冷え性、激辛食で治す!「麺創研 紅監修濃厚辛味噌ラーメン 紅」甘く見てたら大変なことになった!

激辛カップ麺 冷え性

有名ラーメン店、府中市の麺創建紅の監修による、激辛カップ麺。
発売元が「サンヨー食品」ということで、あまり聞かないなあと思って調べてみたら、「サッポロ一番」とか「Cup Star」とか出してる大メーカーさんでした。

サンヨー食品Webサイト

さて、もっとも近所のコンビニであるファミリーマートの激辛カップ麺もそろそろ制覇が近づいてきました。
ということで、今日はドンキホーテまで出張視察してきたところ、あるわ!あるわ!見たことも、聞いたこともないメーカーの商品も山ほどあってワクワク!とりあえずは、数種類だけ購入しましたので、順次「味」だけでなく「冷え性」に効果があったかどうかも書きます。

麺創研 紅監修濃厚辛味噌ラーメン 紅

漢字ばかりの長い名称。
パッケージからは、かなりの辛さが想像されます。ですが、これまで食してきた感じだと、コンビニ商品ということで、あんまり無茶な辛さはありませんでした。なんせ「CoCo壱番屋」カレーの辛さ「普通」でしか食べられないぼくが、今のところ「無理!」ってのは一品もありませんでした。

麺創研 紅監修濃厚辛味噌ラーメン 紅

真っ赤で大きく書かれた「紅」という名前が、激辛を想像させます。

麺創研 紅監修濃厚辛味噌ラーメン 紅

原材料。
油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、粉末卵)、スープ(みそ、砂糖、豚脂、食塩、香辛料、植物油脂、ポークエキス、油脂加工品、チキンエキス、米粉、酵母エキス、香味食用油、デキストリン、発酵調味料)、かやく(キャベツ、鶏・豚味付肉そぼろ、唐辛子)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸カルシウム、香辛料抽出物、増粘剤(キサンタン)、かんすい、レシチン、香料、微粒二酸化ケイ素、パプリカ色素、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

含まれるアレルギー物質は
小麦、卵、乳製分、ごま、大豆、鶏肉、豚肉。

栄養成分、一食あたり
熱量 459キロカロリー
食塩相当量(めん・かやく) 1.9g、食塩相当量(スープ) 4.1g、(全体) 6.0g

原材料はよくわかりませんが、この手の食品はだいたい似ているような気がします。

カロリー459キロカロリーは、やや多めですが、辛味の燃焼効果が期待できるので、実際はもっと少ないかも知れません。
ですが、もっとも気になるのは食塩相当量。全体で6グラムはアウト!なので、スープまでも完食するのは、血圧が気になる人は避けたほうが懸命かと思います。

麺創研 紅監修濃厚辛味噌ラーメン 紅

麺総研紅のお店では、3段階の辛さがあるらしく、このカップ麺は真ん中のレベル。最高レベルの「鬼紅」が気になるところです。辛すぎて市販化は無理だったのかも知れません。気になる・・・

麺創研 紅監修濃厚辛味噌ラーメン 紅

激辛カップ麺お決まりの、あと入れの調味料。だいたいラー油っぽいのが付いています。

麺創研 紅監修濃厚辛味噌ラーメン 紅

フタを開けたところ。
なんかスゴイ粉末調味料。量も今までの中でも多めです。期待させます!

麺創研 紅監修濃厚辛味噌ラーメン 紅

太麺タイプなので、熱湯入れて待ち時間は5分。長いのは気にならないです。なんせあの「どん兵衛」も10分待ってから食べる派ですから。

麺創研 紅監修濃厚辛味噌ラーメン 紅

出来ました。あと入れ調味料も入った状態です。ニオイは、そんなに刺激はありません。けっこう太めの麺がワクワクさせます。反面、肉系のかやくが、かなり小さめ。個人的にはカップヌードルぐらいのゴロッとしてたほうが好みです。

麺創研 紅監修濃厚辛味噌ラーメン 紅

太めの麺が、けっこう歯ごたえあって美味しい。激辛感もなかなかの刺激。いつものように頭から汗をかきはじめて、今回は顔全体が熱を持ちました。とにかく熱かった!
でも、やっぱりコンビニ商品ということで、危険を感じるような辛さではありません。やっぱりお店で食べてみたいです。

と思っていたら・・・・・
夜になっても、舌がヒリヒリする。くちびるもです。これは初めての体験です。常温のお茶を飲み続けていますが、治まる気配はありません。

麺創研 紅監修濃厚辛味噌ラーメン 紅、ちょっと危険な激辛でした。