写真の切り抜き第3弾!「Affinity Photo」で女性の髪の毛を切り抜いてみた

Affinity Photoで女性の髪の毛を完璧に切り抜く タブレット用

一眼カメラの現像用に買ってたiPad用アプリ「Affinity Photo」。スマホでしか撮らない日々のため、1,200円の有料アプリがお蔵入り状態でした。それが今回、写真の切り抜き機能が超優秀ということで久々に使ってみましたので、感想を含めて解説します。

前回の記事
写真の切り抜き第2弾!「写真合成PhotoLayers」は、老眼でも使いやすい!

この「写真合成PhotoLayers」との比較もしてみたいと思います。
アプリの価格だと、
120円 VS 1200円 デス。

Affinity Photo

Affinity Photo

App Store からの
ダウンロード購入なのですが、
価格が
安い時と高い時があります。
購入したときは、1,220円でしたが
日によって2,440円だったりします。
けっこう差があります。

1.Affinity Photo で写真切り抜き 老眼だけどガンバル!

写真の切り抜きは
老眼にとってはキツイ作業です。
RAW現像でさえ
最近は、殆どやらなくなりました。

さて、どうなるか?

Affinity Photo ツールバー

起動して
写真を取り込むと

とにかくツールが多い!

左右と上、
ツールだらけです。
これらを駆使して
写真をこれから切り抜きますが
先が思いやられます。

あと、
今回は、いつものような
細かい作業工程の写真解説は
しません・・・
工程が複雑かつ多すぎて
ブログ向きではないため、
近いうちに動画にします。

とか言ってますが、
動画、どうやって撮って
どうやって編集するの?

まあ、そんなことは
ゆっくり考えるとして
写真切り抜きを始めます。

Affinity Photo 写真切り抜きツール

「1」で、ツールバーの機能が切り替わります。
そうです、
この画像から見えていない機能が
まだまだたくさんあるのです!

「2」で、大きくザックリ
「3」で、Apple Pencil で細かく
「4」で、髪の毛を
それぞれ切り抜いていきます。

このお皿に乗った
ホットケーキを切り抜くのに
約30分かかりました。
なかなか大変です。

これを他の写真に重ねて合成、

Affinity Photo 写真の合成
Affinity Photo

ちょっと浮いた感じが
しないでもないですが、
知らずに見れば・・・・・
まあまあの出来栄え。

これを昨日の
「写真合成PhotoLayers」と比較すると

写真合成PhotoLayers
写真合成PhotoLayers

こちらも背景に馴染んでないので
浮いてる感あります。
ただ、作業時間は
圧倒的に
「写真合成PhotoLayers」が短いです。

では次の写真、

Affinity Photo 写真合成
Affinity Photo

真ん中のサラダを
別の写真から切り抜いて
合成しています。

写真合成PhotoLayers 完成
写真合成PhotoLayers

これは「写真合成PhotoLayers」で
切る抜き合成しています。

切り抜きの精度そのものは
ぼくが使う範囲だと
そう大差ないと思いますが、
より細かい作業をやりたい場合は
Affinity Photoのほうが
ツールが充実してるので向いています。

最後にもう1枚。

Affinity Photo ロン毛の女性切り抜き合成
Affinity Photo

切り抜きで、
もっとも面倒な
髪の毛部分の切り抜き。

女性を別の写真から
切り抜いて持ってきて
背景の写真と合成しています。

正直言って
初めてやりました。
そのわりには
まあまあの仕上がりだと思います。

まとめ

Affinity Photo、
慣れれば、素早く品質の高い切り抜きが可能だと思います。

ただ・・・・・

Apple Pencil は絶対にあった方が良いです。

そして、

老眼だと眼が辛い!
肩が首がこる!
30分も続けてやったら
吐き気がします!

そのぐらい「切り抜き」作業は
体に負担があります。
もちろん個人差がありますから
なんともない人なら
反対に作業が楽しくて仕方ない
人もいると思います。

とにかく、
今回はブログにしてやろうと
3時間「切り抜き」作業を
続けたのですが、

結果、
頭痛薬を飲みました。
あと、できれば今夜は
マッサージに行きたいです。