YouTube動画1分解説 マナブ「ブログで稼ぐ仕組みを徹底解説 年間5000万を稼ぐカラクリ」編。

ブログで稼ぐ仕組み徹底解説 YouTube

ブログで副業、ブログで稼ぐ方法を、日本でトップクラスのブログ運営者が、初心者にもわかりやすく解説した動画を、1分でわかるようにまとめました。

今回の動画はコチラ↓

ブログで稼ぐ仕組みを徹底解説

・全てのデータ
・実際に稼いでいるサイト
・実際に稼いでいる記事
・検索キーワード
そこまで全て公開します。

ブログで稼ぐ仕組み

今回の動画の目次

  1. ブログで稼ぐ仕組みとは(初心者向け)
  2. ぼくが年間5,000万円稼ぐ仕組み(詳細を公開)
  3. 初心者が稼ぎやすい記事パターン3つ解説

1.ブログで稼ぐ仕組みとは → 完全初心者向け

ブログで稼ぐパターン2つ
1.アドセンス広告
2.アフィリエイト広告

1.アドセンス広告

クリックされると収入が発生する
  ↓
アドセンス広告にも2パターンあって
  ↓
1.通常の広告
ブログの記事中に表示される広告
各サイトに最適な広告が表示される仕組み
  ↓
2.関連記事広告
広告っぽくないので、クリックされやすい
ただし、月間3~4万以上のアクセスがないと表示されない

2.アフィリエイト広告

アフィリエイト広告

↓ ↓ ↓

アフィリエイト広告 拡大

上の画像に入っている
・リクルート
・ワークポート
・マイナビエージェント
3つのアフィリエイト広告リンクで
年間

1,000万円稼いでいます!

アフィリエイト広告を使うには
アフィリエイトASPに登録する必要がある
  ↓
代表的なオススメASP
・afb
・A8.net
・もしもアフィリエイト
・バリューコマース
・PRESCO
・アクセストレード

アドセンスとアフィリエイト、どっちが良いか?

結論から言うと
難易度が低いのはアドセンス、
難易度が高いのがアフィリエイト
  ↓
でも
大きく稼ぐには
アフィリエイトが向いている
  ↓
一番最初、初心者がするには
アドセンスが向いている
  ↓
ここまでが理解できたら
ブログ収益の
基礎の基礎はOK

narga
ぼくのブログも、広告・収益共に殆どGoogleアドセンスです。以前はアフィリエイト広告も貼っていたのですが、いまは記事と関係の深いモノだけにしています。今後はだいぶアクセスが増えてきたので、またいろいろ試していきます。

2.僕が年間5,000万円稼ぐ仕組み

結論からいうと
  ↓
ブログ収益は
月400万円~600万円
  ↓
2020年2月の売上データ
・Googleアドセンス:月20万円
・Amazon:アソシエイト月40万円
・a8net:月180万円(Xサーバー案件)
・afb:月150万円(IT転職関連)
・もしも:月100万円(プログラミング)
・合計490万円

アクセス経路

検索キーワードから収益が発生する
  ↓
ブログは書いて放置してたら
アクセスは来ない
  ↓
Google検索に引っかかるから
アクセスが来る
  ↓
たとえば
「ブログ記事の書き方」
このキーワードで見に来た人
  ↓
見に来たら
そのときにアドセンス広告が表示されてて
  ↓
100人に1人ぐらいが
その広告をクリックする
  ↓
すると
1クリックあたり30円とかが入ってくる

narga
ぼくの場合だと、クリック率はもっと高くなっています。どういう記事やサイトのクリック率が高いのかとか低いのかについては、また情報を収集したり、ぼくの体験からも後日紹介したいと思います。

収入の発生源の具体例

  • Googleアドセンス→自己啓発系
  • Amazonアソシエイト→文章術の本、YouTube機材
  • A8net→ブログの始め方
  • afb→IT転職サイト
  • もしも→プログラミングスクール

これらの記事やキーワードで
月500万円ぐらい稼いでいる
  ↓
ここでオススメのポイント
  ↓
過去に転職経験のある方なら
転職系の記事を書いてみる
  ↓
理由は
転職系の案件は
報酬の単価が高い

