画像に文字入れアプリ「Skitch」無料で誰でも簡単に使える

「画像に文字や矢印、図形を入れたい」、ブログやネット販売、そしてビジネスでのやり取りにおいて、これが簡単にできれば、相手に言いたいことを伝える上で、大きな武器になります。今回はアプリ「Skitch」を使った、画像への文字、図形の入れ方を初心者にもわかりやすく解説します。

目次

画像に文字入れアプリ「Skitch」無料で簡単

画像に文字入れアプリ「Skitch」

Skitchは現在
・Mac OS
・iOS
・iPad OS
この3つのデバイス用に
無料で公開されています。

残念ながら、
Windows、Android用は公開されていません。

ここではiPadの画面を使って解説をします。

Skitch を使った 画像への文字・図形の入れ方

Skitch

僕の場合は、iPadでのブログ制作で、画像に注釈を入れる際に「Skitch」を使っています。
パソコンなら「PhotoScape X 」が便利です。

STEP
Skitch の画像をセットする

先ずはSkitch を起動して、画像をセットします。

Skitch

起動直後の画面です。
アルバムごとに分かれていますので
ここから選びます。

Sketch

これでセット完了です。

STEP
Skitch 画像に図形を入れる

まず最初に「図形:矢印」を入れます。

Sketch

右のツールから「1:矢印」を選択して

Sketch

画面上をドラッグすると
矢印が描けます。

矢印太さを変えるには

Sketch

」で矢印を選択した状態で
」の○をタップすると
・縦方向にカラー
・横方向に太さ
それぞれのボタンが表示されますので
選んでタップします。

Sketch

矢印の色をイエローに
太さは細く変更しました。

STEP
Skitch 画像に文字を入れる

続いて文字を入れます。

Sketch

1:文字」のボタンを選択します。

Sketch

テキストボックスが表示されるので
文字を入力します。

Sketch

」テキストが入りました。

次に、テキストの
カラー
大きさ
文字装飾
それぞれを設定します。

Sketch

」文字を選択した状態で
」の○ボタンをタップして
・縦方向でカラー
・横方向で大きさ
それぞれ設定します。

」の文字を選択した時に表示される
a」のボタンをタップすると
文字に縁どりが付きます。

文字の大きさは
」の●ボタンをドラッグすることでも
調整ができます。

STEP
Skitch 保存する

図形や文字を入れたら保存します。

Sketch

右上の共有ボタンをタップします。

Sketch

保存」をタップ

Sketch

写真」をタップ

Sketch

これで保存完了です。

STEP
Skitch その他の機能

図形と文字入れ以外に
僕がよく使う機能を紹介します。

ぼかし

Sketch

ツールの「ぼかし」ボタンを選択して
ぼかしたい部分を、ドラッグします。

集合写真などをネットに上げる場合、
顔公開禁止の人に使っています。

○や□で囲う

Sketch

ツールから、
図形の「○」や「□」を選択して
囲う部分をドラッグします。

拡大縮小、位置移動などは
あとから繰り返し修正できます。

まとめ

僕の場合、カフェでのiPadのみで作業する場合、画像への図形と文字入れには、いつも「Skitch」を使っています。少し残念な点としては、手描きだと線や曲線は描けるのですが、文字書きは対応できていないのと、消しゴム機能がありません。どうしても手描きをしたいときは、「Apple純正メモ」「Adobe Frersco」「Sketches」など、他のアプリを使っています。

画像に文字入れ、
デザインにこだわりたいならPhonto

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる