写真の切り抜き第6弾!Windows標準「ペイント3D」で、誰でも簡単に切り抜き。

無料アプリ、ペイント3Dで写真切り抜き PC用

老眼でも肩コリでも「写真の切り抜き」シリーズ。「パソコンにExcel入ってない!でも写真の切り抜きをしないといけない!」そんな人でも大丈夫。Windowsのパソコンに標準で付いてくる「ペイント3D」で切り抜く方法を解説します。

「切り抜き」シリーズ、予想外に人気で、今回で6回目となります。

ペイント3D

余程のことが無い限り
Windows10のパソコンを使っていれば
「ペイント3D」は入っています。
標準装備アプリなので
もちろん無料です。

ペイント3D

1.ペイント3D 写真の取り込み

左下の
Windowsのスタートボタンから
ペイント3Dがありますので
クリックして起動します。

ペイント3D 開く

「開く」から
切り抜く写真を取り込みます。

2.ペイント3D 写真の切り抜き

ペイント3D マジック選択

写真が取り込めたら
「マジック選択」をクリック。

ペイント3D マジック選択

写真に丸い点が表示されますので
切り取るギリギリをまで
範囲を縮めます。
だいたい決まったら
画面右にある「次へ」をクリック。

ペイント3D 切り抜き 手動

これだけで
髪の毛以外の部分は
ほぼ上手く切り抜き出来ています。

ただやはり髪の毛の部分・・・
これはかなり甘いです。

これをもう少し追い込んでいきます。

ペイント3D 切り抜き微調整

画面右の
「追加」「削除」のボタンを
繰り返し、切り替えながら
手動で行います。

「1」のスライドで
表示を大きくさせると
作業がやりやすいです。

今回は、「削除」を使って
「2」の部分を指定しました。

細かなことはできませんが、
マウスで消したい部分を
少しだけ線を引くように
行えばできます。

出来上がったら
「3」の完了をクリックします。

3.ペイント3D 写真の合成

ペイント3D 切り抜きをコピー

これで切り抜きができた状態です。

次に切り抜いた女性の部分を
他の写真に重ねて使いますので、
切り抜き範囲を指定した状態で
矢印の「コピー」ボタンをクリック。

ペイント3D 開く 保存

切り抜き部分を「コピー」したら
右上の「開く」をクリック。
すると、
切り抜いた作業を保存しますか?
と聞いてくるので、
ここは念のため「保存」。
不要なら、
後で削除したほうが無難です。

あとは、背景になる写真を選択して
取り込みます。

ペイント3D 貼り付け

取り込んだら、
「貼り付け」をクリック。

ペイント3D 写真合成

女性の大きさと位置を調整。
決まったら「トリミング」をクリック。

ペイント3D トリミング

「1」の完了をクリックして
「2」のメニューをクリック。

ペイント3D 保存

「保存」をクリックで完了です。

ペイント3D 切り抜き精度の比較

ペイント3D 写真合成出来上がり
ペイント3D

わりと良い精度で仕上がりました。
前回のExcelでの切り抜きと比べると

Excel 画像合成 完成
Excel

段違いに良い仕上がりです。
Excelはガタガタすぎて
これ以上、女性を大きくできませんでした。

ついでに
いつものサラダの写真を合成。

ペイント3D サラダ写真合成
ペイント3D

かなり大ざっぱ。
お皿の縁がガタガタです。
120円アプリの「写真合成PhotoLayers」と比べると、

写真合成PhotoLayers 完成
写真合成PhotoLayers

「写真合成PhotoLayers」の圧勝です。

でも、
・PCでサクッと作りたい場合
・細かいとこまで気にしない場合
「ペイント3D」も
じゅうぶん役に立つレベルで
仕上がってると思います。