アプリ「Google Keep」音声のテキスト化、OCR、手書き、ToDoリスト、全部やってしまう!

Google keep だけで音声テキスト化、OCR文字起こしまで全部やってしまう スマホ用

スマホで備忘録を付けようとしても、フリック入力が遅かったりすると、大切な情報をどんどん忘れてしまいます。そこで役に立つのがGoogle Keep です。声の録音しながらテキスト化でき、指でも文字が書けるなど、スマホの操作が苦手な人にも強い味方になります。

Google Keep は、Google謹製アプリ。Androidスマホでは入ってて当たり前のアプリなのですが、意外と使われてない。そこで今回は、「Google Keep さえあれば何でもできる!」と言う内容で解説していきます。

Google Keep ダウンロード

Google Keep は、
・Android用
・iOS用
以外にも、Web用、ChromeOS用などがあります。

今回は、スマホで使うことを前提に
Androidの画面を使って解説します。

Google Keep iPad

iPhone、iPadは、App Store
Androidスマホは、Playストア
それぞれダウンロードします。

1.起動初期画面

Google Keep

これが起動後の初期画面。
ぼくはダークモードにしているので
背景が真っ黒ですが、
とくに設定してないと
背景は白です。

ここからメモを作っていきます。

最初に右下の「+」をタップします。

Google Keep

2.音声録音とテキスト化

音声を録音して
そのままテキスト化します。

Google Keep 音声録音

「+」ボタンをタップします。

Google Keep 録音ボタン

「録音」をタップすると
マイクが起動しますので
記録したい内容を話します。

Google Keep 録音、テキスト化

あまり長い時間は録音できないので
箇条書きのようにして
1つずつ録音するのが良いです。

録音したら
すぐにテキスト化されます。
画面下に、音声データ
画面上に、テキストです。

テキストは間違っていれば
修正できますし、
録音データがいらない場合は
右の「✕」で削除できます。

3.手書き文字と図形

手書で文字や図形を描くことができます。

Google Keep 図形描画

「+」から
図形描画をタップします。

Google Keep 図形描画

白い背景の場所に描きます。
指先でも描けますし
iPadならApple Pencilでも描けます。

4.写真を貼り付ける

写真を貼り付けることができます。

Google Keep 写真貼り付け

「+」ボタンから
・「写真を撮影」:写真を撮って貼り付ける
・「画像を追加」:スマホ内の写真を選ぶ
どちらかを選んでタップします。

Google Keep 写真貼り付け

写真の貼り付けができました。

5.チェックボックスを作る

チェックボックスを作ります。

Google Keep チェックボックス

「+」から
チェックボックスをタップします。

Google Keep チェックボックス

ここでちょっと・・・
チェックボックスを選ぶと
これまで入力したテキストの頭に
ぜんぶチェックボックスが付きます。
2行目以降だけとか、できない。

でもまあ、超高機能な
ノートアプリではないので
そこは割り切って
使い方を考えたほうが良さそうです。

チェックボックスは
先頭の□をタップすると
ちゃんと完了となって
下部分に別で表示されます。
これはなかなか優秀です。

ということで
全てのボタンを説明しました。

しかし!

じつは、すごい機能が隠されていました!

それは、

6.紙書類のスキャン、OCR機能!

なんと、スキャンして
テキスト化まで出来てしまいます!

Google Keep スキャン機能

「写真を撮影」をタップ。

Google Keep スキャンする

白いシャッターボタンを押して
スキャンします。

Google Keep スキャンデータ

一覧に保存されますので
スキャンした写真をタップします。

Google Keep スキャンデータ表示

大きく表示された
紙の書類をタップします。

Google Keep スキャン写真

右上の筆のようなマークをタップします。

Google Keep 描画画面

描画画面になって、
右上の点が3つ並んだボタンをタップします。

この画面で、ペンで手描き出来ます。

Google Keep OCR起動

「画像のテキストを抽出」をタップします。

Google Keep OCR機能でテキスト化

完全にテキスト化されました。

コピーして
他のアプリに貼り付けて
使うこともできます。

これ、なかなかスゴイ機能です。