画像に文字入れアプリ「PicsArt」無料で初心者にも使いやすい

「画像に文字を入れたい!」、ブログやネット販売、そしてビジネスでのやり取りにおいて、これが簡単にできれば、相手に言いたいことを伝える上で、大きな武器になります。今回はアプリ「PicsArt」を使った、画像への文字の入れ方を初心者にもわかりやすく解説します。

目次

画像に文字入れアプリ「PicsArt」無料で初心者にも使いやすい

画像に文字入れアプリ「PicsArt」無料で初心者にも使いやすい

PicsArt は
・iPhone
・iPad
・Android
そして
・Windows10
これらのデバイス向けに公開されています。

基本無料で使うことができます。

ここでは、iPad の画面を使った
解説をします。

PicsArt を使った 画像への文字の入れ方

では作業順に解説をはじめます。

STEP
PicsArt 画像をセットする

先ず PicsArt を起動します。

PicsArt

起動したら
画面下の「+」ボタンをタップします。

PicsArt

デバイス内の画像を選択する場合、
写真」の「すべての写真」をタップして
一覧から文字入れする写真を選択します。

PicsArt

これで写真がセットされて
文字入れする準備完了です。

STEP
PicsArt 画像に文字を入れる

続いて文字入れです。

PicsArt

画面下のツールから
T :文字」をタップすると
文字入力画面になります。

PicsArt

」文字を入力して
」入力できたらボタンをタップします

PicsArt

文字の入力ができました。

次は、この文字を装飾していきます。

STEP
文字のフォントを変える

PicsArt には、
多くのフォントが入っていますので
変更します。

PicsArt

3:フォント」が選択された状態で
横に並んだフォント一覧を
スライドさせて、
変更するフォントを選びます。

PicsArt

今回は「Archivo Black」を選びました。

STEP
文字の色を変える

画面下のツールから
」を選択します。

PicsArt

の一覧から
変えたい色を選んでタップすると
文字の色が変わります。

STEP
文字に縁取りを付ける

画面下のツールから
ストローク」を選択します。

PicsArt

縁取りに使いたい色を
一覧から選んでタップすると
縁取りが付きます。

PicsArt

度合い」の●を左右に動かすと
縁取りの厚みを変更できます。

STEP
文字にシャドーを付ける

文字にシャドー(影)を付けると
浮き上がったように見えます。

下のツール一覧から
シャドー」を選択します。

PicsArt

6:シャドー」を選択して
・「ぼかし
・「透明度
この2つのスライダーを動かして
シャドーの付き具合を調整します。

STEP
文字の大きさと位置を変える

文字が選択された状態で
表示されている
○の部分を動かすことで
文字の大きさが変更できます。

PicsArt

文字を指先でタップしたまま
ドラッグすると
好きな位置に動かすことができます。

PicsArt

最後に右上の
適用」をタップして完了です。

STEP
文字入れした画像の保存

画面上部のボタンをタップします。

PicsArt

自動でカメラロールに保存されます。

これで「PicsArt」を使った文字入れは完了です。

尚、「PicsArt」は、まだまだ多機能で、他の機能をぜんぶ解説したら、本1冊になってしまうほどです。
PicsArt」色の変える機能の解説はコチラ

PicsArt まとめ

PicsArt を使った文字入れは、初心者にも直感的に使いやすいと思います。
残念な点としては、「Skitch」のように図形や矢印を入れる機能がないことです。反対に「Skitch」の文字を入れる機能は、「PicsArt」ほどの文字装飾機能ではありません。この点では、どちらも完璧なアプリではありませんが、無料でここまでできれば素晴らしいです。

そう考えると、パソコン用ではありますが「PhotoScape X」は、単体で全てできてしまうため、やはり僕にとっては、ナンバーワンのアプリです。

Skitchについて詳しくは

PhotoScape X について詳しくは

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる