Windows,Mac無料写真加工アプリ、PhotoScape Xが最強だった!

PhotoScape X PC用

ブログやSNSの写真、
とくにブログでは、ページ表示のスピードを気にしたりするので、
写真データを軽くしたいですし、
見栄え良くするために、
余計な部分をカットしたり
色調を変えたりもしたい。

そんな希望をかなえるために、
以前は、Adobe Photoshopというソフトを使ってましたが
ソフト重いし、
メチャ高価のわりに、
その機能のほんの一部しか使わないので
もとが取れないので、今のPCになった時にやめました。

それでも、アート作品を仕上げるようなレベルではなく
あくまでSNS用、ブログ用としてのレベルで使える写真加工アプリ。
できればというか、ぜひ無料で使いたい!

ということで、Windowsアプリを探し回って
あれこれ使ってみた感じで
意外と良かったのが「PhotoScape X」です。

ほとんどの機能が無料!

PhotoScape X
PhotoScape X

ぼくがSNSやこのブログで写真を載せるとき

・写真のトリミング
・写真のサイズ縮小
・写真のカラー補正
・顔写真にモザイクを入れる
・写真にテキストを入れる

だいたい、このような機能を使います。
以前は、これを全部Photoshopでやっていました。
でも、この加工したいことのほぼ全部
ぼくは無料で出来てしまっています。

PhotoScape X インストール方法

Windows10 スタート

まず、Windows10のスタート画面から
「Microsoft Store」を探してクリックします。
上画面の右赤丸のような、大きなアイコンがない場合は
左の赤く囲ったメニューから探してクリックしてください。

Microsoft Store

右上の検索窓で「PhotoScape」と入力して検索。

PhotoScape X

赤枠の「PhotoScape X」をクリックします。
となりの「PhotoScape X Pro」は有料版(4,650円)なので、
ここでは使いません。

PhotoScape X

インストールして「起動」ボタンをクリックで使います。

PhotoScape X

けっこう使うアプリだと思う人は
ぼくみたいに、「スタート画面」と「タスクバー」に
ピン留めしておくと便利です。

PhotoScape X 使い方

PhotoScape X 起動時画面

実にあっさりとした起動時画面。
左上がエクスプローラー。下がフォルダー内の画像サムネイルです。

PhotoScape X 加工写真選択

左下のサムネイル一覧から、加工したい写真をクリックすると
作業画面に大きく表示されます。

まず最初に「切り抜き」してみます。

PhotoScape X 切り抜き

赤矢印先の「切り抜き」ボタンをクリックします。

PhotoScape X 切り抜き

「切り抜き」したい縦横の比率が一覧で出ますので、
お好みのタイプを選んでください。
今回はInstagramで一般的な「1:1」を選択します。

PhotoScape X 切り抜き

「#」マークが画面に出ますので、
写真上をドラッグしながら、切り抜きの範囲を決めてください。
一度マウスから手を離してしまっても、あとから再調整できます。
右下の「✔切り抜き」ボタンをクリックすれば、出来上がりです。

PhotoScape X サイズ変更

次は「サイズ変更」します。
最近はデジカメだけでなくスマートフォンもカメラが高画素化しているため
サイズ変更をしておかないと、とんでもなくデータが大きくなってしまいます。
とくにWordPressに写真をアップする時は、表示速度に大きく関係してくるので、ここは可能な限りデータの軽量化をしたいところです。
まず、右上の「サイズ変更」をクリック。

PhotoScape X サイズ変更

上の□に、「幅」と「高さ」の数値を入れます。
単位は「ピクセル」で、1辺「1000px」に設定し
下の□の「✔適用」をクリックで出来上がりです。

PhotoScape X カラー変更

上の「カラー」ボタンをクリックすると、
下に調整項目の一覧が表示されます。
どれを触ればどうなるかは、ここれは說明しません。
いろいろと触ってみて、好みの写真に仕上げてみてください。
出来上がったら「✔適用」をクリックします。

PhotoScape X 挿入

次は、写真にテキストを入れます。
右上の「挿入」ボタンをクリックします。

テキストを入れて、サイズなどデザインを設定します。
今回は、見本に上の写真の右側のような設定をしてみました。
内容としては
・「変な名前の写真家森星象」と入力
・「B(Bold)」
・テキストの大きさと位置決め
・テキストの色を黒
・テキストのアウトラインを「白」
・光彩(外側)を「ピンク」
こんな感じです。

ちなみに・・・・・

PhotoScape X モザイク処理

モザイク処理もできてしまいます。

これが最後の加工なら、右下の「保存」をクリックして終了です。

まとめ

見ていただいたように、
普通であれば、殆どのことが無料でできてしまいます。
ぼくの場合、WindowsのPCでブログを作る時は、この「PhotoScape X」で全て写真は加工しているので、購入してもいいなあと思ったのですが、有料で使えるようになる機能がほぼ必要ないため、無料のまま使い続けています。

外出時は、ほとんどiPad Proで作業しています。
その場合の方法は、また次回の記事で紹介させていただきます。

参考までに、写真加工の過去記事です。

文字入れくん写真に文字入れするのに、オススメのiPadアプリ「文字入れくん」を紹介!
Sketchesアイコン写真に手書き文字を入れるなら無料でも使える「Sketches」。オススメのiPadアプリ!
Skitchアイコン写真に文字や矢印などをサッと入れて、すぐに送れるiPadアプリ「Skitch」