iPadで読書。Kindle で買った本を徹底的に自分の知識にする方法

Kindle+GoodNotes5、確実に読書の理解度がアップする方法 タブレット用

「せっかく電子書籍(Kindle)で買ったんだから、もっと自分の知識として蓄えたい!」、線を引くだけじゃなく、読み返したい場所がサッと探せて、繰り返し学べる方法を解説します。

「あの部分って、どこに書いてあったっけ?」

この不便とサヨナラする方法です。

Kindleをスクリーンショット

Kindle を起動し
読みたい本の
「ココは大事、また読みたい」
そう思うページを開きます。

Kindle スクリーンショット

スクリーンショットで
「写真に保存」をタップします。
同じように他にも
お気に入りのページがあれば
どんどん保存していきます。

写真 と ファイル で ページを管理する

スクリーンショットが撮れたら
保管されている
・Apple純正「写真」アプリと
・Apple純正「ファイル」アプリ
この両方を
スプリットビューで立ち上げます。

写真とフォルダ、スプリットビュー

右側の「フォルダ」の
赤い○印のあたりを長押しして
「新規フォルダ」をタップ。

フォルダ、新規フォルダ作成

スクリーンショットした本の
タイトルをフォルダ名にしました。

階層的には
「このiPad内」
 →「BOOKS」
   →「ドラッカー全教え」 
このようにしています。

次に、
この「ドラッカー全教え」の
フォルダ内に
スクリーンショットした
ページの写真を入れます。

写真をコピーしてフォルダに貼り付け保存

フォルダに入れたい写真を指定して
指先で隣のフォルダに
持っていくだけでできます。

次は「フォルダ」アプリの作業になります。

フォルダ、ファイルの選択

次に、右上の「選択」をタップして
全部のファイルを選択します。

選択したファイルのPDF作成

右下の「その他」にある
「PDFを作成」をタップ

すると、

フォルダ内ファイルをPDF変換

5枚のスクリーンショットが
1つのPDFファイルになりました。

Goodnotes5 に読み込んで編集

上の画像の
赤い枠のファイルを長押しして
「共有」→「GoodNotes」を選択、

PDFをGoodNotes5で開く

GoodNotes5で開くと
蛍光や赤いラインを
自由に引くことができます。

これで簡単に必要な場所を
繰り返し読むことができます。

GoodNotes5ならフォルダ分けができて
例えば
「Books」
  →「ドラッカー」の中に
今回のファイルを収納しておけば
直ぐに探し出すことができます。

最高に使いやすいのでオススメの方法なのですが、ひとつ残念なのは「GoodNotes5」は有料アプリということです。980円の買い切りアプリなので、毎月課金ではないので気持ち的には楽なのですが、このアプリを買うと、Apple Pencil も必要になり、出費が重なります。

そこで無料のアプリで、
なんとか使えそうなのを
試してみましたので、
下に紹介します。

無料のアプリ「OneNote」

Microsoftの無料ノートアプリ
「OneNote」を使います。

先ほど「GoodNotes5」で読み込んだ
PDFファイルを
「OneNote」で読み込むと

PDFをOneNoteに読み込む

アイコンだけの表示になってしまいます。
プレビュー機能はあるのですが
ラインを引いたり出来ません。

そこで
PDFではなく、画像のまま貼り付けます。

OneNote 画像貼り付け

スクリーンショットした写真を
選択して
OneNoteに「共有」します。

OneNote 画像への書き込み

すると、書き込み可能な状態で
貼り付けられます。
しかし、どういうわけか
画像の読み込みが遅い、
ラインを引こうとしたら
1テンポ以上表示が遅れるなど、
かなり使い心地が悪いのです。
これは、ぼくの使っているiPadが
最新モデルでは無いため
スペック不足なのかの知れませんが
正確な原因は不明です。

かなりイマイチ、
使えなくはないですが
オススメしません。

無料アプリ Apple純正「メモ」

Apple純正 メモ

OneNoteに比べると、
はるかにサクサク動作します。
自動で直線を引くことは出来ないのですが
定規機能で、真っ直ぐ引くことができます。

「メモ」もフォルダ分け整理ができるので
読み返したいときにも
直ぐに探しすことができるので、
繰り返し学習に向いてて
じゅうぶんオススメできるアプリです。

まとめ

読書じたいは好きで、一時は紙の本を買って年間100冊以上読んでいました。今は完全に電子書籍(Kindle)に移行して、Kindleでラインを気になる所に引きながら読んでいます。

紙の本も電子書籍も、読んだらそれが知識となって、仕事や生活に役立つことが本来の姿のはずですが、読んでるときは「おー!すごい!」とか「これは使える!」とか感動してても、時間とともに殆ど忘れてしまっていました。でも、一度や二度読んだからといって、本の内容を理解できる人は滅多にいないと思うのです。

結論として、やはり繰り返し何度も読み返すことが必要のように思います。それには、今回紹介したような電子書籍をノートアプリで整理して、いつでも直ぐに読めるようにしておくことは、1つの方法として非常に有効であると思います。