Windows画面キャプチャ、新機能「切り取り&スケッチ」は、Snipping Toolを超えるか。

画面キャプチャ Snipping Toolと切り取り&スケッチ PC

「PC画面をキャプチャして、画像として保存したい!」作業の簡単・時短がの望まれる中、Windows搭載の新機能「切り取り&スケッチ」がどこまで使えるかのか?これまで定番だった「Snipping Tool」との違いは?このあたりを徹底解説します。

「切り取り&スケッチ」起動方法

まずはWindows10が
最新版になっていることを確認します。
  ↓
Windowsスタート
  ↓
設定
  ↓
更新とセキュリティ
  ↓

Windows 更新とセキュリティ

「最新の状態です」になっていればOKです
  ↓
次に

切り取り&スケッチ 起動

「1」:スタートボタンをクリック
「2」:切り取り&スケッチをクリック

切り取り&スケッチ

これで「切り取り&スケッチ」が起動します。
でも、今のステップを踏まなくても
「Windowsロゴ キー」+「Shift」+「S」でも起動します。

画面キャプチャ・切り取りの方法

今回は、
下の持続化給付金のWEBサイトの中で
赤い点線の枠内だけを切り取ります。

画面キャプチャ

切り取りたい画面を表示した状態で

画面キャプチャ方法

「切り取り&スケッチ」を起動
  ↓
「新規」をクリック
  ↓
・今すぐ切り取り
・3秒後に切り取り
・10秒後に切り取り
この中から切り取るタイミングを選んでクリック
今回は「今すぐ切り取り」を選びます

画面キャプチャ

画面上に切り取り用の
ツールバーが表示されますので
赤い枠の
「全画面表示の領域切り取り」をクリック

切り取り&スケッチ 編集画面

画像の編集用画面が表示されますので
上の「画像のトリミング」をクリック

切り取り&スケッチ トリミング

白い「○」を動かして
切り取る領域を決めます。
決まったら右上の
「適用」をクリック

切り取り&スケッチ 画像保存

切り取った画面が
これでOKだったら、
「名前を付けて保存」をクリック
  ↓
保存形式は
・PNG
・JNG
・GIF
この3つから選びます。
ぼくはいつもブログ用なので
JPGを選んでいます。

切り取り&スケッチ、もっと簡単な起動方法

タスクバーにピン留め

スタートメニューから
1.切り取り&スケッチを右クリック
  ↓
2.その他
  ↓
3.タスクバーにピン留めする
  ↓
4.タスクバーにアイコンを置いておきます

タスクバーから起動

タスクバーのアイコンを
右クリックで
切り取りメニューがでるので
選んでクリックすれば、
作業時間を少し短縮できます。

Wordに画像貼り付け

保存した画像は
Word等に貼り付けて使用できます。

使ってみた感想

ぼくの今までの
画面キャプチャ→画像編集の流れは

Snipping Toolでキャプチャ
  ↓
PhotoScapeXで編集

この流れでした。
とくに不満はありません。

今回、Snipping Toolを
「切り取り&スケッチ」に置き換えると
切り取り作業そのものは
たいして差は感じられません。
どちらも使いやすいです。

差があるのは
切り取りまでの遅延時間。
「Snipping Tool」は、
1秒、2秒、3秒、4秒、5秒と
小刻みに指定可能。
「切り取り&スケッチ」は
今すぐ、3秒、10秒の3つ。
正直、5秒までの指定よりも
「切り取り&スケッチ」の
10秒に大きなメリットを感じました。

次に画像編集機能ですが、
キャプチャした画面を
トリミングできるのは
「切り取り&スケッチ」だけです。
「Snipping Tool」はできません。

このようなことから
キャプチャ後、
トリミングして
そのまま保存するなら
「切り取り&スケッチ」。

キャプチャ後、
編集は全て
PhotoScapeXで行うなら
「Snipping Tool」という
選択になりました。