Windows 画面キャプチャは「切り取り&スケッチ」で 99%満足

ブログ記事を書いてると、「PC画面をキャプチャして、画像として記事に貼り付けたい!」と思うことが頻繁に起こります。そこでオススメするのが、今回解説する、Windows10 標準搭載の「切り取り&スケッチ」です。「切り取り&スケッチ」さえあれば、PCの画面キャプチャの99%は満足できて、それでいて操作も超簡単です。

目次

Windows画面キャプチャは「切り取り&スケッチ」をメインに使うべき

Windows画面キャプチャは「切り取り&スケッチ」をメインに使うべき

切り取り&スケッチ」は
最新版 Windows10 の機能です。

少し前までは
「Snipping Tool」というソフトでしたが、
これを進化させたのが
切り取り&スケッチ」です。

  • Snipping Tool、切り取り&スケッチ、両方とも使うことができます。

もちろん無料です。

「切り取り&スケッチ」の使い方

ではここから、
本格的に「切り取り&スケッチ」の
使い方を解説していきます。

「切り取り&スケッチ」起動方法

切り取り&スケッチ

Windowsスタートボタンをクリックして
ソフト一覧の「切り取り&スケッチ」を
クリックするだけです。

切り取り&スケッチ

これが「切り取り&スケッチ」の初期画面です。
「Windowsロゴ キー」+「Shift」+「S」でも起動します。

ここで、便利機能の紹介をします。

切り抜き&スケッチ

ソフト一覧の
切り取り&スケッチ」を右クリックして
その他」にマウスオーバーして表示される
タスクバーにピン留めする」をクリックすると
画面下に「切り取り&スケッチ」のアイコンを
常駐させることができます。

  • 黄色の矢印の順に進みます

これで使いたい時に
一発で起動できるので、とても便利です。

切り取り&スケッチ 使い方

今回は、
下のブログ記事の中から
赤い点線の写真を切り取ります。

切り取り&スケッチ

切り取りたい画面を表示した状態で
切り取り&スケッチ」を起動します。

切り取り&スケッチ

新規」をクリックします。

切り取り&スケッチ

上部に切り取り用のツールが表示されます。
「全画面表示の領域切り取り」をクリック。

切り取り&スケッチ

切り取り&スケッチ」の画面内に
キャプチャされた画面が表示されます。

ここで上部にある
矢印の「トリミング」ボタンをクリックします。

切り取り&スケッチ

画面の四隅にある○を移動させて
切り取る範囲を指定します。
決まったら右上の「✓」をクリックします。

切り取り&スケッチ

保存」して完了です。

保存形式は

  • PNG
  • JNG
  • GIF

この3つから選びます。
僕はブログ用で保存する場合は
いつも「JPG」を選んでいます。

保存後は、
PhotoScape X」で

  • 画像サイズの調整
  • 色の調整
  • 文字や図形の挿入

などを行って
ブログ記事に貼り付けて使います。

PhotoScape X」完全マスター編

まとめ

冒頭で
「切り取り&スケッチさえあれば、PCの画面キャプチャの99%は満足」と書きました。

なぜ100%じゃなくて99%なのか?

それは、「切り取り&スケッチ」は、見えている部分のキャプチャはできますが、見えていない部分は出来ないからです。

どういうことかと言うと、Webページのスクロールしないと見えない下の方は「切り取り&スケッチ」ではキャプチャ出来ないということです。

FireShot

これです。
こういう、Webページ全体のキャプチャをしたい場合は「FireShot」を使います。

FireShot」については

FireShot」の出番は、正直あまり多くないです。
普段の作業のうち、本当に99%は「切り取り&スケッチ」を使っています。そのあとの加工は「PhotoScape X」で100%行ってます。

今回はココまでです。
おつかれさまでした。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる