超初心者でもわかる iPhone・iPadのApple公式カレンダーと、Googleカレンダーを同期させる方法

Appleカレンダー、Googleカレンダーを同期させる方法 スマホ用

スマホはAndroid、タブレットはiOS。「OSが違うとカレンダーは同期出来ないのか?」そう悩む人も多いと思います。ぼく自身も最初はそうでしたから。でもこの全く異なる2つのカレンダー、実は同期ができるのです。今回は、その方法をデジタルデバイス初心者にもわかるように解説します。

今回の内容は
いつも使っている
・Googleカレンダーを、Apple公式カレンダーで表示させる方法
・Apple公式カレンダーを、Googleカレンダーで表示させる方法
この両方を解説します。

スマホはiPhone
でもパソコンはWindows、
こんな人、すごく多いので
役立つと思います。

1.最初にGoogleアカウントを用意する

まず、Googleアカウントが必要です。

Googleアカウントとは、
「〇〇〇〇@gmail.com」
そう、Gmailアドレスのことです。

すでにAndroidスマホを使っている人なら
最初の設定時に作っています。

パソコンでGmailを使ってる人
Googleカレンダーを使ってる人
これらの人も
すでに持っていますので確認してください。

もし持ってない人がいたら

過去記事
スマホが届いた!次は設定しないと使えないよ!

こちらを参考にしてください。

2.iPad(iPhone)側での設定方法

Googleアカウントが準備できたら
次は、
iPad(iPhone)側での設定をします。

iPad 設定

ホーム画面の「設定」をタップ
  ↓

iPad パスワードとアカウント、アカウント追加

左メニューを
下へスクロールして
「パスワードとアカウント」をタップ
  ↓
次に
「アカウントを追加」をタップします

iPad Googleアカウントを追加

「Google」の部分をタップ
そして
  ↓

Gmailを入力

ログイン画面で
Gmailアドレスを入力して
「次へ」をタップ
  ↓

パスワード入力

Googleアカウントのパスワードを入力

*これ最初にAndroidスマホを持たっ時
Gmailアドレスを作った時などに
自分で設定しています

Googleカレンダー同期完了

同期する項目を選んで
ONの状態にして
右上の「保存」をタップで終了
  ↓

設定完了

「Gmail」と追加されました。

アカウントの削除

もし同期だけでなく
紐付けそのものを削除したい場合
「アカウントを削除」ボタンをタップで
元に戻すことができます。

GoogleカレンダーをApple公式カレンダーに同期

Apple公式カレンダーを開くと
ちゃんとGoogleカレンダーが
同期されていました。

とまあ、ここまでなら
普通の解説なのです

次に反対!

3.iPad(iPhone)のカレンダーを、Googleカレンダーに表示させる

いままでは
Googleカレンダーを
iPad、iPhoneの
Apple公式カレンダーに
表示させる方法の解説でした。

次は逆です。

Apple公式のカレンダーを
Googleカレンダーに表示させる方法です。

Googleカレンダーを起動します

Googleカレンダー起動

左上のハンバーガーメニューをタップ
  ↓

Googleカレンダー設定

メニューを下へスクロールして
「設定」をタップ
  ↓

Googleカレンダー アカウントの管理

「アカウントの管理」をタップ
  ↓

Appleカレンダーの同期

IPHONE の Gmail を ON にして完了です。

試しに
Apple公式カレンダーに
予定を入れてみてください。
Googleカレンダーに表示されています。

尚、これらの全ての操作は
iPadで行いました。

完了後は、
Androidスマホ
PCのGoogleカレンダーでも
ちゃんと動作していました。