マッサージもいろいろだけど、結局安くないと頻繁に行けない

マッサージ 肩コリ
安くないとマッサージも気安く行けない
Photo by Toa Heftiba on Unsplash

マッサージ。
大きく2つに分かれると思います。

  • 健康保険が使える、一部自己負担
  • 健康保険が使えない、全額自己負担

この2つ、何が違う?

支払金額がまったく違います。

健康保険が使えるなら、施術料金は標準だと数百円。
高齢者なら、200円とか300円で済む場合もあります。
とにかく安い。これなら毎日でも行ける。

ところが、健康保険が使えないとなると
1回の施術料は、3000円ぐらいから。。。。。
施術時間にもよりますが、けっこう天井は高くて
1時間で6000円というお店が多いようです。
特に何か売りがあって他にない効果絶大を謳う内容になってると、数万円なんてコースもありますが、さすがにこれは一度も行ったことがないです。

施術時間がまったく違います。

健康保険が使えるお店は、まず最初に軽い問診のあと、だいたい電気をあてます。肩こりなら肩、腰痛なら腰にあてる。効いてるのかどうかわからないけど、とにかく電気から始まる。電気で体がピクピクなるのですが、けっこう優しい刺激で寝てしまうこともあります。
それが20分とかあって、そのあと整体師による整体というかマッサージがはじまりますが、このマッサージの時間が健康保険が使える店は、短いのです。
短いと10分少々だったこともありますが、反対に他に患者さんいなくて、先生との会話がはずんで1時間近くしてもらったこともあるけど、これは特例中の特例です。

それが健康保険が使えない店はどうかと言うと、施術を受ける前にその時間を打ち合わせして決めます。ぼくはだいたい60分でした。なので始まると同時にタイマーが始動し、終わりになるとベルがなる。この瞬間が毎回名残惜しい。
もっとしてもらいたい。
何もかも忘れて、このまま眠りたい気分になります。
これが料金が高くても、ついつい行ってしまう原因です。

結論として

これは「お財布との相談」です。
たぶん、だれだって長時間の施術を受けたい。でもその場合は健康保険が使えないので、1回数千円の料金が必要。月に2~3度も行けば、ざっと6000円~20000円ぐらいは必要です。
なかなか、ここまでのお小遣いを投入するのは厳しいところです。

これが健康保険が使えるとなると、けっこう頻繁に行っても、料金は月数千円ですみます。でもちょっと満足度が低いのと、ぼくが経験した中では、自治体によっては子供の医療費が無料になってるところがあって、夕方に行くと子供だらけってことが何度もありました。先生が子供に優しく「どこが痛いの?」って聞くと「なんとなく足」って答えて、「なんで、どうしたん?」って聞くと「別になんにも」と答えるのが定番でした。
無料は良いけど、待ち時間が長かったり施術時間が短いなどの難点もあります。