iPad だけでテレワーク〜  写真加工から文字入れまでが完璧な無料アプリ2選

画像加工 文字入れまで無料でできるiPadアプリ2選 タブレット用

「在宅ワークは、環境に変化がないので、どうしても飽きてしまう!」こんな声をよく聞きます。今回、脱パソコンをして、iPadだけで仕事をすることが、どれぐらい刺激的で便利で不便なのか、あれこれ検証を進めて行きます。今回は写真加工から文字入れまでが無料でできるスグレモノアプリを紹介します。

1. 画像サイズ

iPadアプリ 画像サイズ

名前通りのアプリ。
画像サイズを変更するアプリで、
「縦:横の比」と「画像の大きさ」を自由に設定できます。

例えば、この元画像は「4:3」の比率です。

元画像

これを「3:2」に変更すると↓

変更後画像

こんな感じに、サクッと仕上がります。

そしてこの時の作成画面↓

画像サイズ 作業画面

「1」の数値は自由に設定できます。
今回は「3:2」にしたかったので「1000:667」になっています。
「2」を見ると、元画像からのサイズダウンがわかります。
ブログに貼り付けたりする場合は、
小さい方が良いので、ありがたい機能です。

また追加の機能として

画像リサイズ 追加機能

簡単な「写真加工」や「文字入れ」もできます。
この「文字入れ」は、簡単な機能なので
これに関してはもう一つのアプリ
「Phonto」を使います。

2. Phonto

iPadアプリ Phonto

写真へ文字を入れる
なかなか洒落てて高機能なアプリです。

広告が表示されますが
こちらも無料で使うことができます。

Phonto 文字入れ

画像を読み込むと
最初にフィルターの設定になります。
ちょっと変化を加えたい場合は
タップだけで出来るので便利です。

変更してもしなくても
上の「完了」で次に進みます。

Phonto 文字入れ

写真の任意の場所をタップすると表示される
「文字を追加」の部分をタップ

Phonto 文字入れ

文字入力画面が出ますので
文字を入れます。
大きさ、色、フォントの種類などは
後からでも変更できますので
最初はサクッと入れてしまいましょう。

Phonto文字入れ

ちょっと変化を付けて
こんなこともできます。

まとめ

今回の記事を作成するにあたって
作業はすべてiPadでやってみました。

iPadアプリの解説だったので
Windows PCで作業するよりも
断然スムーズでした。

でもWindowsのアプリ解説を
記事にするなら
これは完全にWindows PCで作業するのが
楽チンだと思います。

今回の2つのアプリに関しては
使い心地は軽いし簡単で
特に詳しいマニュアルも
必要ないと思います。

スマホや一眼カメラで撮った写真を
  ↓
「画像サイズ」で
使う目的に応じた大きさに
サイズダウン
  ↓
「Phonto」で
オシャレな文字を重ねて
ブログやYouTubeの
サムネイルに使うことができます。

もちろん
もっとプロ仕様のアプリ
・Affinity Designer
・Affinity Photo
・Photoshop
などを使えば
もっと本格的な
写真加工や文字入れが可能ですが
あまりにも時間がかかり過ぎます。
そして費用も安くないです。

ぼくは、こういうのは
サッサとしたいタイプなので
「画像サイズ」「Phonto」は
なかなか気に入りました。

なお、両アプリともに
無料で使えますが
ぼくは有料化しました。
すると広告が消え、
作業領域が広くなりますので
より効率がアップします。

ということで
iPadでどこまでやれるかが
はじまったわけですが、
ここで1つわかったことがあります。

それは、

iPadの動作がサクサクすぎて
普段使ってるパソコンが
めちゃくちゃ遅いことに気づいたことです。
WordPressで作業してても
写真1枚貼り付けるのに
iPadでやるほうが数倍速い。。。

これは、
前回、iPadの12.9インチが
欲しいなんて書きましたが
先に買うのは、
パソコンの方のようです。

でもパソコンのほうが
遥かに安いので
決断は容易いです。
もちろん、Windowsですが。