iOS無料「Annotable」は、画像への文字や図形入れの決定版!

iOS無料アプリ 画像に脚注 スマホ用

「写真へ文字や図形を入れる場合に、機能が多くて無料のオススメアプリは何ですか?」ほんとによくもらう質問です。ぼくもアレコレ使っていますが、直感的に使えるアプリが見つかったので解説します。これでほぼ満足できるアプリです。

究極の画像脚注アプリ Annotable

究極の画像脚注アプリ Annotable

名前が既に物語っています。
「究極」、期待できそうです!

iOSアプリなので
App Store からダウンロードします。
残念ながら
Android用は無いです。

そもそも画像脚注って何?

このブログで
アプリの解説でよく使っている
写真に
・テキスト
・矢印
・四角く囲む
こんなことをやるためのアプリです。
例えばコレ ↓

Nebo H1、H2、テキスト大きさ

パソコンでやる時は
画像加工の神アプリ(個人的に思ってます)↓

PhotoScapeX
無料のPhoroScapeXが最強すぎて、Photoshop不要。初心者でもかんたん、Webバナー制作方法。

完全にコレ一択です。

同じことを
iPadでやろうとした場合、
これまでは「Skitch」 ↓

Skitch
写真に文字や矢印などをサッと入れて、すぐに送れるiPadアプリ「Skitch」

あまり機能を詰め込まない
アプリなのですが、
それなりに今も役立ってます。

Annotable 起動!

起動すると

Annotable 起動画面

脚注を入れる画像を選びます。

Annotable 画像セット

画像がセットされたら
右下のボタンをタップします。
すると ↓

Annotable 機能

脚注を入れるための
ツールが出てきます。

すごく多い!

そう思って喜んではいけません。
この中で
いくつかの機能は
有料オプションです。

Annotable 無料で出来ること

基本的な機能
・矢印入れる
・四角や丸で囲う
・テキスト入れる
これが出来れは
まず問題ないので

無料で使える範囲を解説します。

1.テキスト入れ

Annotable 文字入れ

右下のツール一覧から
テキストのボタンを選択して
画像の任意の場所をタップすれば
文字の入力になります。

Annotable 文字装飾

左下に文字装飾のボタンがあります。
ここで
・文字の大きさ
・文字の色
・文字の縁取り
これら以外は、
有料プランになります。
フォントを変えるのも有料です。

2.矢印

Annotable 矢印

文字入れと同じように
右下のツール一覧から
矢印を選んで
画像上に配置します。
・色
・大きさ
・縁取り
この3つ無料で変更できます。

3.図形を入れる

Annotable 図形を入れる

右下のツール一覧から
「□」「○」などのボタンを選択し
画像上に描きます。
・色
・大きさ
・縁取り
が無料で行なえます。

4.モザイクを入れる

顔写真などでお馴染みの
モザイクです。

Annotable モザイク

一般的なモザイクは無料ですが、
黒く塗りつぶしたり
ぼかしにすると有料です。
普通はこのモザイクで大丈夫だと思います。

5.トリミング

トリミングは
事前に他のアプリで行わなくても
Annotable で大丈夫です。

Annotable トリミング

トリミング位置が決まったら
右下の「トリミング」ボタンをタップで確定します。

惜しい!有料の「拡大鏡」

小さな部分、
その部分だけを
大きく見せたい時に
欲しいのが拡大鏡の機能です。

Annotable 拡大鏡

なかなか使える機能なのですが
残念ながら有料でした。

まとめ

Annotable、
今回は無料の範囲でしたが
なかなか使い心地は良かったです。

ですが、無料だけで作るとなると
機能的に「Skitch」とほぼ同じで、
YouTubeのサムネイルのような仕上がりは
厳しいと思われます。

そこでAnnotableの料金なのですが
なんと欲しい機能だけを
バラ売りしています。

拡大鏡は250円
文字スタイルとフォント250円
スポットライト250円
文字ハイライト250円
など、1つ1つ
買うと合計で1750円。
でも、一括まとめ買いの場合は
1220円となっています。

iPadだけで
ブログの作成をするなら
今すぐ欲しいところですが、
基本パソコンでやってるので
無料のPhotoscapeXが
やはり最強すぎるため
もうしばらく
無料で使いながら考えます。