画像に文字入れアプリ「文字入れくん」無料、文字だけなら大推奨!

iPhone、iPad 画像に文字や図形を入れる 文字入れくん

「画像に文字を入れたい!」ブログやネット販売、そしてビジネスでのやり取りにおいて、これが簡単にできれば、相手に言いたいことを伝える上で、大きな武器になります。今回はアプリ「文字入れくん」を使った、画像への文字の入れ方を初心者にもわかりやすく解説します。

目次

画像に文字入れアプリ「文字入れくん」無料、文字だけなら大推奨!

画像に文字入れアプリ「文字入れくん」無料、文字だけなら大推奨!

文字入れくん」は
画像に文字を入れることに
特化したアプリで
図形を入れる機能はありません。

それでも僕が推奨するのは
・縦書きができること
・機能が多いわりに、操作自体が簡単なこと
この2つが理由です。

現在「文字入れくん」は
iPhone
iPad
この2つのデバイス用に
無料で公開されています。

ここでは、iPadの画面を使った
解説をします。

文字入れくん 画像に文字を入れる方法

文字入れくん、無料で使えますが
少しだけ広告が入ります。
もし課金して広告が消せるのなら
喜んでお支払いしたいぐらいです。
残念ながら、有料版はありません。

STEP
文字入れくん 画像をセットする

起動したら
右上のボタンをタップして
表示される画像一覧から
文字入れする画像を選んで
新規作成します。

この最初の画面では広告が入ります。

文字入れくん

セット完了です。
ここからは広告が入りません。

文字入れくん
STEP
文字入れくん 画像に文字を入れる

下部にある「+」ボタンをタップ

文字入れくん

文字スペースが挿入されるので
その部分をダブルタップします。

文字入れくん

文字入力画面が表示されます。
ここで左上の
横書き」「縦書き」選んでから
文字を入力します。

画面は「縦書き」を選んでいます。
入力できたら
右上の「完了」をタップします。

文字入れくん

横書き」を選ぶと
入力も横書きになります。

文字入れくん

これで文字入れができました。
次は文字を装飾します。

文字入れくん
STEP
文字入れくん 文字を装飾する

文字をタップして選択した状態で
下に文字を装飾するツールが表示されます。

文字入れくん

1.フォントを変える

ツールから「フォント」を選択して
画面下部の青字
現在選択されているフォントを
タップすると
フォント候補一覧が表示されます。
この中から使いたいフォントを選びます。

文字入れくん

ここでは「新ゴ Ultra」を選びました。

文字入れくん

もし表示されたフォントに
気に入ったものがない場合、
フォント一覧」と書かれた右の
」ボタンをタップします。

文字入れくん

デフォルトで表示されていない
フォント一覧が表示され、
ここからも選ぶことができます。

文字入れくん

2.文字の色を変える

文字の色を変えます。
装飾ツールから「テキストカラー」をタップ。

下部にカラーパネルが表示されます。
右方向に、まだまだ並んでいます。

文字入れくん

使いたい色をタップして選択すると
その色が直ぐに文字に反映されます。

文字入れくん

3.背景カラー

文字の背景になる色を設定します。
装飾ツールから
背景カラー」をタップすると、
背景用のカラーパレットが表示されます。

文字入れくん

使いたい色を選ぶと
直ぐにその色が文字に反映されます。

文字入れくん

4.背景カラーの透明度を変える

背景に使った色の透明度を
変えることができます。

右下の「透明度」のところをタップ

文字入れくん

透明度を選ぶパネルが表示されます。
この中から使いたい透明度を選んで
タップします。
ここでは50%を選びました。

文字入れrくん

文字の背景が薄くなって
元の画像が透けるようになりました。

文字入れくん

5.文字の拡大・縮小と移動

装飾ツールから「フォント」をタップ。
右下に表示される「フォントサイズ」の
」「」でサイズを変えます。

未字入れくん

大きくすると
複数行になる場合があります。

文字入れくん

その時は
文字の四隅の●をたっぷして
ドラッグすることで
1行に収まるようになります。

文字入れくん

移動は、文字が選択された状態で
タップした状態でドラッグ、
置きたい場所で指先を離します。

文字入れくん

6.文字・行の間隔を変える

左下の装飾ツールから
「文字の間隔・行の間隔」ボタンをタップ。

それぞれの調整パネルが表示されるので
「ー」「+」で設定します。

文字入れくん

文字の間隔を
「0.0x」から「0.3x」に広げました。

文字入れくん

7.文字に縁取りをつける

装飾ツールから「縁取り」ボタンをタップ。
スイッチを「ON」にします。
これで直ぐに縁取りが付きます。次に

文字入れくん

次に「縁取り」の色を変えます。

カラーバーの部分をタップすると
縁取りの色を選ぶパネルが表示されます。

色を選んだら、その下の
縁取りの「透明度」を
バーの○を動かして調整します。

文字入れくん

縁取りのサイズを変えます。

ツールの「縁取り」から
右下の「サイズ」の「」「」で
縁取りの大きさを調整します。

文字入れくん

サイズ:17pt まで大きくしました。

文字入れくん

8.文字の回転

装飾ツールから「回転」をタップ。

文字入れくん

回転のスライドバーの○を動かして
回転の角度を決めます。

文字入れくん

9.文字を人の後ろにする

この機能、面白そうなのですが
かなり曖昧な感じです。

装飾ツールから
人の後ろにテキストボックスを配置
ボタンをタップ。
スイッチを「ON」にするだけです。

文字入れくん

元々は、上級者向けの画像加工アプリに
付いているような機能なので、
文字と人の境界線が、曖昧になっています。
それでも、そこそこは出来ているので
あまり気にしないのであれば使えると思います。

STEP
文字入れくん 画像を保存する

でき上がった画像を保存します。

右上の「保存」をタップ。

文字入れくん

文字入れくんの
ライブラリーに保存されるので、
加工した画像のサムネイルをタップ。

ここから広告が入ります。

文字入れくん

右上の「共有」ボタンをタップ。

文字入れくん

画像を保存」をタップで
カメラロールに保存されます。

文字入れくん

できあがりです。

文字入れくん

文字入れくん まとめ

文字入れくんは、とてもシンプルなアプリなので、今回解説した内容で、ほぼ機能は網羅できています。少ないように思えますが、僕も実際に日々ブログの画像作りで使っている機能は、これでじゅうぶんです。こだわって上級者向けのアプリを使っても、結局は機能を使えるようになるまでに挫折してしまいます。なので文字入れくんは、文字を入れることに関しては、イチオシのアプリです。残念なのは図形を入れる機能が無いことですが、カメラロールに保存したあとに、他のアプリ、例えば「Annptable」「Vectornator」「Adobe Spark Post」あたりで図形だけ入れるのも、効率的には良いと思います。

Annotable に関して詳しくはコチラ

Vectornator に関して詳しくはコチラ

Adobe Spark Post に関して詳しくはコチラ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる