YouTube動画1分解説 西野亮廣「無名の人間の成功の勝ち取り方」編

無名の人間が成功するためのSNSの使い方 YouTube

SNSに投稿すれば見てもらえる・・・、これは大きな間違いです。今回はキングコング西野さんが、たった1ヶ月で全くの無名のニューヨークでの個展を大成功させて方法の紹介動画を解説します。

今回の動画はコチラ↓

無名の人間・無名の新人の成功の勝ち取り方

まだ
実績も知名度も
無い人間が
どうやって
世の中に出ていくのか?

ニューヨークでの個展

個展の成功の定義
  ↓
この時は
絵の販売はしていなかった
  ↓
個展は
自分の活動のプロモーション
という位置づけなので
  ↓
作品の売上ではなく、
入場者数で
成功か失敗を論じる

どうやって成功へ導いたか

ニューヨークでの個展は
過去2回開催している
  ↓
1回目は
入場の待ち時間が
1時間半となる盛況だった
  ↓
ギリギリでも成功だった言える
  ↓
2回目は
1回目の実績があるから
成功できたとも言えるので
  ↓
今回は1回目の
全く無名で
コネクションも無い状態で
どうやって成功したかの話です

2012年1月のはなし
  ↓
1ヶ月後に
ニューヨークで個展をやろうと決めた
  ↓
ニューヨーク中のギャラリー
70軒に
「1ヶ月後使えるか?」と
連絡した
  ↓
無名の人間にどこも貸さない
すべて門前払い
  ↓
諦めかけていたとき
1軒のギャラリーから電話は入った
  ↓
「キミの絵を見た
絶対にニューヨークに来てくれ!」
  ↓
ニューヨークで個展を
することに決めた

narga
ここにとても重要なことがあります。それは「決める」ということです。お金が無いからやらない、お客さんがいないからやらないでは、永遠に何もできません。とにかく決めることです。”できる人”と”できない人”、その差はここにあります。ぼくは決めたら、徹底的にあたまの中で成功までの過程をシュミレーションしまくります。もちろん、その通りになんかいきません。ですが、その都度その都度、改善しながら進める自信はあります。

お金と集客の問題が発生!

<お金を集める>

決めたのはいいが・・・
予算をどうするんだ?
  ↓
・ギャラリーへの支払い
・搬送費
・スタッフの人件費
  ↓
その時は
家を買ったばかりだったので
お金があまりなかった
  ↓

クラウドファンディングと出会う!

  ↓
ただ、今でこそ
クラウドファンディングは
市民権を得ているが
当時は誰も知らなかった
  ↓
ブログで書いても
誰にも刺さらない
  ↓
そこで!
  ↓
「キンコン西野」
「アート」
「ニューヨーク」などで
ツイートしている人を
エゴサーチで見つけて
  ↓
ひとり一人
コンタクトしていった
  ↓
「はじめまして、
キングコング西野です」と
コメントを
1日何百軒も
ツイッターの制限いっぱい
送りまくった
  ↓
この1対1のやり取りを
2000人ぐらいやった
  ↓
ただし、このやり方は
国内における
西野の知名度があってできたこと
  ↓
一般の無名の人は
ぜんぜん知らない人の
ツイートに
コメントを返すところから始める

  ↓
結果
2週間でお金が集まった!

<集客する>

2週間でお金を集めて
残りの2週間で集客しないといけない
  ↓
ニューヨークになんか
何のコネもない・・・
  ↓
そこで Twitter で
  ↓
「ニューヨーク さむい」
「ニューヨーク おいしい」
「ニューヨーク 混んでる」
などで
いま現在
ニューヨークに居る人を割り出した
  ↓
そこでわかった700~800人の
ひとり一人に
「はじめまして、じつは今度
ギャラリーで個展するんですが
もしよかったら
いらしてください」
こんなメッセージのやり取りをした
  ↓

結果
個展は大盛況!

結論!

クラウドファンディングも
ニューヨークの個展の集客も
  ↓
やってることは1つ!
  ↓
網をかけるのではなく
銛を片手に素潜りして
1匹、1匹、狙った

これが無名の新人がやれる
SNSの正攻法!

知名度も信用度もない人の
投げる網は
網目が粗くて
投げても投げても
魚が逃げてしまう
  ↓
なので
網を用意する時間
網を投げる時間は
まったく無駄になってしまう
  ↓
よくビジネス書や
ビジネス系TouTuberが
「こうすれば良い」と
魔法のような裏技を
教えてくれる
  ↓
それも一理あって
ウソではないと思うけど
  ↓
ただその裏技を使って
自分が再現することは
とてもセンスがいることなので
  ↓
やったけど
上手く行かなかった・・・
と言う人も多いはず

今回、言いたかったのは

無名の人間は
徹底的にどぶ板営業をしろ!
  ↓
徹底的に
ひとり一人を会え!

こうすることで
自分を取り巻く環境は変わる!

ごく稀に
一夜にして大バズりして
有名になる人や
YouTuberもいるけど
  ↓
それを基準にしてはダメ!

SNSの最大の発明は
まだ見ぬ人と
1対1の
コミュニケーションがとれること!

家に居ながら
どぶ板営業ができること!

無名の新人は
ココを徹底的に使うべき!

どうして自分は売れないんだ?
どうして自分の店には人が来てくれないんだ?
  ↓
10年以上前からある
どぶ板営業のツール
「SNS」を使わない手はない!

narga
ぼくは西野さんほどの行動力も頭脳も持っていませんが、よく周りの人にいうのが「イベントや展示会の当日って、それまでやってきたことの発表会」ということです。日々やってきたことがあってこそ、成功するもの失敗するのも意味が生まれ、その後の動きに生かされます。ところが何もしないで、参加することに意義があるというのでは、失敗すれば仕方ないでしょうけど、成功しても何も得られません。たまたまにすぎないのです。
ぼくのネットでのどぶ板営業歴は、最初はメルマガです。ピーク時は1回の配信で15万件ぐらい配信していました。ただ当時のメールアドレスの集め方って、今とは違い見込み客とかを集めるためのセグメントの切り方がすごく曖昧でした。いまでもメルマガは有力な集客・販売ツールだとは思いますが、手法はかなり進化しています。いまクライアントさんと取り組んでいるのがSNSでのイベント告知や投稿。商用の場合は広告の意味合いも持ちますので、これはこれで、きちんとした知識を持っていないと、常に仲良しの友達にしかリーチしなくなりますし、それ以外の顧客は逆に離れてしまいます。ここも伸びる人と伸びない人の差は歴然としています。