カメラ遊び。ついにプリンターを導入!

プリンター カメラ遊び

今年の1月、まだ淡路島で生活していたとき、仕事に使うインクジェットプリンターを購入していました。家庭用のA4用紙までの印刷タイプの中では、上の方の機種です。

Canon PIXUS TS8230

Canon PIXUS TS8230

ほぼテキストの印刷しかしないのに、こんな写真用に近いのを買っていました。西宮市に帰ってきてからは、ずっと箱に入ったままだったのを、ついに開封!

Canon PIXUS TS8230

ほとんど使ってなかったので、ピカピカ。

Canon PIXUS TS8230

とりあえず鎮座。このあとパソコンにプリンタードライバーを入れて、Wi-Fi接続の設定をして、準備完了。いよいよ印刷に入ります。

「変な名前の写真家 森星象」と出会ったころ、ぼくはプリントが楽しくて楽しくて、仕事が終わったら夜中までプリンターと遊んでいました。結果、どういうことが起こったかと言いますと、インク代と紙代で、嫁さんにバレたら大変なことになるぐらい浪費。スッカラカンになる前に「これはマズい」と気がついて、通っていた写真の学校も自分から勝手に卒業。その後は写真とは無縁の生活を送っていました。

つい最近までは。

それが「 変な名前の写真家 森星象 」からの、あれこれお誘いがあって、気がついたら中古だけど一眼レフカメラを買っていた。そして今回、とうとうプリンターを設置して写真印刷やる気マンマン!ほんとはこのプリンター、セカンドストリートに持っていって売却するつもりでいたのですが、急展開となってしまいました。

ちょっと本気でプリントしてみる

Canon PIXUS TS8230

とりあえず一枚プリントしてみて、様子を伺います。普通ならこれで何の問題もないところなのですが、「ちょっとこの写真撮ったときの覚えてる色合いと違うなあ」なんて思いはじめたら止まらない!

Canon PIXUS TS8230

設定を変えてプリントして見比べてみる。どうも気に食わない。

そこで、Canonって会社は、海外のお客さんの方に手厚いという、むかし得た情報を思い出しました。

ネットでこのプリンターの品番「Canon PIXUS TS8230」を検索したら・・・・・ない。

でも他のCanon製品と共通で使えるソフトウェアがあるはずだと、探してたらそれらしいのを見つけました。

Canon

Canonプリンターで、染料インクタイプのモデルを探し出し、公開されているソフトウェアを片っ端からダウンロード。モデルはCanon PIXMA PRO100。日本だと「PIXUS」なのが海外だと「PIXMA」に変わります。理由は知りませんが、ぼくも昔はCanonのPROシリーズプリンター使っていたので、海外のサイトからPIXMAの部分だけが違う品番同じのICCプロファイルをダウンロードして使っていました。

ICCプロファイルとは、簡単に言うとプリンターと印刷する紙の相性を適正にするソフトウェアのことで、これをバッチリ合せてプリントすると、まあいえばキレイに仕上がるということです。

ぼくも最初はこのマッチングをバッチリ合せてプリントして喜んでいたのですが、だんだん変な方向に向かい、実際に使う紙に対して全く違う紙の情報で無理矢理プリントしたときにその面白さと深さにハマってしまいました。これが結果として、スッカラカンになる一歩手前まで行ってしまうことになりました。

ところでこのサイト、ドメインが「.cy」って、キプロス。

いやいや、キプロスってどこ?

キプロス
Κύπρος

地中海に浮かぶ島国でした。すごい!

ダウンロードしたソフトウェアを、開いてはアンインストールを繰り返して、使えるのを見つけました。

Canon My Image Garden

Canon My Image Garden。
写真を閲覧
 ↓
プリントする写真の選択
 ↓
印刷前の色などの調整
 ↓
印刷
とまあ、こんな流れを辿るソフトウェアです。
これ日本語表示できるので、たぶん日本のサイトからもダウンロードできると思うのですが、ぼくのCanon PIXUS TS8230のソフトウェア一覧にはなかった。

Canon Easy-Photo Printer

プリンターの品番で日本のキヤノンのサイトからダウンロードできるのはこれ。Canon Easy-Photo Printer。見た目がカワイイ。使う目的はCanon My Image Gardenと似たような感じです。どちらも印刷までの流れをソフトウェアの中で全部やってしまおうというものです。

ですが、仕上がった写真が違う。同じメーカの作ったソフトウェア。同じ写真を印刷したら、色や雰囲気がだいぶ異なる。

結果として

夕方、仕事が終わってから深夜まで、プリンターと遊んでしまいました。使うソフトウェアとしては、海外でダウンロードしたCanon My Image Gardenのほうが、使い勝手とか調整がやりやすい。そして仕上がりの感じもイメージに近かったです。
ただICCプロファイルについては、今回は細かくは未設定。それでも10年前とは大違いで紙の選択と、印刷品位の設定だけでまずまずの仕上がりが得られました。10年前と比べること自体が間違ってますが。。。