YouTube動画1分解説 西野亮廣「サービス提供者は何に気をつければいいのか?」編。

YouTube動画解説 サービス業が気をつけること キングコング西野 YouTube

エンターテイメントに限らず、全てのサービス業に必要な条件です。自分の仕事を長続きさせて、収益が確実に増えるための必須ポイントを、キングコング西野さんが、惜しげなく語る動画を解説します。

今回の動画はコチラ↓

サービス提供者は何に気をつければいいのか?

サービス提供者とは?
・エンターテイメント
・飲食店
・美容室
・メガネ屋
など、
サービスを提供する人全般

西野亮廣オンラインサロン

月額1,000円でメンバーになれる
  ↓
内容的には
毎日2,000~3,000文字程度の
記事を読み物として投稿している
  ↓
普通、他のオンラインサロンは
月額3,000円~10,000円
  ↓
なので
・西野亮廣のサロンは安すぎる!
・なんでそんなに安いんだ!
そんな意見をもらいます

西野亮廣オンラインサロンが、たった1,000円の理由

詐欺師の顧客開拓

「詐欺師ってあたまが悪いと思うんです」
  ↓
基本、被害にあった人は
二度と同じ手口には騙されない(基本です)
  ↓
なので詐欺師は
一生懸命、自分のお客さんを
減らし続けている
  ↓
残りの騙す人が減り続ける
  ↓
騙すための新規顧客を
永遠に開拓し続けなくちゃいけない
  ↓
仮に10人しかいない国があったら
その10人を騙したら終わり
  ↓
騙すことには限界がある
  ↓
そしてバレたら逮捕される
  ↓
なので
詐欺師って、めちゃくちゃコスパ悪い

いまさらの話ですが
顧客の増やし方って
  ↓
新規顧客1人に対して
減る顧客が、1人以下なら増えるわけです
  ↓
2人入って、1人減れば
1人が増えるということ
  ↓
大切なのは
新規顧客を増やすよりも
ファンが減るのを防ぐこと
  ↓
そこで、
応援し続けてもらうために
いちばん気をつけないといけないことは
  ↓

応援疲れを起こさせないこと!

応援に疲れたら
応援することをやめてしまう
  ↓
ぼくの場合だったら
すべてを投げ売って応援するような人を
作ってはダメなんです!

  ↓
熱烈なファンができてしまうような
設計にしてはダメなんです!

  ↓
熱烈なファンができているということは
良いサービスを提供しているわけですから
やってることは、詐欺師の真逆
  ↓
でも
集客という観点からすれば
ファンの増減は
詐欺師と似たようなグラフになる

  ↓
これは
辞める人が発生するモデルになる

narga
ぼくがゲルマニウムネックレス等の販売をしていたときに狙っていたのが、爆発的に売れるようにしないことでした。普通とは真逆の考えです。でもみんな大ヒット商品を作りたいと考えます。大ヒット商品っていうのは、一見すごいように思えますが、ヒットして熱烈なファンが大量発生したぶん、商品は速く全体に行き渡ります。そしてライバルが出現しますし、そうなれば当たり前になって、早くに飽きられてしまいます。これが「詐欺師とにたようなグラフになる」という部分になります。それともう一つ大事なのが、大ヒット商品は儲かりません。大ヒットして一時的に売上が急激に増えて、儲けも増えたら、そのぶん納める税金も増えます。個人事業主ならそのまま所得ですから、日本の場合だと所得税は高いので、残りも少なくなります。なのでいちばん良いのは、そこそこのヒットで、儲けを合法でキレイに調整できる範囲に収め、これが長く続くことです。でも計算通りには行きません。うちの商品も短期的な超大ヒット商品になってしまい、5年でほぼ終わりました。でも5年は相当長く続いた方になります。

応援疲れが起きる原因

そのいちばん大きい理由は
  ↓

お金!

  ↓
西野を応援するには
毎月10万円が必要となれは
応援を辞めるキッカケだらけになる
  ↓
なのでオンラインサロンの料金は
1,000円にしました
  ↓
その料金設定のためには
自分の中に
・架空の大学生
・架空の主婦
・架空のサラリーマン
お客さんの生活をイメージして
それぞれ、おおよその
架空の家計簿を付けることが大事
  ↓
手取り収入が少ない大学生に
それ以上の料金を設定すると
「西野を応援するのは大変だ」という
感情が生まれてしまい
辞めようとする選択肢がチラつく
  ↓
結果、応援疲れが起きる

もうひとつの応援疲れの原因
  ↓

時間

  ↓
たとえば
使っているVoicyっていうラジオメディアを
始める際に少し渋ったのは
  ↓
お客さんから時間を
奪い過ぎていないかということ
  ↓
西野を追いかけるのに
1日5時間もかかるとなると
疲れる
  ↓
なので、今は
オンラインサロンの記事と
Voicyのラジオ含めて
1日平均20分程度で
済むように設計しています
  ↓
可処分時間の奪い合いなんて言われますが
これは
1万人から1分ずついただく話であって
1人から1万時間を奪ってはダメ!
  ↓
これが応援疲れにつながってしまう
  ↓
それも
聞く人、読む人が
他のことをしながらでも
楽しめる
  ↓
つまり
その人の生産性を落とさない形で
楽しめるように設計しています
  ↓
サービス提供者は
ここの部分の配慮を
絶対に持っていたほうが良い

narga
オンラインサロンのように、広く参加者を集めたい場合は、やはり金額設定は低い方が良いと思います。ここで大事なことなのですが、数は安定につながるということです。1,000円が100人と10,000円が10人は、どちらも総額は10万円です。ですが、10,000円は10人辞めたら0円になりますが、1,000円は10人辞めても90,000円残ります。同じことが他にも言えて、ブログ運営やYouTube運営も同じです。記事や動画本数が多いというのは、全体アクセスと収益の安定した伸びに大きく影響します。これはぼくのこのブログでも実証できています。「なんでアクセス伸びないんですか?」「なんで収益が伸びないんですか?」細かいテクニック以前に、本数が足らないだけです。数をやらない人は、何をやっても成功しません。