iOS 無料アプリ「Darkroom」なら、初心者でも本格写真現像が簡単にできる!

iPhone、iPad 無料で使える本格写真現像アプリDarkroom スマホ用

スマホだけでなく、流行りのミラーレス一眼カメラで撮った写真を、初心者でもプロ並みに現像できるのが「Darkroom」。iPhone、とくにiPadに入れておいて損しないアプリです。今回は写真現像初心者でもわかりやすいように解説します。

バリバリ現像にこだわるなら
最初からプロ向けの
Adobe Photoshop
Adobe Lightroom
を使ったほうが幸せです。

ただし、
よほどの知識がない限り
使いこなすことは困難ですし
何より高価!

ぼくも一応持っていますが
操作が面倒すぎて
最近では殆ど出番がなくなってしまいました。

要は、
必要なことだけが
サクッと出来れば良いのです。

ということで
今回は
無料で簡単、RAW現像までできる
「Darkroom」をピックアップしました。

Darkroom

Darkroom

App Store から
「Darkroom」で検索
ダウンロードします。

基本無料ですが
課金することで
機能がかなりアップします。

ですが、
無料でも
じゅうぶんな機能が備わってますので、
本格的な現像まで求めていないなら
そんなに不満はないと思います。

Darkroom 使い方

まずは起動します。

Darkroom 起動画面

起動すると
すぐに現像する写真を選ぶ画面になります。

選んでタップするだけです。

Darkroom 写真選択

今回は、この写真を現像します。

1.Darkroom 画像変形、トリミング

右に並んでいる
ツールから

Darkroom トリミングツール

一番上のトリミングボタンをタップ。

Darkroom 画像回転

画像の回転です。
赤い枠の中のスライドバーを
左右に動かすだけで出来ます。

Darkroom 水平バース

次は
水平方向への歪の調整です。

Darkroom 垂直方向バース

次は垂直方向の歪の調整です。

どれも、けっこう調整幅が大きいので
試しに思い切ってやってみてください。
なかなか面白いです。

そして

Darkroom アスペクト比

縦横の比を調整してカットします。
たくさんのフォーマットが
用意してありますので
目的に応じた形でトリミングしてください。

2.Darkroom 簡単な色の補正方法

色の補正は
好きならチマチマやるのも良いのですが
サクッとしたい人や
時間がない時に
あらかじめフォーマットが用意されてると
ありがたです。

Darkroom カラー編集

矢印のボタンをタップすると
カラー編集のフォーマット一覧が
表示されます。
好みのカラーを選んでタップします。

Darkroom カラー編集フォーマット

ただ、無料だと
選べる編集フォーマットが
やや少ないのです。
課金すればかなり増えますが
増えたからと言って
あまり魅力は感じません。
ココは無料で使って
このあと手動で編集する方が
使い勝手が良いと思います。

3.Darkroom こだわった色の調整方法

プロが求めるような
カラーのこだわった調整もできます。

Darkroom こだわったカラー調整

矢印のボタンをタップします。
たくさんの調整項目が表示されますので
それぞれ左右に動かしてください。

Darkroom カラーの微調整

ザックリですが
調整してみました。

Darkroom 戻るとエクスポート

「1」で
作業を戻すことができます。

出来上がったら、
「2」で
保存したり、
他のアプリにエクスポートします。

DarkroomからPhontoにエクスポート

ここでは
Phonto にエクスポートして
文字入れをしました。

Phonto については過去記事
iPad だけでテレワーク〜  写真加工から文字入れまでが完璧な無料アプリ2選

エクスポート先
もう一つ紹介します。

Pixelmator Photo

有料アプリ(610円)なのですが
たまたま見つけた時に
無料サービス中だったので
ダウンロードしていました。

Pixelmator Photo

Darkroomでサクッと補正しましたが
Pixelmator Photoでも
ほぼ同じ機能+αが備わっています。

そりゃ有料だから当然。

その中で
ちょっと使える機能を一つ紹介します。

Pixelmator Photo いらないものを消す

右上の矢印のボタンをタップして、
写真左に写り込んでいるコードを
指やApple Pencilで塗りつぶします。

すると

Pixelmator Photo いらない物を消去

キレイに消えてなくなります。

まとめ

写真・画像の加工、編集アプリは
山のようにありますが、
写真現像用となると、ある程度限られます。

色を変えたり
文字を入れたり
お肌ツルツルにするアプリには
いつも驚かされますが、
もっとアーティストっぽく
気合を入れて撮った写真を
現像したいときには
その分野の専門アプリが、
何枚も上の機能を持っています。

ですがいつも思うのは
その操作性の複雑さで、
いくら良いアプリでも
使う度にYouTubeの
使い方動画を見ながら
作業するのは荷が重いです。

プロ中のプロを目指す人
プロの雰囲気を味わいたい人
こういう人は別として、
仕事だから品質も大事だけど
スピードはもっと大事
こういう人にはPhotoshopよりも
今回紹介した
Darkroomや
Pixelmator Photoの方が
向いていると思います。