写真に写ったモデルの服の色を変える方法1 Affinity Photo

iPad 写真の特定部分だけの色を変える Affinity Photo

ネット販売やブログ運営で、「写真に写ってる物の色を変えたい!」と思う人は多いです。以前は難易度の高い作業が必要だったのですが、今はアプリという強い味方があり、使い方さえ覚えれば初心者でも簡単にできてしまいます。今回は Affinity Photo というアプリを使って、モデルさんの服の色を変える方法を解説します。

目次

写真に写ったモデルの服の色を変える方法1 Affinity Photo

写真に写ったモデルの服の色を変える方法1 Affinity Photo

「Affinity Photo」は
・iPad 2,440円
・Mac 6,100円
・Windows 6,100円

この3つのOS用が販売されています。

価格が安い時と高い時があり、
購入したときは、1,220円でしたが
日によって2,440円だったりします。
けっこう差がありますので、
購入を考えている人は
チェックしておいた方が良さそうです。

今回は、iPad用の画面で解説します。

尚、要 Apple Pencil です。

Affinity Photoでモデルさんの服の色を変える

写真の一部分だけの色を変える場合
もっとも代表的なのが
服の色を変えることだと思います。

また、服の色を変えるのが
同じ色を変える作業の中でも
やや難しいと思います。

STEP
Affinity Photoに写真をセットする

まずは作業に使う写真をセットします。

Affinity Photoを起動したら
右上の「」ボタンをタップします。

Affinity Photo

今回はiPadの中に保存している写真を使うので
Photosから読み込み」をタップします。

Affinity Photo

セット完了、
服の色を変える作業に入ります。

Affinity Photo
STEP
服の色を変える

服の色を変えるにあたって
変えるのは服の赤を青にするだけで、
足の部分は赤のままにしておきます。

1:写真」をタップ
2:調整スタジオ」をタップ
3:HSL」をタップ

Affinity Photo

すると、画面下に
カラー調整用のツールが表示されます。

もし表示されない場合は、
右のツールから「レイヤー」をタップして
HSLシフト調整」レイヤーを
ダブルタップすると表示されます。

Affinity Photo

そして「範囲」をタップして
カラー調整パネルを表示させます。

ここで、変えたい色に近い色を
一番上のカラーサンプルから選びます。
今回は、服の赤を変えたいので
」を選んでいます。

Affinity Photo

色相」の○を左右に動かして
好みの色に近づけます。
今回は「」に変更しています。

Affinity Photo

ただし、写真を見てわかるように
本来は変わらなくていい
同じ「赤」系の部分すべてが
青くなってしまっています。

次は、不要な部分の色を
元の色に戻します。

STEP
不要な部分の色を元に戻す

ここからApple Pencilが必要になります。

レイヤー」の「」ボタンをタップして
マスクレイヤー」をタップします。

Affinity Photo

追加された「1:マスク」レイヤーを選択して
2:ペイントブラシツール」をタップ。

Affinity Photo

画面下の調整パネルから
ブラシの幅などを設定します。

Affinity Photo

この時に、もう一つ設定しておくのが

カラー」の部分が
・黒の場合、元の色に戻す
・白の場合、やり直し

このようになっています。

Affinity Photo

もし失敗しても
この方法で何度でもやり直しができます。

STEP
完成 ~ 保存

Affinity Photo の画像保存方法には
大まかに2種類あります。

Affinity Photo

Affinity Photo 保存方法 その1

右上「ドキュメント」ボタンをタップして
書き出し」をタップします。

Affinity Photo

保存フォーマットやサイズを指定して
OK」をタップ。
ここでは「JPEG」「品質100%」を選んでいます。

選んだら、下部にある「OK」をタップ。

Affinity Photo

ファイル名を入力して
保存」をタップで完了です。

Affinity Photo

Affinity Photo 保存方法 その2

右上「ドキュメント」ボタンをタップして
書き出し」をタップします。

Affinity Photo

左下の「共有」をタップ

Affinity Photo

画像を保存」タップで
カメラロールに保存されます。

Affinity Photo

こちらの方法のほうが一般的で、ブログやネット販売ページで使うときに、直ぐに使えて便利です。

Affinity Photo

服の上にかかった髪の毛など
やや苦しい部分もありますが
もっと時間をかけて細かく作業すれば
完璧に近づくと思います。

まとめ

僕みたいな不器用でバリバリの老眼でも、Affinity Photoを使うと、そこそこのクオリティで仕上げることができました。

こういった部分的に色を変えることは、ブログよりもネット販売で使いたい場面が多いと思います。同じ服をモデルさんに色違いで着てもらって、何枚も撮影するよりも、一枚撮って他の色は、本物を見ながらiPadでそっくりに色合わせするほうが、生産性は高いかもしれません。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる