無料アプリ「Focos」で、一眼カメラのボケ味を堪能する。

iPhone、iPad無料アプリFocosで一眼カメラのボケを堪能する スマホ用

スマホカメラで、一眼カメラで撮った写真のような「ボケ」を表現するのが流行っています。でも最新のスマホじゃないと出来ないのか?そんなことはありません。今回紹介する「Focos」というアプリを使えば、誰でも自然でカッコいい「ボケ」写真を楽しむことができます。

Focus のダウンロード

Focos

iPhone用
iPad用
それぞれダウンロードします。

Android用にも
同じ名前のアプリがあって
インストールしてみたのですが、
何かぜんぜん違う感じがしたので
アンインストールしました。

Focos 起動から使い方

インストールできたら
アイコンをタップして起動。

最初に
iPhone、iPadのカメラが起動します。

1.写真を撮るか、選ぶか

起動直後は
下のように
カメラが起動した状態です。

Focos カメラ起動

「1」このまま写真を撮る場合
「2」既にカメラロールにある写真を使用する場合
それぞれタップします。
Focosで「ボケ」を与える
写真が決まったら編集画面に入ります。

2.Focos で「ボケ」調整

iPadで撮った写真がコレ ↓

Focos iPad撮影写真

これが
Focos に取り込むだけで

Focos 写真取り込んだ直後

すでに背景が「ボケ」てます。
けっこうわざとらしくなくて
好感が持てる「ボケ」具合。

画面右の調整項目
「レンズ口径サイズ」が
f4.0 となっています。
カメラ好きにはたまらない表示です。

3.Focos 「ボケ」量の調整

f4.0 のところの数字を
スライドバーを動かして
変えていきます。

Focos  f1.4

スライドバーを
いちばん右までもっていき
f1.4 にしました。
最も「ボケ」た状態です。

Focos  f2.8

次は、
ぼくも実際の撮影でよく使う
f2.8 にしました。
f1.4 に比べて背景がはっきりしています。

focos  f20.0

さいごに
スライドバーを
いちばん左にもっていきました。
f20.0 です。

最初のiPadで撮ったままの写真と
ほぼ同じです。

4.世界の有名レンズの「ボケ」を表現

Focos レンズ選択

レンズ選択画面では
有名レンズの「ボケ」が楽しめる・・・

この一覧に
実際に使ったことのあるレンズなんて
1本もないために
なんとも評価ができません。
試しに1本ずつタップして
「ボケ」具合を確認したら
確かにそれぞれ違った表現になります。

また、ほとんどのレンズに
無料バージョンだと
鍵がかかってて
画面上での変化は楽しめますが
書き出しができないようです。

ですが、それぞれの
表現の差が小さいので
ぼーっとしていると
「変わった?」となります。

5.「ボケ」のカスタム調整

Focos  ボケ カスタム調整

レンズ一覧の下に
カスタム調整の一覧があります。

いろいろと
いじくり回してみたのですが
変わる、たしかに変わります。
でもやっぱり
いじくってて楽しくなるほどの
変化はないのです。

結論として
このアプリは
写真を取り込んだあとで
「レンズ口径サイズ」で
「ボケ」具合を
調整するだけに使おう・・・
そう思ったのであります。

疑問が・・・

課金するほどでもないか・・・
そう思ったのですが
このアプリの評価を見ると
かなり良い。
レビューも好評。

今どきのことだから
レビューなんて
ヤラセも多いかも知れません。

そこで
有料と無料
何が違うのか調べてみた。

Focos  サブスク料金

まず料金なんですが
1ヶ月 150円
1年 980円
買取 1600円

無料版とプロ版の比較ページもあるのですが
「サブスクリプションは一切自動更新されません」
この一文を信じて
150円課金!

Focos  リングライト

光源の調整で
「リングライト」を
やや赤みがかった色にして
赤い◎の部分に当ててみました。

Focus リングライト 移動

光を当てる部分の
赤い◎を移動させると
光の当たり具合も変わります。
これは面白い!

Focos 写真できあがり

あれこれ触った結果としては
Focos は
純粋に「ボケ」を楽しむために
使うのが良さそうです。

細かい調整を
Photoshop Fix や
Photoshop Express で行ったあと、
Focosで「ボケ」を加えるという使い方が
良い結果が得やすいようです。