iPadだけで、どこまで仕事ができるかやってみる~準備編

iPadだけで。どこまで仕事ができるか 準備編 タブレット用

最近思うのです「パソコン要らなくないか?」と。普段からめちゃくちゃiPadを使っていて、アプリ間を移動するだけで仕事が片付くという環境が、便利かつ生産性が高いことに気づきはじめ、思い切って脱Pパソコンすることにしました。

うちの会社には、ノートPCが2台あります。どちらも5年以上前のモデルで、中古で3万円以下でした。そしてこれも中古でiPad Pro10.5インチが1台、スマホがSamsung Galaxy S10+ でこれも中古。

そう、ぜんぶ中古で買ってます。なぜ中古なのかは、また別の機会に書きます。

脱パソコンする理由

これは単純に、
パソコンでないと
出来ない仕事が激減したからです。
そして昔みたいに
「古いし動作も重いし、買い換えよう!」
こんなことも起こっていません。
多少もたつく時もありますが、
写真の加工も普通にできます。

データは
クラウド2箇所に保存してるので
SSDも空き空きです。

そうなると、
パソコンがどうしても必要なのは
会計と
年に一度の年賀状ぐらい。

ならば、持ってるデバイス中で
いちばんサクサク動く
iPad Pro10.5をメインマシンにしても
何の問題も起こらないはずなのです。

iPad Pro10.5で仕事する環境を整える

まず最初に購入したのが

Apple Magic Keyboad

Apple Magic Keyboard
Apple公式サイトより

Apple純正品を買うのは始めてです。
いま、こういう周辺機器が
あれもこれも品切れだらけで
amazonにも、ヨドバシも
コロナの影響か、入荷未定。
Apple公式サイトだけが
即納でした。

iPadのキーボードと言えば
普通はカバータイプの

iPad Pro Smart Keyboard Folio
Apple公式サイトより

これを指すのですが、
なんか打感がイヤで、
ケースとしても収まり悪いし
重いし
そして高い。

ぼくの場合、
iPadを持って出かけることが
とても少ないのと
たった231gしかない超軽量で
圧倒的に打ちやすく
今後iPadを買い替えても使え
そして何より安い、
これが購入の理由です。

有料アプリを買い揃える

いままでアプリは全て無料でした。
でも流石にメインで使うとなると
優秀な有料アプリだと
生産性が向上するのは目に見えているため
「買い切り」アプリを揃えました。
「サブスクリプション」はありません。

1.GoodNotes5

GoodNotes5

980円

手書きでノートをつけたり、
PDFを読み込んでマークやテキスト入れたり、
ふと浮かんだアイデアを
ガンガン書いておくことができます。

知る人ぞ知るアプリです。

2.Affinity Designer

Affinity Designer

1,220円

デザイン用アプリで
AdobeでいうIllustratorに近いモノです。
前は2,400円だったのが
今日見たら、ほぼ半額になっていたので
買っときました。

3.Affinity Photo

Affinity Photo

1,220円

画像加工用アプリです。
Adobeで言うPhotoshopに近いモノ。
写真の加工は毎日あるので
使い勝手の良さそうな
このアプリを選びました。

これもつい先日まで2,400円でした。
値下がりしたのか
期間限定セールなのか
理由はわかりませんが、
こういうアプリが
買い切りでこの価格は、超スゴイです。

こんな感じで
アプリは3つ購入しました。

他には時期を見て
動画編集用に、LumaFusion 3,680円
デザイン用に、Procreate 1,220円
この2つも欲しいと思っています。

そして何より

iPad Pro 12.9インチ

これほしい・・・
だけど、いくらなんでも高い・・・

どうせ今後すぐに
5G対応の新型とか出るはずだから
それが出て
値下がりした中古品を
ゆっくり物色して買います。

画面が大きいということ以外には
いまの10.5インチと比べても
そんなに差は感じないのです。