ビジネス系YouTuberから学ぶ、「読書」と「伝え方」の関係

確実に記憶に残って仕事で使える読書法 経営

「読書はするけども、内容をなかなか覚えてなくて、仕事や生活に活かせない」こういう人、すごく多いと思います。ぼくも本は比較的たくさん読む方ですが、瞬間は感動しても、次の本を読みだしたとたんに忘れてしまうことが殆どです。今回は有名ビジネス系YouTuberの動画から、効果的で使える読書法を解説します。

今回紹介する動画

年収1億、僕の読書術【この方法を使うと、年間300冊を読めます】

年収が1億とか、
年間300冊とか、
数字が大きすぎて
自分に置き換えられないので
取りあえずは
あまり気にしないで入ります。

約16分の動画、
テーマは「読書」と「伝える」です。

読書の最重要ポイント

  1. 全部読まない
  2. 20ページごとにアウトプットする
  3. ベストセラーやロングセラーを読む

1.全部読まない

  • 「つまらない」と思ったら、その時点で読むのを止める
  • 「ここは自分に必要ない」と思った瞬間にバッサリ捨てる

基本紙の本は買わない
Kindleが紙の本よりも効率が良い
  ↓
重要な場所にラインを入れたり
メモを入れることが簡単にできる

本の読み方

最初に目次をしっかり見る
  ↓
本の全体像を掴んで
  ↓
読む必要のあるページの
目星を事前に付けて読み始める
  ↓

目次を見ましょう!

例えば
デール・カーネギー「話し方入門」
全12章あるうちで
実際に読んだのは
第1章、第2章、第3章、第10章、第11章
この5つの章だけ。

なぜ、こんな読み方をするのか?

本の重要な内容は、前半の20%にかかれているから

なので、どんな本でも
第1章、第2章は必ず読んでいる!

すごく分厚い本を読む場合は、
例えば「LIFE SHIFT」という本なら
「LIFE SHIFT 要約」でググって
全体像を先に掴んでおくことで
実際に読むとき、頭に入りやすい。

narga
正直、ずーっと全部読んでました。読むべきものであると勝手に決めつけていました。ドラッカーなどビジネス系の本を読むのが好きなのですが、面白くない章もありましたし、全く記憶に残らない章もありました。結局はここでも断捨離、潔く捨てることが大切なんだと思います。ちょっと気が晴れました。これからはもっと、ガンガン読みます。

2.20ページごとにアウトプットする

「この本から学ぼう」
こういう考え方は直ぐに止める!

  ↓

「この本を読んで、どうやって伝えよう?」
この視点で本を読む!

本を読んで学ぶのではなく
本を読んで伝えると考えた方が
頭に確実に残る!

そこで
20ページごとにアウトプット=伝えると
頭に残るようになる。

そのアウトプットの方法として
ツイッターが良い!

ツイートしながらも
「この本をどうやって伝えたら、Twitterでバズるだろうか?」
「どうやったら、皆にわかりやすいだろうか?」

ひたすら、その視点でいる。
  ↓
この視点がそのままブログに使える
ツイートをそのままブログにしても良い
  ↓
こういったツイートしてると
フォロワーも増えやすい

「本を読んで、どうやって伝えよう?」
これを考えることが重要!

narga
「伝える」は比較的、考えながら読んでいました。仕事柄、得た知識や情報を、常にわかりやすく「伝える」必要があるからです。結局、モノが売れるとか、契約が取れるとかも、この部分が出来ているか否かで結果に大きな差が生まれると思います。Twitterは文字数が制限されているので、アウトプットの良い練習になるでしょうし、多くの人に「伝える」ための練習になると思いますので、はじめてみます。

3.ベストセラー、ロングセラーを読む

売れているには意味がある。
無名の人の本を読むよりも
・売れてる本
・名著
から読み始めるのがオススメ。

narga まとめ

多かった時期は、年間120冊なので月10冊ペースで読んでいました。40歳代の前半です。それが老眼とともに確実に量が減ったのと、記憶に残ることも減りました。

最近は、以前に書いた記事ですが、
Padで読書。Kindle で買った本を徹底的に自分の知識にする方法

コレを実践しています。
ただ、もっとこまめなアウトプットを行うことの重要さを知ることができたので、読書しながらのツイートを実践します。