YouTube人気動画解説 メンタリストDaiGo「最も太る食べ物、痩せる食べ物が判明!」編。

YouTube 太る食べ物 痩せる食べ物 YouTube

痩せるというキーワードは年中人気ですが、では本当に痩せるために食べてはいけないものは何かを、ストーレートに答えてくれる情報は意外と少ないです。今回はメンタリストDaiGoさんの動画から、科学的に根拠のある、太る食品と、痩せる商品を解説します。

今回の動画はコチラ↓

ダイエット、いちばんの問題点

炭水化物ダイエット
  ↓
・炭水化物は太る
・肉は大丈夫
こういう発想から生まれたダイエット方法
  ↓
でも、実際に
太っている原因は・・・
  ↓
炭水化物ではなく
本当はカロリーで太っている
  ↓
炭水化物をカットしても
炭水化物分のカロリーが減っただけ
  ↓
なので炭水化物制限するのは意味がない
  ↓
じゃあ、何を制限すれば痩せるのか?
  ↓
方法の1つとして断食がオススメ
  ↓
断食は体のホルモンが最適化されて
食欲を感じ難くなる
  ↓
そうすると
自然と食べる量が減って痩せる
  ↓
要は
痩せるためには
食べる量が減れば良い
  ↓
ただし
我慢しないで減らしたい
  ↓
どうすれば良いか?
  ↓

自然と食欲が減る方法を考えれば良い
・食欲の暴走になる原因をカット!
・食欲を抑えてくれるものを増やす!

  ↓
これだけのことをやれば良い

肥満の原因になる最悪の食べ物

シンガポール国立大学の研究
  ↓
いちばん太る食べ物は
  ↓

ポテトチップス!

  ↓
イギリスに住む子供たち
4646人
7歳から13歳
身長。体重・活動量・毎日の食事を分析
  ↓
結果、
子供たちの肥満の原因になっていたのは
・マーガリン
・バター
・揚げ物
・油でソテーしたもの
・ポテトチップス
・加工肉
  ↓
この中でも
肥満の原因
1位:ポテトチップス
  ↓
100gあたり
383キロカロリー~574キロカロリーもある
  ↓
さらに
食品としては満足度が低い
  ↓
すなわち
食べてもお腹がいっぱいにならないので
たくさん食べてしまう
  ↓
ポテトチップスは
・薄っぺらいのでカロリーの密度が高い
・お腹いっぱいになりにくいので、たくさん食べる
・油分が多いので、食欲を暴走させる
  ↓
売る側は、
こういうことを知ってて売っている
  ↓
2位:フライドポテト
3位:加工肉(ソーセージ、ベーコン等)
  ↓
また、
2011年大人のアメリカ人の実験でも
1位:ポテトチップス
2位:フライドポテト
3位:加工肉
同じだった。

痩せる食べ物

サプリ
  ↓
サプリは
運動と一緒でないと痩せない
  ↓
食べるだけで痩せる食べ物ってあるのか?
  ↓

食物繊維の多い食品が
唯一のダイエット食品

  ↓
食物繊維は
ダイレクトに脳に働きかけて
食欲を抑える効果がある!
  ↓
水溶性食物繊維が良い
  ↓
・葉物野菜
・イヌリンのサプリ
こういう物に入っている
  ↓
食物繊維を摂る量を増やすことで
食欲を自然と抑えることができる
  ↓
食べなくても平気なので
痩せることができる
  ↓
糖質カットはオススメしない!

まとめ

動画見ながら文字起こしするのも、だいぶ慣れてきました。この動画の要約記事、「1分でサクッとわかる」とけっこう評判が良いです。時間のある人は、動画を見てもらえれば、生の声で、ここに文字化しなかった部分も楽しんでもらえると思います。

食べたら太る食品ですが、ポテトチップスは想像していました。意外だったのは加工肉。コンビーフやスパムと言った缶の食品、わりと好きで常時ストックしています。あと加工じゃないけど、脂のグループで神戸牛の霜降りとか、この中には出てないので、ちょっと安心しています(ほぼ食べることないですが)。

あとちょっと話しが違いますが、座ったままの仕事って太ります。ぼくも経験しています。これを数週間前から事務所をDIYしまして、立って仕事ができるようにしました。通常は立って仕事して、疲れた時だけ座るという、逆にしたのですが、これは結構効果があって、痩せたし、長く続いていた腰痛が一気に改善に向かっています。