人気YouTube動画解説。メンタリストDaiGo「みんなやりがちな科学的に否定された勉強法の罠」編。

メンタリストDaiGo YouTube

多くの人が、勉強法をちゃんと学ばない。
そのうえ、科学的に否定されている勉強法を信じててヤバい。

大好評の、メンタリストDaiGoさんYouTube動画まとめです。

今回の動画はコチラ↓

みんなが信じてる、科学的に否定されている勉強法

アメリカのCAP(アメリカ進歩センター Center for American Progress)による調査。

およそ3000人の教師や学生に対し、
既に科学的に否定されている学習法
 ↓ ↓ ↓

個人個人に適した勉強法として信じてやってる人が多い

・音で聴いたほうが記憶に残りやすい
・画像で見たほうが記憶に残りやすい
・何度も音読したほうが記憶に残りやすい
・テキストを何度も読み返す
・本にアンダーラインを引いたり付箋を貼る
・褒めて育てる
・教科書を大事にする
・クイズ形式の勉強法は効果がない

 ↓ ↓ ↓
これらをどれぐらい信じているのかを調査した。
 ↓ ↓ ↓
いま、これを取り入れるのはNLPと自己啓発マニアぐらい
NLP・・・科学的根拠なし、まともな科学者はNLPやらない

Photo by Green Chameleon on Unsplash
褒めて育てる 70%が信じている

子供の賢さを褒めても効果がないと様々な研究で証明されている
 ↓ ↓ ↓
褒められると努力しなくても良いと勘違いする
 ↓ ↓ ↓
単純に褒めるのではなく、
その結果に繋がった努力そのものを、親や教師がチェックして
「たくさん本を読んだから出来たんだね」
「毎日コツコツ頑張ったから出来たんだね」
出来た、成績が良かったプロセスも一緒に褒めることが大事。
Photo by Aaron Burden on Unsplash
クイズ形式の勉強法は効果がない 60%がそう思っている

クイズ形式の勉強法は、最も効果のある勉強法の1つ

・問題集のように、覚えているかどうかをチェックする
・思い出す練習で記憶が定着する
・人間の記憶はインプットするときよりも、忘れかけているのを思い出すことで記憶が定着する
 ↓ ↓ ↓
学校の勉強で、復習は忘れる前にやりましょうは大嘘
忘れてからやったほうが良い
 ↓ ↓ ↓
人間は物事を思い出そうとする時に、記憶が定着する。
Photo by Lacie Slezak on Unsplash
テキストを何度も読み返すのは効果がない

何度も読み返す学習法は、受け身の学習法
自分の頭で考える勉強法でないと記憶は起こらない
 ↓ ↓ ↓
単語カードやフラッシュカードで、クイズ形式にしたほうが、はるかに効果的。
Photo by Debby Hudson on Unsplash
Photo by Debby Hudson on Unsplash
本にアンダーラインを引いたり付箋を貼る

効果がない
 ↓
それよりも自分の言葉で言い換えて、まとめるのが効果的
 ↓
自分の言葉でまとめて、スマホに吹き込む
 ↓
スマホの音声認識機能でテキスト化、メモる
 ↓
メモったものを問題形式にしてフラッシュカードにして復習

最強の勉強法!

最強!教えるつもり勉強法
メモしたり、自分の読んだものをまとめる時に、
他人に教えるつもりでまとめると、記憶の定着が驚くほどアップする。

メンタリストDaiGo

まとめ

ぼくとしては
・本や書類には、ラインを引きまくってました
・何度も読み返せば理解度がアップすると思ってました

この2つぐらいが当たってました。
褒めて育てるというのは、昔から「褒め殺し」って言葉があるぐらいで、間違うと完全に成長が止まるし、テストで100点とって「100点すごいやん!」は、ぜんぜん気持ちこもってない証拠。言ってもらった方も「?」な感じになっていると思います。あと、普段の努力や様子を全く知らない人に褒めらるっていうのも、ぼくはあまり好きではありません。社交辞令と同じに聞こえます。

まあとりあえず、ぼくとしては
このブログ記事の作成において
読んでもらいやすいように、考えながらやっています。

実際にどの程度の仕上がりのレベルはわかりませんが、
とりあえずは、最強の勉強法である「教えるつもり勉強法」に
形だけはなっているようです。

たしかに、記事にしたことは全部覚えています。