人気YouTube動画解説。マナブ「WordPressを使ったブログの始め方_07」から学ぶ【プラグイン】編。

中高年の未来は明るい WordPress

いよいよ、WordPressでブログを始めるための初心者向け解説も最終回です。

今まで

1.ドメインの取得
2.サーバーのレンタル
3.ドメインとサーバーの紐付け
4.サーバーへのWordPressインストール
5.WordPressのテーマ
6.SEO初期設定

ここまできました。
そして今回は

WordPressのプラグイン

参考にする動画はコチラです↓

WordPressのプラグインは
簡単に機能を増やすことができて便利です。

WordPress プラグイン

でも、
プラグインをあまり入れすぎると
ページの読み込みが遅くなったり
セキュリティーホールができて
ウィルス感染してしまう危険性が生まれます。

オマケに
プラグイン同士の相性もありますので、
最小限度だけインストールすることが大切です。

ここでは、一般的に有名なプラグインを8個紹介します。

WordPress プラグイン

管理画面のメニュー「プラグイン」から入ります。

WordPress プラグイン

これが「プラグイン」のページです。
すでに幾つかのプラグインが入っていますが、
ひとつひとつ説明していきます。

まずは、プラグインの入れ方

プラグインでWordPressの機能を拡張するためには、最初にプラグインを入れることが必要です。

WordPress プラグイン

メニュ左の「プラグイン」からプラグインのページに入り、上の「新規追加」をクリックします。

WordPress プラグイン

右上のキーワード欄に、入れたいプラグインの名前を入力します。
今回は「All in One SEO Pack」を例にします。

入れたら画面に候補一覧が表示されます。
この中から求めるプラグインを選んで、
「今すぐインストール」をクリックします。

WordPress プラグイン

インストールが完了したら「有効化」ボタンをクリックします。

WordPress プラグイン

他のプラグインも同じことを繰り返して、
「インストール」→「有効化」して導入していきます。

では、それぞれのプラグインについて解説します。

All In One SEO Pack

Googleなどの検索エンジンに、
自分のサイトが、わかってもらいやすくするためのプラグインです。

All in One SEO Packの機能の一つとして

All in One SEO Pack

検索結果に表示される
1.記事タイトル
2.記事の簡単な内容
これらを設定できます。

このAll in One SEO Packの設定については、
WordPressを使ったブログの始め方【プラグイン All In One SEO Pack】編。

Google XML Sitemaps

サイトマップは、WordPressで作るブログサイトの構成を作ってくれるので、Google検索等にサイトの内容がわかってもらいやすくなります。

これもインストール後に設定が必要です。

Google XML Sitemap の詳細と設定については
WordPressを使ったブログの始め方【プラグイン Google XML Sitemaps】編。
こちらを参考にしてください。

Broken Link Checker

サイト内のリンク切れをお知らせしてくれます。
たとえば商品の紹介でamazonの商品のリンクを貼った場合、その商品が販売中止で、ページそのものが無くなる場合があります。するとリンクをクリックしても何も表示されなくなってしまいます。こういったリンク切れを自動で検出して知らせてくれるプラグインです。

WordPress Broken Link Checker

インストール後、有効化したら、「設定」をクリック。
メールアドレスを入れておくと、リンク切れが合った場合に、メールに通知が来ます。

またメールアドレスを入れなくても

WordPress Broken Link Checker

「ツール」→「リンクエラー」に、
赤丸数字でリンク切れしている件数が表示され
クリックするとその箇所がわかります。
リンクの修正すればOKです。

PuSHPress

記事を更新した際に、すぐにGoogle検索結果などに掲載されるようになるためのプラグインです。
入れてないと、なかなか検索結果に出なかったりする場合があります。

「インストール」して「有効化」するだけでOKです。

WordPress Ping Optimizer

PuSHPress同様に、
検索エンジンに掲載されやすくする
検索エンジンからスパム判定されない
ためのプラグインです。

「インストール」して「有効化」したら

WordPress WordPress Ping Optimizer

左メニュー「設定」→「WordPress Ping Optimizer」

WordPress WordPress Ping Optimizer

赤い枠の空欄に

http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://ping.blo.gs/
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://ping.fc2.com/
http://ping.feedburner.com/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://wpdocs.sourceforge.jp/Update_Services
http://rpc.pingomatic.com/
http://ping.blogranking.net/
http://ranking.kuruten.jp/ping
http://www.blogstyle.jp/
http://www.blogpeople.net/ping/
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://services.newsgator.com/ngws/xmlrpcping.aspx
http://ping.dendou.jp/
http://blog.with2.net/ping.php/
http://ping.cocolog-nifty.com/xmlrpc
http://ping.sitecms.net
http://pingoo.jp/ping/
http://taichistereo.net/xmlrpc/

この一覧をコピーして貼り付けます。
貼り付けたら「Save Setting」をクリックします。

Akismet

コメントを受け付ける場合、大量のスパムコメントが来る可能性が非常に高いです。
このスパムコメントを受けないためのプラグインです。

無料で使えて非常に便利で心強いプラグインなのですが、設定が少々ややこしために、ばた別の記事で詳しく解説いたします。

AddQuicktag

AddQuicktagは、ブログでの文章を作成する際に、面倒な文字装飾がワンクリックで出来るようになるプラグインです。

ですが、新しくなったエディター「Gutenberg」だと基本的に非対応なのです。以前はどうしても使う必要があったのですが、Gutenbergになってからは、ぼくは殆ど使わなくなりました。

WP Multibyte Patch

WordPressを日本語で使うためのプラグインです。
これ入れとかないと、日本語ファイルが表示されないとか起きる場合があります。
「インストール」→「有効化」、これだけで完了です。

WordPressでブログ 関連記事