長く使ったOCNモバイルONEから、UQモバイルにMNPするつもりが、ワイモバイルそしてLINEモバイルと流れ着いた話

スマホ MNP 格安スマホ、格安SIM

スマホの毎月の支払いを節約しようと、キャリアのauから格安SIMの”OCNモバイルONE”にNMPしたのが数年前。

家族全員で切り替えたので、毎月2万円以上の節約ができました。
この効果は絶大で、これまで何人の友人がこのあと格安SIMに替えたことか。

当時、格安SIMがこんなにまで普及していなくて、この安さに感動しまくっていました。

でも時代は激しく変わります。

安けりゃ良いだけでは、世の中が許さなくなりました。

安いのは当然、スピードが速くないと問題外!

息子が最近
「お父さん、このスマホ遅い!ぜんぜんページが開かへん!」
あまりにもうるさいので、いろいろと調べました。

息子は2015年から3年以上、au LGL22を使ってきました。

よくまあ、3年も使えたものです。

LG LGL22

LGL22は、ぼくにとっても初の格安SIMモデルで、もともとはauのモデル。
やけに気に入ってしまい、息子、嫁さん、ぼくの3人がコレを同時に購入し格安SIMで使うために、自力でSIMロック解除して、格安SIMのOCNモバイルONEと契約、docomoの電波で使っていました。

なかなかスグレモノで、トラブルなく快適。当時は新品同様の中古がヤフオクに溢れていて、1万円程度で簡単に手に入れることができました。

それでもさすがに3年使うとかなり動作が遅くなり、初期化しても改善せず、息子からの「あかん!」「遅い!」という日々の苦情に耐えかねて、この春に、ASUS Zenfone Max Plus に乗り換えました。

ASUS Zenfon Max Plus (M1)に乗り換えたけど・・・

Zenfone Max Plus M1

息子用に乗り換えた最新モデルのASUS Zenfone Max Plus。
これに、もともとのOCMモバイルONEのSIMを差し、最初は文句も言わずにごきげんに使っていたのですが・・・

ある日、彼女が使っている「Ymobile」を、ちょっと触ったのが運の尽き

「なんでオレのん、こんな遅いん!」

LINEでどんどん来ます。
「もっと速くなれへんの?」
「他のところに変えてや!」
「いつしてくれんの?」

こんなことが1ヶ月近く続き、さすがに疲れました・・・・・

OCNモバイルONEからUQモバイルにMNPするぞ!

もともと、OCNモバイルONEは格安SIMの中でもあまりスピードが出ないSIMメーカー。
反対に、UQモバイル は au 、Ymobile は SoftBank、それぞれのサブブランドと言われていて、格安SIMといえども、キャリアと同等のスピードが出るメーカー。正直なところ、価格は格安SIM、スピードは大手キャリアという、なんとも特殊な存在なのです。それを問題視する動きもありますが、

消費者としては、安くて速いのが良いに決まってる!

そこで
YmobileかUQモバイル
かで、検討した結果

UQモバイル  に決定!

ぶっちゃけ、どちらでも良かったんです。
どっちが良いかなんで、多少の差はあるけど似たようなもんです。必要以上に考えるのは時間の無駄。

UQモバイルへMNP準備開始!

まずは、OCNモバイルONEでMNP予約ナンバーをもらわなくてはなりません。

MNP予約番号は、電話番号をそのまま次の業者に引っ越しして使うために必要な番号です。もともとスマホでデータ通信しかしていなくて、電話番号のない場合には必要ありません。その場合は、新しい業者と契約して、今までのは解約するだけです。

OCNモバイルONEのMNP

いちばん簡単なのは、上の電話番号。
0120-506506 にまず電話すること。
気をつけないといけないのは、MNP予約番号を発行してもらうのに、なんと3営業日もかかってしまいます。
今思いついて、スグ! はできないのです。

で、もう一つのMNP予約番号のもらい方。
Webの「OCNマイページ」で発行する。
https://login.ocn.ne.jp/auth/s2006/pc/AuthLoginDisplay.action

OCNマイページ ログイン

契約したときに郵送されてくる
「OCN会員登録証」にあるメールアドレスとメールパスワードを入れてログインします。
料金/手続き > ご契約サービスの変更 > OCNご契約内容の確認 とページを進んで

OCNモバイルONE MNP転出

やはりこの方法でも、MNP予約番号発行まで3日かかります。
余裕を持って、申し込む必要があります。
あと予約番号は、SMS(電話番号のメール)で届くのでまちがえて削除しないようにしないといけません。

ここで大問題!

なんと・・・・・
このASUS Zenfone Max Plus(M1) は
QUモバイルには対応していないことが発覚!
通信はなんとかできるそうですが、通話は絶対無理とのこと。

がっくり。。。。。

仕方ないので、YモバイルへMNPは変更?

UQモバイルじゃないとダメだとか
Yモバイルが気に入らないとか
そんな理由はなかったので、なにも考えずにYモバイルに行こうとしたら

発覚!LINEモバイルのSoftBank回線が、めちゃ安くて速いらしい!

ぼくはもともと、LINEモバイルのdocomo回線を契約していました。
格安SIMって、どこも儲からない商売をしているらしいのですが、そのなかで、LINEモバイルは早々に自社だけでの業務改善に見切りをつけて、SoftBankに身売り。どうなることやらと思ってたら、LINEモバイルにSoftBank回線が誕生して一件落着。さすがに大資本が入るとすごいパワーで、LINEモバイルのSoftBank回線は格安SIM業界でも、もっとも速くてお得に様変わりしたのです。
ぼく自身はまだdocomo回線のままで使っていますが、息子のをこの機会にSoftBank回線のLINEモバイルに変更することにしました。

結局・・・
OCNモバイルONE → UQモバイル → Yモバイル → LINEモバイルSoftBank回線

長い旅でした。

LINEモバイルのSoftBank回線の料金は、docomo回線と同じなので、SNSが無制限で使える「コミュニケーションプラン」の「通話+データ3GB」で、月1,690円! これに10分以内通話かけ放題つけると+880円で合計2,570円!

これは安い!

で、さっそく、ぼくが先にLINEモバイルのdocomo回線からSoftBank回線に変更しようとLINEモバイルのマイページにログイン。

が、SoftBank回線に回線変更らしきリンクがない・・・・・

公式サイトには

LINEモバイル

↑こんな「SoftBank回線に変更」ってボタンがあるのに

↓ぼくのマイページにはない!

LINEモバイル

とりあえず、「お問い合わせ」ボタンから質問を送りました。
ネットで調べてみると、docomo回線からSoftBank回線に変更する人が殺到しているとか。一時的に取扱を休止しているのかもしれません。
とりあえず今スグは諦めて、息子のMNPに専念することにしました。

*48時間経って、まだお返事がとどきません・・・・・ きっとお忙しいのでしょうねえ。

********

3日目に届きましたが、「お客様の契約内容がわからないため、お答えできません・・・」でした。
マイページから問い合わせたんだが・・・

********

問題は、LINEモバイル転入の際、ヨドバシカメラのカウンターでわかりました。
データSIMからのドコモ回線←→SoftBank回線の変更はできないとのことです。できるのはデータ+通話SIMの場合だけ。データSIMで回線切り替えたい場合は、一旦解約して再契約となります。契約手数料の3240円は無料になりません。なんかアホらしくなったので、今回は息子のMNPだけにして、ぼくはこのままdocomo回線で使うことにしました。

OCNモバイルONEからMNP予約番号が届いた!

結果3日待たずの2日でMNP予約番号がOCNモバイルONEから届きました。

OCNモバイルONE、MNP予約番号

これであとは、LINEモバイルに転入するだけ。

本来、Webから申し込んでSIMカードが届くのを待つほうが、いろいろ特典があって今はオトクなのですが、息子とは一緒に住んでいないこと、息子は自力でSIMの入れ替え設定すらできないことなどから、休みの日を合わせて大阪梅田のヨドバシカメラにあるLINEモバイルのカウンターへ直接行くことにしました。

さあ!いよいよ!LINEモバイル契約

息子と大阪梅田ヨドバシカメラで待ち合わせて
まっすぐLINEモバイルのカウンターへ。

ぼく「MNP転入で契約お願いします。」
店員「かしこまりました。」

docomoやau、SoftBankのカウンターは、待ちがすごいでているが、こういった格安SIM・格安スマホは、他のUQモバイル・Ymobileともに、ガラガラ。土曜日の15時半だがすぐに対応してもらえる。

店員「MNP予約番号お持ちですか?」
ぼく「はい。」
店員「それではさっそく契約を進めさせていただきます。」
ぼく「おねがいします。」

すんなりいくと思ってた。。。

店員「ところで、もともとOCNモバイルONEは契約者がお父様になってますので、今回のLINEモバイルもお父様との契約になります。よって、お支払いのクレジットカードもお父様名義のクレジットカードとなります。」

ぼく「えっ?もう一人前に稼ぐから、息子の名前で契約したいのですが・・・」

店員「できません。」

ぼく「じゃあ、契約はぼくで、支払いは息子のクレジットカードならできますか?」

店員「できません。」

しばらく息子と固まりました。

ぼく「じゃあ、どうすれば息子の名義になるんですか?」

店員「OCNモバイルONEを解約して、全く新規でLINEモバイルで契約するしか方法はありません。」

ぼく「ってことは、電話番号が変わってしまうということ?」

店員「はい、そういうことになります。」

近頃は、ぼくでも通話はLINEとかFacebookメッセンジャーが増えて、090の電話番号での通話って激減しています。とはいえ、息子もサラリーマン、いきなり!今!ここで!予告なしに!今までの電話番号なくなるって、それはけっこう弊害がでる。

