健康を気にする人のカップ麺。「日清 麺職人 鯛だし にゅうめん」118円。

日清 麺職人 鯛だし にゅうめん 食品

「食は健康に通じる」なんてことは百も承知。誰だってそうしたいけど、そうはいかないのが世の常で、ぼくだって毎日の食事なんて酷いもんです。

とくに淡路島を離れて都会で生活するようになると、欲しい物がすぐ近くで手に入ってしまうため、栄養とか成分とか気にはしてても、口に入る時は全く理想とは違ってしまっています。

カップ麺のにゅうめん

今回、日清さんが「にゅうめん」を商品化してくれたことは感動モノです。なぜなら、ぼくの南あわじ市での仕事しての一つが「素麺」だったからです。「素麺」は夏のイメージがあって、夏の冷たい「そうめん」はイメージできる人は多いですが、冬の温かい「にゅうめん」となると、認知度はかなり低く、こういうお大手企業さんの取り組みで、冬の素麺が広まれば良いなああと個人的に思っています。

外観チェック!

ではいつものように、外観から見ていきます。

「日清 麺職人 鯛だし にゅうめん」

サッパリ、清々しいデザイン。

「日清 麺職人 鯛だし にゅうめん」

フタ部分のデザインで気を引くのは、「全粒粉」「ごちそうノンフライ麺」の文字。健康志向を全面におしだしています。

「日清 麺職人 鯛だし にゅうめん」

側面です。ここも”ゆるい”感じのデザイン。よくある個性を押し付けるデザインは全くありません。

「日清 麺職人 鯛だし にゅうめん」

いつも気にしてる「食塩相当量」は、めん・かやくで1.6g、スープが3.6gで合計5.2gです。これは可能な限りスープは捨てましょう。完食すると1日の塩分摂取量がリミットまで行ってしまいます。そして熱量は243キロカロリーということで、やや少なめです。

「日清 麺職人 鯛だし にゅうめん」

アレルゲン表示。小麦、卵、乳成分、豚肉、大豆となっています。気をつけてください。

「日清 麺職人 鯛だし にゅうめん」

原材料名の表示。まあこの手の食品は、どれもいっぱい入っています。特徴としては「鯛調味料」「ゆず皮」「ゆず果汁粉末」というあたり。これが味の決め手になっているようです。

「日清 麺職人 鯛だし にゅうめん」

フタを開けたら、「粉末スープ」と「かやく」を取り出します。「かやく」の中に見える黄色いのが「ゆず」っぽいです。

「日清 麺職人 鯛だし にゅうめん」

ノンフライ麺。ラーメンに比べてかなり細い麺です。ぼくが見てきた素麺は、細くて真っ直ぐな麺だったので、ちょっとこれは驚き。どんな風に仕上がるのか楽しみです。

「日清 麺職人 鯛だし にゅうめん」

「粉末スープ」と「かやく」を投入。この時点で「ゆず」の爽やかな香りが広がります。けっこうハッキリとした香りなので、「ゆず」の苦手な人にはダメかも知れません。ぼくは大好きなので歓迎します。

乾燥天恵菇

今回はここで、追加トッピングしました。これは前回の徳島の天恵菇農家さんで分けてもらってきた、「天恵菇のスライスを乾燥させたもの」です。パリパリに乾燥していますが、水分を含むとモッチリして噛むとアワビのような食感。そしてキノコの味と香りはしっかりしています。

前から入れてみたかった。

「日清 麺職人 鯛だし にゅうめん」いただきます!

「日清 麺職人 鯛だし にゅうめん」天恵菇

「にゅめん」かわいすぎ!

ゆずの香りがすごいです。鯛だしも効いています。天恵菇の味もしっかり染み出して、アワビ風の食感も最高で、皆さんにも試してもらいたいぐらいです。

ただ、にゅうめんが・・・・・

ここまでパンチがないのはどうなんだろうか?麺にはまったくコシがありません。これはぼくが過去記事でも紹介してる森崎製麺所の抜群の手延素麺を知っているから余計にそう思えるのかも知れません。

ですが、敢えてここは言いたい!

これでは「にゅうめん」食べたい市場は広がらないと思います。全粒粉入り+ノンフライ麺で、健康志向に気を使っているのはわかります。カロリーだって243キロカロリーと控えめだから、だしを飲まずに上手くあと一品と組み合わせば、一食500キロカロリー以内に抑えることも可能です。

でも、もうちょっと、もうちょっと、工夫して、「また食べたい!」味に仕上がったら最高なんですが、日清食品さんいかがでしょうか。

でも感謝したいこともあります。それは素麺がインスタント麺になったということです。細くて真っ直ぐなイメージしかない素麺に対して新しい試みです。これは嬉しいです。素麺業界も「生」素麺とか、小麦に他の食材を混ぜた素麺を作っていますが、これもイノベーションではなくて、アイテムの追加というレベルです。

いま麺業界は、乾麺とか生麺は苦戦して、市場はどんどんインスタントやカップ麺がシェアを広げています。気軽さは大事です。ぼくもめちゃくちゃインスタント食品が大好きで、頻繁に食べています。でもたまには本当の職人さんが作った素麺も無性に食べたくなります。

日清食品さん、もっと良いのを作ってくださ。ぜったいに食べますから!

なんて、ぼくひとりが叫んだところで、どうにもならないとは思いますが(笑)