ポケットマルシェで野菜販売02生産者登録をして販売できるようになるまでの手順

ポケットマルシェ ポケットマルシェ

野菜や魚、肉の生産者だけが販売できるインターネットショッピングモール「ポケットマルシェ」の過去記事

ポケットマルシェで野菜販売01 固定費0円!ヤマト運輸の送料が安い!

たくさんの方にアクセスいただき、2019年12月21日に最新情報で内容をアップデートしました。

誰もが気軽にインターネット販売ができる時代

でもデメリットが無いわけではありません。
最初に言っておきます。
ぼくが2004年頃に楽天市場に出店した時代と今は違います。あの頃は「出せば売れる」だったのですが、いまやネットに店だしてるのはごく当たり前。どのサイトを見ても「売りたい!」の広告だらけですし、ショッピングサイト自体の数がものすごく増えています。正直かんたんに売れません。じゃあどうすれば売れるのかは、今後順番に書いていきますので参考にしてください。

スマホアプリの「ポケットマルシェ」をダウンロード と手順

解説はAndroidの画面ですが、iPhoneでもほぼ同じですので参考にしながら進めてください。

ポケットマルシェ

ダウンロードしたら「開く」をタップ。

ポケットマルシェ

アプリが起動した最初の画面です。

出店の登録

アプリの最初のページを、一番下までスクロールします。

ポケットマルシェ

出品したい「生産者募集」のボタンがありますので、タップします。

ポケットマルシェ

生産者向けのページに飛びますので、よく読みながら下の方までスクロールしていきます。

ポケットマルシェ

「仮申し込み・お問い合わせはこちら」のボタンがありますので、これをタップします。

ポケットマルシェ

これが出店申し込みの最初の画面です。下にスクロールしながら必要事項を記入していきます。

ポケットマルシェ

最初にメールアドレス。この時の注意として、スマホキャリアのメールアドレス@ezweb.ne.jp、@docomo.ne.jp、@softbank.ne.jp等は使わないことです。これらキャリアメールは、相手にも届かない場合が非常に多いですし、また届いても相手からの返信が自分に届かないことも非常に多いです。ぼくの知り合いの農家さんが @docomo.ne.jp のメールアドレスを使っていたために、登録がものすごく遅くなってしまいました。

こういったことが起こらないためには、メールアドレスとしてはAndroidスマホを使っている人は「@gmail.com」を必ず持っているはずなので、それを使ってください。もしわからない場合はGmailアプリから、新規で「@gmail.com」のメールアドレを作成してください。iPhoneの人は「icloud.com」のメールアドレスが必ずあると思います。まはた「@gmail.com」でもOKです。

ポケットマルシェ

下にスクロールすると、次は自分の業種設定です。いちばんピッタリなのを選んで☑入れてください。上の写真からはみ出してしまって写っていませんが「その他」もあります。

ポケットマルシェ

「名前」と「電話番号」を記入します。電話番号は携帯電話の方が良いと思います。理由は生産者さんは、ずっと外に出てて家や事務所の電話に出ることが出来ない場合が非常に多いからです。

最後に「送信」ボタンをタップして、申込みは終了です。

実は、以前は最初から本申込みの形で、もっと細かい部分まで記入する様式でしたが、変更となり「仮申し込み」とすることで申し込みを簡単にしています。

以下に、以前あった「本申込み」の解説を残しておきます。現在は申込内容が変わっているかも知れませんので、参考ということでお願いいたします。


実際にアプリを使用する方にログインIDを発行します

pokema13
  • メインアカウント お名前
  • メインアカウント メールアドレス

この2つは、自分の名前とメールアドレス。
1つ前の画面と同じ名前とメールアドレスでOKです。

  • サブアカウント

サブアカウントは、一緒に経営する人の名前とメールアドレスを入れます。
4人まで入れることができますが、いない場合な無しのまま「次へ」をタップ。

販売したい品目を5品目まで記入してください。

pokema14

次に、販売したい品目の記入

  • たまねぎ
  • レタス
  • 白菜
  • お米
  • キャベツ  など・・・・・

いま予想できる範囲でOKです。
「来月にならないと出荷できない」や「入力後に品目や予定が変わった」も大丈夫なので入力してください。
一緒に
・販売開始時期
・販売終了時期 も指定します。

これもこの時期に絶対販売しないといけないというワケではないので、だいたいの予想でOKです。
あと、5品目全部埋めなくても、とりあえず2品目だけもOKですので、できたら「次へ」をタップ。

口座情報

pokema15

売上代金をポケットマルシェから振り込んでもらうための口座情報を入れます。通帳やキャッシャカード見ながら、間違いのないように。

登録には生産者(または法人)本人からのお申込みが必要です。

pokema16

ちょっとこれが、ややこしいかもしれません。
ぼくのお付き合いのある農家さんなんかは、ほんのちょっとでもFacebookやInstagaramやってるので、一番上の

自分のホームページやネットショップ、ブログ、SNS等・・・

ここのところにチェックいれます。

でも、います。ある程度の中高年の方の農家さんで、これまで農協オンリーの取引しかなくて、ネット上にもどこにも自分の農園の情報がない人が。いや、実際はこっちのほうが多いかもしれません。

できれば、友達の農家さんでFacebookしてる人にたのんで写真付きの紹介投稿をしてもらったり、この際なのでFacebookに登録して10個ぐらい投稿してみたりしてみてください。文章が面倒ならInstagaramで写真だけってのも気軽でいいと思います。

本人確認方法について(つづき)

pokema17

ポケットマルシェは、自身が生産者でないと登録できません。ぼくみたいに、いくら農家さんと仲良しでも、ぼくが登録して代行販売はできないことになっています。よって、自分が生産者ですとわかるネット上のURLを入力します。
できたら「次へ」をタップ。

本人確認方法について(つづき)

pokema18

本人確認のための書類として、自分がいちばん簡単だと思う項目にチェック。
まあ、普段の取引の納品書のコピーならすぐ出せると思います。選んで「次へ」をタップ。

同意項目について

pokema20

よく読んで、問題なければすべてにチェック。
「次へ」をタップ。

アンケート

pokema21

ポケットマルシェを知ったのはどこか?
選んでチェック、「次へ」をタップ。

紹介コードをお持ちの方へ

pokema22

紹介コードはなくていいです。
なければ空欄のまま、「送信」をタップ。

これで終わり

これで生産者としての出店登録はおわりです。

ネット販売は、「売る前に買ってみよ」とよく言われます。

生産者として登録したら、買う側のユーザー登録もして、お気に入りの商品を買ってみるとシステムがよく理解できるとおもいます。ぜひやってみてください。