初心者でも簡単、無料アプリ「Phonto」で写真にテキストを入れる方法

「ブログの看板とも言えるトップ画像を、かっこよく作りたい!」「クリックされるYouTubeのサムネイル画像を作りたい!」。こんな悩みにこたえるのが、初心者でも安心して使える無料アプリ「Phonto」です。今回は「Phonto」を使った、画像へ魅力的なテキストを入れる方法を解説します。
2021/08/21Update

目次

初心者でも簡単、無料アプリ「Phonto」で写真にテキストを入れる方法

初心者でも簡単、無料アプリ「Phonto」で写真にテキストを入れる方法

「Phonto」は

  1. iPhone用、iPad用
  2. Android用

これらに対して、
無料で公開されています。

僕の場合は、
けっこう使うアプリなので、
機能のオプションとして

  • 広告を消す 250円
  • 「文字スタイル」ツール 250円

それぞれ購入して有料化しています。

Phonto 使い方

写真文字入れアプリ「Phonto」で、ブログのタイトルを作ってみた

解説はiPadの画面を使って行いますが
Androidでも、ほぼ同じです。

Phonto  ブログのトップ画像を作る

今回作るのは
ブログのトップ画像。

つい先日までは、
こんなデザインだったのを
Phonto」を使って、
新しく作り変えます。

Phonto で行う、ブログの改装部分
  • 写真を変える
  • 写真にテキストを重ねる

やることは、この2点です。

Phonto 背景写真の配置

Phonto を起動すると

Phonto カメラのボタンをタップ

これが起動直後の画面です。
最初に矢印の「カメラ」マークをタップ。

Phonto 写真アルバムをタップ

写真アルバム」をタップして、

Phonto

使用する写真を選びます。

Phonto

このまま加工を行う場合は
右上の「完了」をタップして、次に進みます。

色の雰囲気を変えたい場合は
下に並んだ仕上がり例から選びます。

色の雰囲気を変えたい時は
Phonto」に写真を取り込む前に
Snapseed」で調整しておくことをオススメします。

Snapseed

ここで、
Phonto」に写真をセットするまえに、「画像サイズ」を使って、ブログやInstagram用など、目的に応じたサイズに整えておいてから使うほうが、作業しやすいです。

画像サイズ

Phonto

これで背景となる写真が配置されました。
次は、この写真に文字を重ねていきます。

Phonto 写真に文字を重ねる

写真の任意の場所をタップすると

Phonto

文字を追加」と表示が出ます。

その「文字を追加」をタップすると

Phonto

文字の入力画面が表示されます。
ここに入力して
完了」をタップすると、

Phonto

写真に文字が重なります。

次に文字を装飾していきます。
まず、文字部分をタップすると、

Phonto

ツールボックスが表示されます。
ここで「スタイル」をタップします。

Phonto

文字を装飾する画面になりますので

  • 文字:文字の色を変える
  • ストローク:文字縁取りを付ける
  • 背景:背景に色を付けて文字を見やすくする
  • :文字に影を付ける
  • 間隔:文字間隔・行間隔の調整
  • 下線:文字にアンダーラインを引く
  • ブレンド:文字の見え方の効果

今回は「背景」を付けてみました。
設定は上の画像の通り、
背景」を選んで、
透明度」のスライドを右方向に動かします。

決まったら右上の「完了」をタップ。

Phonto

出来上がりです。

これは、ごく基本的な部分の解説でした。

Phonto 少しだけこだわった文字の装飾

次は、もうちょっと
文字にこだわってみます。

Phonto

文字「ちはやブログ」をタップして
今度は「文字」をタップします。

Phonto


使うことができる
フォント」一覧が表示されます。

今回は「ふい字」を選びました。

Phonto

ちょっとナチュラルな感じの
仕上がりになりました。

こうやって、
あれこれツールを使うことで、

Phonto

こんな仕上がりも簡単にできます。

これを作るのに行った作業は

  1. 「ちはやブログ」「中高年の」「未来は明るい」、別々に入力します
  2. サイズ」調整をします
  3. 傾き」を調整します
  4. 移動」で文字を動かします

最後にできあがった画像を保存します。

Phonto

右下のボタンをタップして
画像を保存」をタップで完了です。

今回はココまでです。
おつかれさまでした。

新機能追加!

Version 4.9.24 2021年8月14日
多重縁取り: 文字に複数の縁をつけられるようになりました。
スタイル > ストローク > 色パターンを作成 > 多重縁取り

Phontoに新機能が追加されましたので
解説します。

Phonto 新機能

先ずは、入れたい文字列を入力します。

Phonto

文字列をタップして
表示されるツールから
スタイル」をタップ。

Phonto

操作画面になるので
ストローク」をタップ。

Phonto

複数色の縁に指定する
それぞれの色を作ります。

の色の部分、
または「」の部分をタップします。

そのあと、下のスライダーで
赤・緑・青の●部分を左右に動かして
縁の色を指定します。

全部で5色、5重の縁まで作成できます。

Phonto

現時点では、色が横方向にグラデーションになっています。
これを文字に縁取りとして表示させます。

右上の「水平方向」をタップ。

Phonto

多重縁取り」をタップ

Phonto

適用」をタップ。

画像での見た目がわかりにくいのですが
縁取りに変更されています。

Phonto

」のスライダーを動かして
縁取りの幅を指定します。

Phonto

決まったら
右上の「完了」をタップ。

Phonto

5重の縁取り、完成です。

画像に文字を入れるアプリ、コチラもオススメです。

PCでの無料写真加工・文字入れなら絶対オススメ「PhotoScape X

PCブラウザからオンラインで、画像編集・文字入れが出来る「Fotor

無料でなのが信じられない iPhone、iPad用「Annotable

無料なのに、あのIllustratorを超えてる?「Vectornator

まとめ

僕も好奇心旺盛なので、アプリはあれこれ使っては止めてを繰り返してしますが、その中でも「Phonto」は誰にでも使えて、かなりレベルの高い仕上がりが期待できるので、いつもオススメしています。

Phonto」はサムネイル作成アプリで有名なアプリ「Canva」や、PCで動作する「Fotor」のように、最初から用意されているデザインサンプルを改良しながら作成する機能はありませんが、その分、自分の思い通りに文字を装飾したり、多数のフォントを選ぶことができます。
また場合によっては、Adobe Illustrator で行うような作業が、デザイン初心者でも出来てします魅力も持っています。
僕個人的には、iPadで使う文字入れアプリの中では、イチバンのお気に入りです。

じつはまだまだ凄い機能があるのですが、一旦ここまでで記事を公開しますので、基本的な操作だけ覚えてください。また加筆します。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる