2020年、YouTubeに参戦したい!動画ド素人がコストかけずに始める方法!

YouTube YouTube

このブログ、とくに何も起きなければ、数日中に記事が100本に到達します。

とりあえず、何が何でも100本書こうと決めて始めましたが、大きな野望はまったく無く、打席に立って、フルスイングし続けたら、きっと見えてくる世界があるのではないか?これぐらいの考えで続けています。
これは何もブログだけでなく、ぼくの仕観観において全て今まで同じです。誰も最初から上手にはできませんし、失敗があって当たり前。久々にこのブログの一番古い記事を読んでみたら、恥ずかしくなるぐらいに内容は無いし、日本語すらまともじゃなかったです。でもやり直せる。何度も勉強してやり直して、堂々と前に進めばいいだけです。

と、言うわけで前文が長くなりましたが、これ全部、YouTubeをやろうとするために、前もって言い訳してるだけです。笑

目標、なんちゃってユーチューバー

仕事がいろいろ舞い込んでくるのですが、全部やりたいという気持ちがあります。ですが、そんなことしたら全てがロクな成果が得られない結果に終わるのは、目に見えたこと。そこで自分自身が「コンテンツ・アーティスト」になろうと思って始めたのが、このブログであり来年から始めるYouTubeです。

「いまさらか!」って思ったでしょ。

そう、「いまさら」です。
ですが、不思議とぼくの周りででは、誰一人やっていない。WordPressでのブログでさえ、ぼくだけです。

ということで、始めるにあたって相談できる人は誰もいないので、またいつものことですが、ネットの情報だけを頼りにすすめることになります。

ユーチューバー業界の常識的カメラ

とりあえず撮影する道具。これが立派なモノは何も所有していません。

買い揃えれば済む話ですが、YouTubeなどで紹介されている機材や設備は、どれも高価なものばかり。たとえば・・・・・

撮影用カメラは、デジタル一眼がほとんどで

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III
ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III

こんなのとか、

SONY フルサイズミラーレス一眼 α9M2
SONY フルサイズミラーレス一眼 α9M2

趣味でも手を出すのが困難なほど高価!ユーチューバーには、こういうガジェット系の動画で大人気の人も多くて、マジで自分で購入してレポートしてる人もいます。どんだけ稼いでるんだ?なんて疑問も持ってしまいます。

とりあえず、ぼくはまだ動画の楽しさも知らないので、先にこんな高価な道具を揃えるようなことは「いたしません!」。

ユーチューバー業界の常識的ソフト

カメラの次は、撮影した動画を編集するためのソフトウェアです。

Adobe Premiere Pro
Adobe Premiere Pro
Apple Final Cut Pro X
Apple Final Cut Pro X

Macだと、Final Cut ProかAdobe Premiere Pro。
Windowsだと、Adobe Premiere Pro。

上記あたりを使うのが常識みたいになっているようにも感じますが、ぼく自身この2つのソフトウェアは古いバージョンで所有しています。古いと言ってもじゅうぶん使える程度ですが、ぼくには難しすぎて、いままで何度もトライしましたが挫折しっぱなしで、まともに一本でも動画を仕上げたことがありません。

なので、これら業界の常識的なソフトウェアを使うことも「いたしません!」。

ユーチューバー、最初にやるべきこと

道具も大事ですが、そうじゃないと思います。

何よりも、動画を撮ることに慣れること。まずはここからのはず。写真の時もそうでしたが、怖がらずにガンガン撮りまくって、その上で感じた不満を日々改善していく積み重ねでした。動画も同じだと思うのです。

とりあえず撮りまくろう!

ということで、機材は今あるモノを使い倒します。

Fujifilm X-M1
FUJIFILM X-M1

オートフォーカスめちゃ遅いですし、ジージーと音もしますが、FHDの30fpsで撮れますし、35mm F1.4のレンズもあるので、これ使います。

スマホは

Zenfone4
ASUS Zenfone4

ASUS Zenfone4、2年以上前のモデルですが、何故か動画が4Kで撮影できます。FHDなら60fpsで撮れてしまいます。オマケに手ブレ補正も効きます。なのでコレ使います。

次にソフトウェアですが、Macなら無料の「iMovie」、iPadなら500円で買った「VLLO」でじゅうぶん。これならスグに編集できる。

VLLO
VLLO

ということで、これで最低限度のスタートが切れます。かかった費用は0円。細かく言えばアプリ「VLLO」の500円だけです。

どうしても買いたいジンバル!

撮影時に、写真なら「カシャッ!」と撮るときだけカメラを構えればいいのですが、動画はずーっとカメラを構える必要があります。これは正直きつい。

Zhiyun-Crane-M2
ジンバル Zhiyun-Crane-M2

ジンバルです。コレさえあれば、ちょっとぐらいの時間なら安定した撮影が可能となります。

値段は、スマホと軽めのカメラ用クラスなら、だいたいどこのメーカーも似たような感じです。

ということで、年末までにジンバルだけ購入して、動画の撮影にさっさと入ります。

なんてこと書きましたが、実は何の企画も決まっていません。とりあえず近所をブラブラ散歩ぐらいの撮影からはじめてみるつもりでいます。