YouTube動画1分解説 キンコン西野「多くの人が間違っている 価格設定 について」編。

その価格設定、間違ってます YouTube

売りたいモノやサービスがあって、「いくらで売ればいいんだろう?」と悩む人は多いと思います。ぼくも自社製品を開発したときには悩みました。今回はキングコング西野さんの動画を参考に、価格決定の基準となる考え方を学びます。

今回の動画はコチラ↓

ほとんどの人が価格設定を間違えている

以前に
「煙突町のプペル」の絵本を
サインして
・2500円
・3000円
で、それぞれ販売した。
売ってるモノは全く同じ。
  ↓

ただ、1つだけルールを設けた
  ↓
3000円の本には
5冊売れたら
その利益で
スラム街の子供に
1冊プレゼントするという
アナウンスを入れた
  ↓
こういう内容で販売したところ
  ↓
みんな
2500円の本ではなく
3000円の本を買った
  ↓
ここからわかったことは
  ↓

お客さんは
買う理由が多い方から買う

値下げして商品が売れるのは
安いから売れるのではなく
  ↓

安くなったことで
買う理由が増えたことで買っている

  ↓

お客さんは、
値下げした安い商品よりも
買う理由が高い(多い)
高価な商品の方を買う

  ↓
なので、
売れ残った商品を売る場合に
店主が考えるべきことは、
買う理由を増やすということ!

  ↓
値下げした方が
買う理由が増えるのであれば
値下げしたほうが良いし、
少し値上げしても
付加価値を付けて
買う理由が増えるのであれば
少し高く値段を付けるべき
  ↓

高いから売れない
安いから売れるではない!

買う理由の総量で
売れる売れない
買う買わないが決定する!

  ↓
こういった角度から
価格を設計し
売り方を設計しないといけない

narga
ぼくがゲルマニウムネックレスを世に出す時の価格設定でも、同じようなことを考えました。価格設定については、モノを仕入れて販売する場合は、希望小売価格が決まってる場合もありますし、商習慣から仕入れ値の1.5倍とか2倍とかで値段を自動的に決める場合もあります。ですが前例があまり無い商品であったり、自分がメーカー的立場の場合は、コスト計算をしたあとで、自分で価格を決める必要があります。うちのゲルマニウムネックレスを販売するにあたっては、「肩コリを絶対に治したい!」が先ずあって、過去の類似品の価格よりも安くて買いやすい、高品質、誰もが効果を体感できるという理由を考えていました。もちろんもっと綿密に考えていましたが、大きくはこの4つです。それでもブランディングが出来るまでは売れません。そのために絶対に必要なのは「世の中ですごい売れている」「誰もが使ってる」という理由を成立させることです。ここが我慢のしどころでもありますが、いちばん楽しい部分でもあります。

コロナの影響で出た、「助けてください」セール乱立

コロナの初期のころは
このパンチは効果があった
  ↓
でも今は
クラウドファンディングでも
「助けて」だらけで、
見る側も
飽きてきているので
支援する理由が落ちている
  ↓
リターンを安くしても無理
そういう問題ではない!
  ↓
買う理由の総量の問題である!

どのクラウドファンディングも
最終目的は同じ
・「助けて!」
・「助けたい!」
  ↓
この時に
本当に「助けてほしい!」
本当に「助けたい!」
のであれば、
  ↓

価格というものの意味
お客さんは何にお金を出しているのか

この点において
解像度をあげて
プレゼン内容を見直した方が良い

助けてほしいときに
「助けて!」と言っちゃダメ
助けたいときに
「助けたい!」と言っちゃダメ
  ↓

これらの効果があるのは
まだ「数」が少ないとき
  ↓

最初は効果はあるが
まわりがみんな
「助けて!」
「助けたい!」
と言っている状態になると
効果はなくなってしまう
  ↓
なぜか?
  ↓

買う理由、
支援する理由が少ないから!

商品やサービスの価格設定は
  ↓

いかに買う理由を増やすか
いかに支援してもらう理由を増やすか

  ↓

絶対に考えないといけないのは
理由の総量!

narga
コロナ対策と言うか「助けてください!」セールは、ぼくも飽きてきました。最近はまったく見てないです。この企画自体は悪くないと思います。「Facebookの助けてください!セールで売っても問題ないですか?」って相談もすごい来ます。すべてに同じ答えは言えません。売らないといけない背景が、それぞれ異なるからです。ぼくの最初の判断はキャッシュ・フローです。今月末の支払いに困ってて、本当にヤバいのであれば良いと思います。次は商品の賞味期限の問題と在庫の置き場が無いという問題です。この2点が絡み合って、本当に追い込まれた崖っぷちであればアリです。問題はそれ以外の場合です。安易に在庫を売りさばきたいという考えはどうかと思います。理由は、自分で売ることを考えてないからです。こういう人は、今後も何かるたびに「ウルトラC」をアテにします。ぜったいダメだとは言いませんが、一度経験した甘い汁を吸うと、なかなか抜け出せません。これが人間です。