競争をズラす

この話を解説している
ブログの本、アフリエイトの本は
世の中に存在しない
  ↓
たとえば
「IT業界に転職する方法」
こんな記事はいっぱいあるので
同じような書き方をしてしまうと
そこで戦わないといけなくなる
  ↓
これを
「IT系に強い転職サイト 転職エージェント3選 辞める前提で選ぶべき
  ↓
「辞める前提でえらぶべき」
この部分が重要
「辞めましょう」と訴求している
  ↓
どういうことかと言うと
  ↓
記事の内容が
会社で働くことは
ひとつのスキルアップでしかないと考えてて
・企業でスキルを身に着けて
・副業を始めて
・将来的には独立していく
この観点からIT転職を解説している
  ↓
こういう解説をしているサイトは
ぼくのサイト以外、ほとんどない
  ↓
ほとんどのサイトは、
IT業界に転職して
どうやってIT業界で活躍するかと言った
IT業界内の視点で
物事を捉えている
  ↓
それが、ぼくの場合は
IT業界に転職して
その上でどうやって人生を良くしていくか
そういう大きな視点で捉えている
  ↓
こうやって
競争をずらすことで
けっこう稼ぎやすくなる

3.初心者が稼ぎやすい記事パターン3つ解説

完全初心者に向けた
記事パターン3つ

  1. シンプルなまとめ記事
  2. オススメ商品のまとめ記事
  3. 個別商品 徹底レビュー記事

このあたりは
・書きやすくて
・収益化にもつながりやすい

1.シンプルなまとめ記事

ぼく自身もブログをはじめたとき
最初はこのパターンからはじめた
  ↓
得意分野の情報を
まとめるだけなので
そんなに難しくない

2.オススメ商品のまとめ記事

・就活対策で読んでおくべき本5冊+ES公開
・英語学習に便利な映画10選+フレーズ紹介
  ↓
「+」以降は付加価値の部分
  ↓
英語学習に便利な映画を
10個まとめるだけだと
誰でもサクッとできてしまう
  ↓
これは付加価値が上げにくい
  ↓
これを、
この映画からは
こういう日常会話の表現を学べます、
これをピックアップして
プラスアルファで動画も埋め込む
  ↓
こうなると
付加価値の高い記事になる
  ↓
就活対策にオススメの本も
ただオススメの本を書くだけじゃなくて
「実際にこんなESを書きました」
そこまで公開してしまう
  ↓
自分のESを紹介する人なんて
ほとんどいないので、
これが高い付加価値になる
  ↓
すると
検索上位に行きやすい

3.個別商品の徹底レビュー記事

・AirPodsの徹底レビュー(Sonyと比較した)
・ウェルスナビを徹底レビュー(実績も公開)
  ↓
個別商品のレビュー記事にはコツがある
  ↓
記事構成を覚えることが大事
  ↓
1.商品の説明
2.メリット、デメリット
3.他社との比較
4.利用者の声
5.導入の手順

さいごに

正直、
最初は8時間かけても
記事が書けなかった
  ↓
それが今や1000本以上書いてきて
3000文字を
2時間半ぐらいで書けるようになった
  ↓
初心者はほんとうに時間がかかる
  ↓
最初は遅くても仕方ない
焦っても意味はない
  ↓
焦る人の中には
早く記事を書き終えたいから
後半になると、
どんどん記事が手抜きになる人がいる
  ↓
時間をかけてもいいので
1記事1記事、入魂して書く!
  ↓
できるなら毎日更新が望ましいけど
最初は週2本更新とかでも良いので、
良い記事を時間をかけて書いていく!

narga
このブログが、いま200本ほどです。ほぼ200日間、毎日更新しています。ネタが出なくて、悩ましい日々もありましたが、その悩みも書けば書くほど、軽くなっていますし、早く解決するようになってきました。でもまだ実感として、こういう記事を書けばアスセスが増えるとか、収益がアップするという確信はつかめていません。ただ、それなりにキーワードを設定して書き続けていると、ある時に突然ですがGoogle 検索で上位にヒットするようになって、サイト全体のアクセスも収益もアップしました。こうなると毎日が楽しいです。