なにやら、先にOCNモバイルONEで、息子の分だけを息子の契約に変更することもできるらしいのだが、それってまた書類が必要になって、そのあとMNP予約番号とりなおすのに3日まって、またここにきて・・・・・気が遠くなる。

あきらめて、高校祭の時代からぼくが払ってきた息子の携帯電話料金を、もうしばらく払い続けることにしました。

あと、息子は自動車運転免許を持っていないので、自分名義で契約したいなら顔写真の載った証明証、たとえば「写真付住民基本台帳カード」なんかが必要だそうだ。ちなみに今回の契約では、ぼくの運転免許証の表も裏も写真撮られた。

どんだけスマホって、犯罪の匂いがすんねん!

さて通信設定

いよいよ
スマホ本体から、OCNモバイルONEのSIMカードを抜いて、LINEモバイルのSIMに入れ替えます。
今回は、店頭での契約だったので間違えなかったですが、SIMカードって大きさが3種類ほどあります。この大きさ間違えると、まったくSIMカードが使えません。なので最初に、これまで使ってたSIMカードのサイズを確認して同じ大きさを必ず選んでください。とくにスマホ本体も新しくしたときは、今までのSIMカードと大きさが変わってしまう場合がありますので注意が必要です。

SIMカードの交換作業は割愛。

交換作業は必ずスマホの電源OFFで行ってください。
交換後、電源ONで

まずは「設定」画面に入ります。

LINEモバイル、APN設定

ぼくのスマホは、ASUS Zenfone4 です。メーカーが違うと多少画面の様子が異なりますが、だいたい似てますので確認しながら作業してみてください。
上のスクリーンショットの赤線の部分「無線とネットワーク」をタップ。

LINEモバイル、APN設定

次に、「モバイルネットワーク」をタップ。

LINEモバイル、APN設定

次に「アクセスポイント名」をタップ。

LINEモバイル、APN設定

この画面にズラーッと並んだSIMカードのメーカー名の中に「LINEモバイル」がありますのでタップ

LINEモバイル、APN設定

上から必要項目を入力していきます。
名前:LINEモバイル
APN:line.me
ユーザー名:line@line
パスワード:line
認証タイプ:PAPまたはCHAP

ちなみに、上記項目以外にもいっぱい項目がありますが入力不要です。
スクリーンショットに「認証タイプ」がないですが、画面下のほうにスクロールするとでてきます。

LINEモバイル、APN設定

最後に、画面右上にある、小さな点が縦に3つ並んだところをタップすると、「保存」とでますのでタップ。
これで終了。
めでたくLINEモバイルでの通信がはじまったと思います。

最後にまとめ

格安SIM、格安スマホが低価格で毎月使えるということで、だいぶん普及してきました。ぼくの周りでも、Ymobileはよくみかけます。乗り換え理由の殆どが

「安い!」だと思います。

ぼくもそれが第一の理由です。そして次にあげられるのが、

「2年間の縛りがない!」

ネットのニュースでもよく見られるキャリア3社(docomo、au、SoftBank)の2年とか3年縛り問題。契約後2年とか3年の間に解約や他社にMNPしたら違約金と端末の残債が一括で請求されるとか、2年とか満了しても解約・他社へのMNPは定められたごく短い期間中に行わない限り、やはり違約金を請求されるなどです。
これが格安SIM・格安スマホのメーカーの場合は、だいたい電話番号を付けた場合でも最初の1年だけは途中解約の場合に違約金が請求されますが、それ以降はいつでも無料で解約できます。そしてぼくみたいに「データプラン」だけの契約だと、初月の解約以外は一切違約金がかからず、自由にあちこち移動できます。

我が家の家計への影響ですが、

以前は、auで契約していて、スマホ3台、ガラケー3台といった内容でした。これで平均で、だいたい毎月の支払いが30,000円~32,000円。これを両親のガラケー2台だけ残して(お年寄り向けプランで毎月基本料金1,000円程度の支払い。通話も殆しないので)あとはぜんぶ、OCNモバイルONEに移動。すると全部で7,000円~10,000円に収まるようになりました。

安い!縛りがない!を理由に、大手キャリアから誰でもが簡単に格安SIM・格安スマホに乗り換えができるほど、いろんなことが整備された状態ではありませんが、通話のないデータ通信のみの契約なら、月々数百円で契約できて一ヶ月後には違約金なしで解約できることからも、もしSIMフリー化できる端末が家で眠っているなら、一度遊びのつもりで、契約してみるのもアリだとおもいます。