無料アプリ「カード日記」だけで、システム手帳以上の仕事管理が実現。

iPhone、iPad、この無料アプリでシステム手帳化1 スマホ用

「紙のシステム手帳の機動力を、デジタルデバイスで実現したい!」そんな悩みを解決してくれるのが、日記アプリです。その日記アプリの中でも、もっともビジネス用に使い勝手の良い「カード日記」を紹介します。これでまた、荷物が1つ減ります。

ぼくも以前は、
・Googleカレンダー
・数々のタスク管理アプリ
このあたりを
使っては止め、使っては止めの
繰り返しをしてきて、
結果として
Googleカレンダーに
何でもかんでも書き込んでいました。

こうしておけば
Googleカレンダーさえ見れば
何でもわかるのですが、
使い勝手と
パッと見た目で内容がわかりにくいので
何か良いものはないものかと
ずっと探していました。

カード日記

カード日記は
iOS用
Android用
それぞれ用意されています。

1.使う上での制限

最初に言っておきます。

残念なのは
この2つのデバイス間で
今は同期が出来ません。

ですが、
・iPadとiPhone
・AndroidスマホとAndroidタブレット
この間では同期可能です。

・iPadとAndroidスマホ
・iPhoneとAndroidスマホ
この間での同期ができないのです。

ですが今回
このアプリを取り上げたのは
「iPadでしか使わない」
「Androidスマホでしか使わない」
そう潔く決めてしまうと
これまで思うようにならなかったことが
ぜんぶクリアになるからです。

紙のシステム手帳の代わり・・・
そう割り切れば
なかなかの使い心地です。

2.ダウンロードから初期画面

カード日記

App Store 、Playストア
それぞれダウンロードします。

ここからの画面解説は
デバイスで大きな差がないため
iPadでの画面を使いながら進めます。

2.作業画面:タイトル、テキスト、写真

カード日記 タイトル、写真、テキストを入れる

操作は簡単です。
「1」:タイトルを入れます
「2」:内容を入力します
「3」:写真を入れます

基本的にはこれだけです。
終わったら、右上の「✓」をタップで完了。
最低限度はこれでできてしまいます。

日記を作っていくと

カード日記 一覧

こうやてカード形式で
一覧として並びます。

「おーっ!いいじゃないか!」
この段階で、
そう思っていただいてもいいのですが
実は、もっと使えるアプリなのです。

3.自由に再編集する

再編集、もちろんできます。

カード日記 再編集

「1」:の「・・・」をタップ
「2」:の「編集する」をタップ
これで編集画面に入ります。

4.使い方その1:タイトルと説明部分の再編集

仕事は
1日1件ではありません

そこで、

カード日記、タイトルと説明の再編集

タイトル部分と、説明部分を
具体的な内容に変更してみました。

5.使い方その2:写真や画像データの追加

写真や画像データを追加することができます。
最初に写真を入れたときと同じく
「+」ボタンをタップします。

でも、それだけでは
データとして、イマイチなので

あらかじめ写真やデータに
コメントやマークを入れて
わかりやすく編集しておきます。

編集は、写真の場合
ごく簡単に仕上げるなら
アプリ「LINE Camera」でじゅうぶんです。

LINE Cameraで写真加工

保存して
カード日記に追加します

カード日記 LINE Cameraで編集した写真を追加

こんな感じで
資料としての価値がアップ。
写真をタップすれば
大きく表示されます。

次に、
あるあるの話ですが

「PDFを貼り付けたい!」

残念ですが、
これは出来ません。

できませんが、
ある方法で、追加できてしまいます。

6.使い方その3:PDFをなんとかして貼り付ける

前にも書きましたが
PDFをPDFとして貼り付けることはできません。

そこで

PDF Viewer というアプリを使います。

PDF Viewer

このアプリ
PDFファイルを見るだけでなく
強力な書き込みができるのです。

PDF Viewer 書き込み

テキスト、手描き、マーカーなど
機能が豊富です。
これも無料。

このまま保存したら
PDFファイルのままなので
カード日記では使えませんが、

PDF Viewer PDFを画像として保存

「1」→「2」→「3」と進んで
「画像を保存」を選択します。
あとは、
カード日記に貼り付けるだけ。

カード日記 画像貼り付け

これで出来上がりです。

まとめ

いかがだったでしょうか。
なんでもかんでも
詰め込んで持ち歩くには
「カード日記」は
まずまずのアプリだと思います。

写真やPDFデータの
書き込みや編集については
ほんとは「GoodNotes5」のような
優秀な有料アプリを
使った方が便利で見栄えよく仕上がります。

なので
最初にGoodNotes5で画像を編集して
それをその日の「カード日記」に
バンバン貼り付けるようにすれば
けっこう使える
デジタルシステム手帳に成長します。

GoodNotes5
  ↓
カード日記

この流れを繰り返すだけです。

ただ、有料アプリも
むやみやたらと買うクセがつくと
出費が大きくなるので
ぼくはいつも
無料アプリを工夫して使うようにしています。

よって今回は
・写真は、LINE Camera
・PDFは、PDF Viewer
  ↓
カード日記

ちょっとだけステップが増えてます。
そのかわり完全無料です。

あと、
最近は月額課金=サブスクリプションが
大流行なので
気前よく課金してると
すぐに月1万円なんてことが起こります。

GoodNotes5は買い切りアプリなので
ぼくは買いました。
ですが・・・
最近のiOSアプリ、
とくにデザイン系に多いのですが
Apple Pencil を使うことが前提だったり
使えても機能が制限されたりします。
GoodNotes5もそうでした・・・

商売が上手いです。

さいごに

Android用カード日記が・・・
「このファイルは使用状況によっては、ユーザーのプライバシーまたはデータに驚異をおよぼす可能性があります。」とセキュリティソフトで注意がでました。(使用したのは、eset MOBILE SECURITY)ちゃんとGoogle公式のPlayストアからのダウンロードですし、注意の内容も「使用状況によっては」なので、極端に気にする必要は無いようにも思いますが、念のためご報告させていただきます。