも、けっこう使えると思います。

ここからの解説は
iPadの画面で行っています。

尚、Adobe Spark Post は
Apple Pencilが無くても使えます。

Adobe Spark Post 画像への文字と図形を入れる方法

比較的、初心者にも扱いやすいアプリだと思います。
順に解説していきます。

STEP
Adobe Spark Post 画像をセットする

ここでは、自分で用意した画像に
文字や図形を入れますので
テンプレートは使用せず
下部の「」ボタンをタップします。

Adobe Spark Post

どこから画像を入れるのかを選びます。
ここではカメラロールの写真を使うので
フォトライブラリ」をタップします。

Adobe Spark Post

使用する写真を選んで
右上の「追加」をタップします。

Adobe Spark Post

下部に
メディアごとの
縦横比のテンプレートがありますが、
ここでは元画像のままの状態で使うので
元のサイズ」を選んで
完了」をタップします。

もしInstagramを選ぶと
画像が正方形にカットされますので
必要に応じて使い分けます。

Adobe Spark Post

これで画像のセット完了です。
この段階で
「ダブルタップしてテキストを編集」
と入っていますが大丈夫です。
このまま作業をすすめます。

Adobe Spark Post
STEP
Adobe Spark Post 画像に文字を入れる

文字の部分をダブルタップします。

Adobe Spark Post

最初に入っている文字列を削除して
入れたい文字を入力します。

Adobe Spark Post

文字の入力ができたら、
右上の「完了」をタップ。

Adobe Spark Post

画像に文字が入った状態です。

Adobe Spark Post

ここから文字を装飾していきます。

STEP
Adobe Spark Post 文字を装飾する

1.フォントを変える

文字が選択された状態で
ツールから「フォント」をタップ。

Adobe Spark Post

フォント一覧が表示されるので
選択しながら、好みのフォントを決めます。

Adobe Spark Post

終わったら左上の「」をタップします。

2.カラーを変える

文字が選択された状態で
ツールから「カラー」をタップ。

Adobe Spark Post

変更するカラー一覧が表示されるので
好みのカラーを選んでタップすると
そのまま文字に反映されます。

Adobe Spark Post

終わったら左上の「」をタップします。

3.シェイプを変える

文字が選択された状態で
ツールから「シェイプ」をタップ。

Adobe Spark Post

シェイプの一覧が表示されるので
好みのシェイプを選んでタップ。
ここでは、文字周りの長方形を
角丸にしました。

かなりの種類があるので、
もっと大胆な変更をしてみても
面白いと思います。

Adobe Spark Post

終わったら左上の「」をタップします。

4.効果の変更

文字が選択された状態で
ツールから「効果」をタップ。

Adobe Spark Post

効果の一覧が表示されます。
ここでは「カットアウト」を選びました。
カットアウトは文字部分が透明になって
背景が見える効果です。

Adobe Spark Post

終わったら左上の「」をタップします。

5.文字の移動、回転、拡大・縮小

文字が選択された状態で
ツールから「調整」をタップ。

調整項目の
移動
回転
拡大・縮小
これら3つが表示されます。

Adobe Spark Post

上の3つの調整項目から
移動」をタップ。
移動用パネルの▲で移動できますが
かなり細かな移動量なので
微調整のときにだけ使います。

Adobe Spark Post

大きく移動させる場合は、
文字を指先でタップ、ドラッグして
任意の位置で指先を離します。

Adobe Spark Post

次に「回転」をタップして選びます。
回転の量を決める
スライダーが表示されますので、
左右に動かして決めます。

Adobe Spark Post

そして「拡大・縮小」をタップして選び
これも調整スライダーが表示されますので
左右に動かして大きさを決めます。

Adobe Spark Post

最後に「完了」をタップしてできあがりです。

Adobe Spark Post

再調整するときは
もう一度、文字をタップして選択すると
すべての調整を行うことができます。

Adobe Spark Post
STEP
Adobe Spark Post 図形を入れる

次は図形を入れます。
最初に「+:追加」ボタンをタップ。

Adobe Spark Post

アイコンを追加」をタップ。

Adobe Spark Post

上部の検索窓に
探したい図形を文字で入力すると
下に一覧で表示されます。

Adobe Spark Post

「○」は「丸」と入力。

Adobe Spark Post

今回は僕がよく使う
「矢印」を入力して、
下の一覧から選び
右上の「追加」ボタンをタップ。

Adobe Spark Post

画像上に選んだ「矢印」が入ります。

終わったら左上の「」をタップします。

Adobe Spark Post

1.図形の移動と回転

図形の移動は
図形が選択された状態で
タップして置きたい位置までドラッグします。

Adobe Spark Post

図形の回転は
図形が選択された状態で
「回転」マークを動かした分だけ
図形が回転します。

終わったら左上の「」をタップします。

Adobe Spark Post

2.図形の色を変える

ツールから「カラー」をタップして
下に表示されるパネルから
使いたい色を選ぶと
そのまま図形に反映されます。

できあがったら
右下の「完了」をタップします。

Adobe Spark Post

これで、
文字入れから図形入れまでの
作業完了です。

Adobe Spark Post
STEP
Adobe Spark Post 画像の保存方法

最後に出来上がった画像を
保存します。

右上の「共有」ボタンをタップ。

Adobe Spark Post

画像を保存」をタップ

Adobe Spark Post

カメラロール」に保存されます。

Adobe Spark Post

これができあがり画像。
やはり右下の
「Adobe Spark Post」のロゴが
気になります。

Adobe Spark Post

同じAdobeの無料アプリ
Photoshop Fix
スポット修復ツール
ロゴを消してみました。

Adobe Spark Post

Photoshop Fix について詳しくはコチラ

同じくAdobeの無料アプリ
Photoshop Express
切り取り(トリミング)」ツールで
ロゴ部分を取り除きました。
上下幅が小さくなりますが
横幅も含めた調整をすれば
じゅうぶん使えると思います。

Adobe Spark Post

最強の画像加工アプリのひとつ「Snapseed
切り抜き」ツール

Snapseed

同じく「Snapseed」の
シミ除去」ツール

Snapseed

Snapseed について詳しくはコチラ

Adobe Spark Post まとめ

画像に文字を入れるアプリは、有料アプリほどの高機能が必要ない場合、このAdobe Spark Post は無料で初心者にも直感的に使えて、有り難い存在だと思います。ただ、無料のまま使うとロゴが入ってしまうために、このままだと使い物になりません。よって、最初に画像選びをする際に、トリミングすることを前提とした、大きめの画像を選んでおくことをおすすめします。それさえできれば、ロゴが入っても全体のイメージを損なうこと無く、切り取りできます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる