スマホでスキャンから文字起こし、テキスト編集、PDF化、メール送信までの流れを公開します。

アプリ2つ!スマホだけで仕事は出来る! スマホ用

これまでアプリの解説をたくさんしてきたことで、「実際の仕事の流れで知りたい」との質問が来ましたので、今回はこれにお答えします。全て無料アプリを使って解説しますので、きっとテレワークや自営業の方の、省力化と生産性向上に役立つと思います。

今回の仕事の流れはコレ!

仕事の流れと言っても
種類によって異なります。

そのなかで、
今回は、

紙の書類
  ↓
1.スキャンしてデジタル化
  ↓
2.OCRで自動文字起こし
  ↓
3.Microsoft Wordで編集
  ↓
メールに添付で送信

このような流れで解説します。

また途中に
書類のPDF化も解説します。

使用するアプリは、ズバリ!コレ!

スキャン、文字起こしは
「一太郎Pad」を使います。
詳しい解説はコチラ↓

iOS、Android OCRアプリの決定版登場か
無料アプリ「一太郎Pad」のスキャンからの文字起こしが正確すぎる上に、他のアプリで即使えて便利すぎる!

スキャン後の
テキストの修飾や
PDF化は
「Microsoft Office」で行います。
詳しい解説はコチラ↓

Microsoft Office スマホ ダウンロード
起業、テレワーク必見 Microsoft Office スマホアプリが大進化!もちろん無料!

どちらも無料アプリです。

1.紙の書類をスキャンからテキスト化まで

「一太郎Pad」を起動して

一太郎Pad 書類部分を選択

紙の書類をスキャンしたら
背景ができるだけ残らないように
トリミングして「完了」をタップ

一太郎Pad 文字起こし

すぐにテキスト化されますので、
この段階で修正箇所があれば行います。

次に
画面下のボタンをタップして

一太郎Pad 文字起こしをコピー

「コピー」をタップします。

次に

Microsoft Office スマホ ダウンロード

Microsoft Office を起動して

Microsoft Office 起動

「+」ボタンをタップして、

MicrosoftOffice ドキュメント新規作成

「ドキュメント」をタップ、

Word 起動

Wordの「白紙の文書」をタップ

Wordにペースト

画面を長押で
「ペースト」ボタンが表示されるので
タップして貼り付け完了です。
テキストの大きさ等の装飾は
このWord上で行います。

出来上がったら
画面左上の「✓」をタップで終了です。

WordのデータをPDF化する

メールで添付して送るための準備をします。

MicrosoftOffice ホーム

ホーム画面の
右下「操作」ボタンをタップします。

WordをPDF化

「ドキュメントからPDF」を選択

PDF化するドキュメントを選択

一覧から
PDF化するドキュメントを選んで
タップするだけで、

WordのPDF化 完成

すぐにPDF化できます。

PDFデータに署名する

次に、
さきほど出来上がった
PDFファイルに
署名を入れます。

PDFに署名

右上のボタンをタップします

署名を選択

「署名モード」をタップ

署名を選択

既に署名を作ってあれば
入れる署名を選択するだけです。

無い場合は新規に作成、
違う署名にしたい場合は
削除して新規作成します。

PDFに署名、出来上がり

これで完成です。

あとは、

名前を付けて保存

「名前を付けて保存」です。

メールに添付する

普段どおりの
メールアプリを使って
添付します。
ぼくはGmailを使っています。

Gmailに添付

Word形式
PDF形式
どちらも添付ファイルとして使えます。

まとめ

本当は
・スキャン
・文字起こし
・PDF化
ぜんぶを1つのアプリで
出来れば理想なのですが
Microsoft Office のOCR機能が
かなりイマイチなので
その部分だけ
一太郎Padを使っています。

あと、署名についてなのですが
Microsoft Office からのPDFでは
上の解説どおり、
1種類だけの貼り付けになります。

それがAdobe Acrobat だと

Acrobatでの署名

このサインと印鑑みたいに
2種類を貼り付けることができます。
ただちょっと
作業が面倒なので
今回この方法は採用しませんでした。