こだわりの写真現像、無料アプリAdobe Lightroom。久しぶりに使ったら、やたら進化してた。

iPad版Adobe Lightroom、写真現像をチマチマやる人にお勧め スマホ用

写真は一眼カメラ、そしてRAWで記録する人にとって、標準アプリと言えるのが「Adobe Lightroom」。昔はPC用ソフトとしてだけ販売されていたのが、iPad版が登場して久しぶりに使ってみたら、すごく使いやすくなってたので、今回取り上げることにしました。

最近記事にした Adobe アプリ群

このところ連続で
Adobe のアプリを記事にしました。
と言いますのは、
暫くぶりに使ってみたら
どれもかなり使える状態に
進化してて、
下手な有料アプリを
無料なのに超えてしまってたからです。

Adobe Compで、デザインも文字入れもプロ並みの仕上がり

このカメラすごい!Photoshop Camera を使おう

Photoshop Fix があれば、本家Photoshop は要らない

Adobe Spark Post で、飲食店向けのフライヤーを作る

Adobe Spark Page で素人が簡単にWebページ作成

一定の使い方を超える使い方をすると
サブスクリプションという
毎月課金になってしまいますが、
上の記事は全て無料の範囲で
できることを解説しました。

Adobe Lightroom

Adobe Lightroom

iPad版
iPhone版
Android版
そして
PC版がそれぞれ存在します。

ここではiPad版の
画面を使って解説しますが
iPhone版、Android版ともに
あまり差はないので
参考になると思います。

あと、Lightroom自体が
こだわった現像を目指しているため、
できれば作業領域の広い
iPad版、
そして有料になりますが
PC版での使用のほうが
作業効率は高くなります。

Adobe Lightroom 起動から使い方

アプリのインストールが出来たら
起動します。

いつものことですが
Adobe ID を求められる場合があります。
ID とパスワードを入力して
先ずはアプリ自体にログインします。

Adobe ID の作成と登録については ↓
Adobe ID 登録して、Photoshop Camera を使おう

1.現像する写真を取り込む

先ず
現像する写真を
Adobe Lightroomに取り込みます。

Adobe Lightroom 写真取り込み

上が起動後の画面。
初めて使った場合は、
ここに写真が何もありません。
よって
Adobe Lightroomで現像するために
写真を取り込む必要があります。

右下のボタンをタップします。

Adobe Lightroom 写真の取り込み

「すべての写真に写真を追加」とあり、
ここでは「カメラロールから」をタップ。
他の写真保存場所を指定する場合は
その場所を選びます。

Adobe Lightroom すべての写真に写真を追加

赤い枠で囲った写真を
カメラロールから取り込みました。

この作業のことを
Adobe Lightroomでは
「すべての写真に写真を追加」と言います。
かなりわかりにくい表現。。。

2.Adobe Lightroom 写真現像の準備

一度に現像できる写真は
基本1枚です。

上の
「すべての写真」一覧から
現像したい写真をタップすれば
作業画面に移ります。

Adobe Lightroom 写真現像開始

今回は
この写真を現像していきます。

カメラはいつもの
Galaxy S10+ 、スマホです。

なので
RAWではなく
Jpeg 画像の現像です。

RAWで記録した写真のほうが
Jpegよりも、
調整できる幅が
はるかに広いのですが、
このブログが
初心者向けに書いてるので
Jpegで解説します。

それでも
「Jpegでもココまでできる!」
ことが証明されるはずです。

3.Adobe Lightroom 手動で「明るさ」調整

Adobe Lightroom 手動現像 明るさ

右上の手動現像のボタンをタップして
「ライト」を開くと
調整項目が表示されます。

ここでは
元画像よりも、明るく
白い皿が、より白くなるように
調整してみました。

4.Adobe Lightroom 手動で「カラー」調整

Adobe Lightroom 手動でカラー調整

次は「カラー」を開きます。
調整項目が表示されますので
ここでは、
より美味しく見えるように
「色温度」を、やや赤い方向に調整しました。
そして「自然な彩度」を
少しだけ鮮やか方向に調整しました。

5.Adobe Lightroom 写真を自動で現像

先程は
写真現像を手動で行いましたが
次は自動モードで行います。
手動で行った調整を
一旦すべて
最初の状態に戻しました。

Adobe Lightroom 自動調整

右のツールから
自動調整のボタンをタップして
「カラー」の中から「輝き」を選びました。

Adobe Lightroom 自動 輝き

ですが、
イマイチ調整しきれていない。
このあとに追加で
調整する必要が生じているので
仕方なく、
手動画面に入って
この続きを調整しました。

Adobe Lightroom 手動で追加調整

これが出来上がり。
自動モードだけの現像は
イマイチなので、
自動である程度の現像をした後、
不足部分を手動モードで補うのが
使い方としては良さそうです。

有料プランは必要か?

正直、
ぼくみたいに
写真を作品として仕上げたり
大きな高級紙に印刷することが無いのなら
無料のままでも
そんなに不自由はないと思います。

有料化すると
・要らない物を写真から消す
・建物などの歪みを補正する
・多くのカメラのRAWデータに対応
・一度にたくさんの写真を現像する
・100GBのバックアップ
こんなことができます。

ですが

Adobe Lightroom 有料プラン

毎月 550円 となります。

まとめ

使用感としては
直感的に使えますし
写真に出る効果も
確認しやすいです。

要らない物を消したい場合は
同じ Adobe の Photoshop Fix
「修復」機能でも出来ますし、
他社アプリなら
Pixelmator Photo(現在は610円)でも可能です。

結論として
Adobe Lightroom がどんな人に向いているか?

それは
チマチマと
写真の明るさやカラーを
調整したい人向けです。

そう、ぼくには向いているのです。

ですが、
ボタン一発で
インスタ映えするような
写真を作りたい人には向いてません。
そういう人は
前にも紹介した
Photoshop Camera
・Photoshop Express
これらのほうが
ストレス無く使えると思います。