高齢者やハイテクおんちにとって、スマホのハードルは高いのか

高齢者やハイテクおんちにとって、スマホのハードルは高いのか スマホ
高齢者やハイテクおんちにとって、スマホのハードルは高いのか
Photo by Banter Snaps on Unsplash

ぼくがガラケーからスマホに変えたころ
スマホの主流はiPhone、
ちょうどiPhone4が売り出された頃でした。

ぼくもiPhone4が欲しかったのですが
なぜかどこも品切れ入荷待ちだったため
富士通製のAndroid機種にしました。

まあ、これが発熱がとにかくすごくて
直ぐに再起動したり
とくになにもしなくても、画面が固まったり
バッテリーが数時間しか持たなかったりの酷い機種で、
何度もauに持ち込みましたが門前払い。

嫁さんのiPhone4とのあまりの使い心地の差に落胆し、ろくに調べもしないでAndroidというか富士通を選んだ自分が情けなかったのを覚えています。

こんな失敗があったことと、
家族全員がスマホを持つようになったことで
我が家の携帯料金がやたら高額になったことに端を発し、
ぼくは
・気持ちよく使えるスマホを探すこと、
・毎月安く使えること
この2つを目指して、
あれこれ調ると言った日々を送るようになりました。

そこで見つけたキーワードが、「SIMフリー」。

「シムフリー」と読みますが、細かい話はオタク向けブログの運営の方にまかせて、ざっくりどういうことかと言うと、

Docomo、au、Softbankという
・大手のキャリアさんに縛られることなく使える
・毎月の料金が、かなり安い
この2つが実現する方法です。

これだけでは、相当に説明不足なのですが、
普通の人はこれ以上の細々した理屈や説明を聞いても、
なんのことかさっぱりわからないと思います。

要は多くの人は

「安く便利に使えればそれでいいの!」

ってことでしょうから。

ぼくは別に、このSIMフリーをするためのコンサル業をしているわけでもないのですが、ここ数年「格安スマホ」「格安SIM」などといった言葉が一般化しはじめて、

「格安スマホって何?」

「いま使ってるDocomoのスマホと違うの?」

「どうやったら、格安になるの?」

「毎月1万円の支払いを家族4人で払ってるのがキツイから、どうにかしたい。」

そして多くなったのが

「まだガラケー使ってるけど、毎月が安いならスマホにしてみたい。」

こういう高齢者やハイテクおんちさんからの相談です。

もう一度、言っておきます。

ぼくは、格安スマホや、スマホの使い方の講師業をしているわけではありません。

長年IT関係の仕事をしていることもあってか、頻繁に「教えて!」と言われるので、ひょっとして全国には同じような悩みというか、気持ちを持っている人が多いのかもしれないと思って、それならブログに書けばお役にたてるかと始めることにしました。