Googleトレンドを使って、地道に、そして、効果的にマーケティングを行う。

Googleトレンド 初歩のSEO対策 PC用

「会社のウェブサイトやサービス、商品を、どうすれば少しでも多くの人に見てもらえるか?」その第一歩として強い味方になってくれるのが、Googleトレンドです。効果的なSEO対策やマーケティングに欠かせない、Googleトレンドを、今回はわかりやすく解説します。

Googleトレンド

スマホやタブレットの
アプリには無いので、
ブラウザで使います。

「検索キーワードまたはトピックを入力」に
検索したい語句を入力します。

今回は
「たまねぎ」と入力してみました。

検索の推移を見る

「たまねぎ」と検索したら

Googleトレンド たまねぎ

いちばん山の高いところを
100としています。
検索された数ではありません。

これでは多いのか?少ないのか?
基準が無いのでわかりません。

そこで「タマネギ」を比較として入れます。
すると

Googleトレンド たまねぎ タマネギ

最新のデータだと
「たまねぎ」は「タマネギ」の
4倍ぐらい検索されているのがわかります。

そして、もうひとつ
次は「玉ねぎ」と入れます。

Googleトレンド たまねぎ タマネギ 玉ねぎ

「たまねぎ」「タマネギ」「玉ねぎ」では
圧倒的に
「玉ねぎ」と検索する人が
多いのがわかります。

絶対に売上に直結!とは言えませんが
商品名には「玉ねぎ」と入れるのが
良さそうなのはわかります。

検索推移結果の期間を変えてみる

これまでは
過去1年間の推移結果でした。
これをもっと長い期間に
変更して結果を見ます。

Googleトレンド 玉ねぎ 5年推移

過去5年で見ると
今年の「玉ねぎ」は、
過去同時期よりも
2倍ぐらい検索が増えています。

原因はここではわかりませんが
コロナウィルスによる自粛で
産直人気が高かったのが
影響しているのかも知れません。

「玉ねぎ」に興味を持った地域はどこ?

Googleトレンド 玉ねぎに興味を持つ地域

ここでは
山形県がもっとも
「たまねぎ」「タマネギ」「玉ねぎ」に
興味を持っているとの結果でした。

じゃあ
山形県で
玉ねぎ料理店をやればいいのか?

無茶な疑問ですが
ちょっと調べたら
山形県で興味が多いのは
「玉ねぎ レシピ」でした。
ということは、
スーパーなんかが
玉ねぎと一緒に
簡単レシピも紹介して売れば
けっこう人気が得られるかも知れません。

そんな単純ではありませんが。

「玉ねぎ 〇〇」一緒に検索されるキーワードは?

「玉ねぎ」とだけ
検索する人は多いですが
あまりにも的が大きすぎます。

大きすぎると
自社商品との関連が薄くなり
競争相手が多すぎて
「意外とアクセスが来ない」
「アクセス多いけど売れない」
なんてことも起こります。

そこで
「玉ねぎ 〇〇」の
〇〇に入る言葉は何なのか?
それを調べてみます。

これは
いま、多く検索されてる言葉であって
それがそのまま
自社商品に使えるわけではありません。
注意してください。

Googleトレンド 玉ねぎと一緒に検索される言葉

2020年6月5日 19:51 の結果です。

「玉ねぎ ドレッシング」は良いけど
頭に「北海道」って
限定されるとは。。。

まとめ

いかがだったでしょうか?

これがSEOとかマーケティングの
全てだとは言えませんが
とりあえず、
何もわからないまま進むよりは
最低限の指針があった方が
物事は進めやすいと思います。

このGoogleトレンドは
無料で使えます。

ぼくが調べる時は
これ以外に、
GoogleAnalyticsでの自社サイト分析や
別の関連キーワード検索サービスも
一緒に使っています。

また紹介します。

最後に

上から
・ラーメン
・メルカリ
・野菜
・玉ねぎ
・淡路島
このように並びます。

これ見て
どんなマーケティングが
仮説として考えられるか。
週末、お休みの方は
コーヒー飲みながらでも
考えてみてください。