人気YouTube動画解説。メンタリストDaiGo「頭が激烈に悪くなる朝のやりがちな行動が判明」編。

メンタリストDaiGo YouTube

ユーチューバーの中でも、トップクラスの人気を誇るメンタリストDaiGoさん。YouTubeのチャンネル登録者数は190万人!一本の動画の再生回数は軒並み数百万!収入は年18億円とも言われています。

すごいのは、この人、まったくテレビに出ないこと。YouTubeやニコニコ動画の広告収入メインでここまで稼いでいるために、他のテレビに出まくっているタレントはどうなるんだ?小学生のなりたい職業に「ユーチューバー」が入っているのも頷けます。

ということで、動画解説に入りますが、メンタリストDaiGoさんの動画の特徴は、とにかく本人が喋りまくる。それもめちゃくちゃ早口なので、ぼーっとしてると話が全くあたまに入ってきません。「え?日本語?」って思うときもあるぐらいです。まずはそこに慣れる必要もありますが、内容はエビデンスに基づいた役立つ情報が多いので、毎回・毎日楽しみにしています。

動画本編はこちらです。

「頭が激烈に悪くなる朝のやりがちな行動が判明」

Photo by Siora Photography on Unsplash
Photo by Siora Photography on Unsplash
たった1回で頭が悪くなる朝の行動が判明。

みんさん、朝にやりがちな行動で人生を損してるんです。早起きとかではなく、朝ある行動をしてしまうと、一日中生産性が落ちる。そのせいで認知機能が悪くなってしまって、普段ミスらないことでミスったりとか、悩まないでいいことで悩んでしまったりとか、自分の脳力が出せなくなるという話なんです。

要するに、一日中ぼーっとしてるとか、やる気が出ない原因がわかったんです。

ぼくの場合、ぼーっとしてる中で、自分に鞭打って「その日の仕事は、その日のうちに」という気合だけで働いてる日があります。けっこうあるかも知れません。

メンタリストDaiGo
ペンシルバニア州立大学の実験で行われた、ストレスで頭が悪くなるという研究
・決断力が下がる
・物事を決めれない
・ダラダラ先延ばしする
・集中力・注意力がなくなってミスをする
・記憶力が低下して何事も覚えられない
・勉強の成果が上がらなくなる
・欲望に弱くなる
こういうことが起きるのにはストレスが良くないというのは、みんなわかってるんですが、

実はストレスへの予測だけで同じようなことが起こることがわかった。

簡単に言うと、
朝、
「今日はしんどそうだなあ」
「今日はストレスヤバそうだなあ」
「今日は辛そうだなあ」
こんなふうに、
予測しただけで、認知機能が下がって、頭が悪くなるようなことが起こってしまう。
つまり、そう考えること自体がヤバいのです。

朝おきて「あ~、しんど」
会社に来て「あ~、しんど」
昼ごはん食べて「あ~、しんど」
帰り際「あ~、しんどかった」

口ぐせになってるかも!

Photo by Campaign Creators on Unsplash
Photo by Campaign Creators on Unsplash
人間は予測を立てて行きていく生き物で、この予測に対してメンタルの状態を保つんです。
例えば、
・明日、彼女に会える
・明日、美味しいものが食べられる
これがわかってると、人間は頑張れるんです。
これは予測した未来の気分が、今の自分に乗っかってきてるということ。
つまり、
実際に会うのは明日だし、
美味しいものを食べるのも明日だけど、
今の気分が既に変わってきているんです。


こういう
「人間の予知能力が、日常の脳の力とか認知機能に影響を与えるのではないか?」
ということを調べた実験で、実際そういう結果が出たということです。
つまり
ストレスが実際に起きることとは関係なく、
ストレスが起きそうだと予測するだけで
同じように脳機能が低下するということがわかったんです。
メンタリストDaiGo
だから
朝、今日一日、どうなるのかという予想をするのが凄く大事だということがわかったんです。
つまり、朝起きた時には常に良い予想をしたほうが良いということです。

朝は、ポジティブな予想を立てましょう!

もしストレスが起きそうな場合でも、
・乗り越えたらどんな良い気分になるか
・乗り越えたことによて自分はメンタルが強くなる
というようなことを考えると良いのです。

終わったときの楽しい予想を立てることで、
朝の予想のネガティブさを軽減できるのです。

いかがでしたでしょうか?

年齢もあるのか、ついつい「あ~、しんど」と言ってしまいがちです。

明日からは、せめて朝起きたときだけでもポジティブになれるように
「今日も儲かるぞ!」
「今日もモテるぞ!」
「今日も美味いもん食べれるぞ!」
なんてことを探しながら、布団から出るようにしましょう。