テレワーク必見 全ての画像加工は PhotoScapeX と Snipping Tool この2つだけで生きていける!

PhotoScapeX テレワーク必見 画像加工怖いものなし! PC用

テレワークなどのPC作業、アプリにはお金をかけずに無料でサクッと済ましたい人向け。無料なのに高価な有料ソフトに負けない機能で、使い方も簡単、そんな夢のような仕事環境を提供してくれる2つのソフトを徹底解説します。

PhotoScapeX については

  1. インストール方法、画像切抜、サイズ変更、カラー調整、文字挿入
  2. RAW現像、文字挿入
  3. PhotoScapeXをPhotoshop並に使いまくる

過去にも記事にしていますので、
参考にしてください。

Snipping Tool については

こちらの過去記事も
参考にしてください。

どちらも無料で使えるソフトです!

画像キャプチャから切り抜きは、
Snipping Tool と PhotoScapeX だけで全て完了!

ブログ運営していると
パソコンの画面をキャプチャすることがよくあります。
これはテレワークなどでも同じで
「この資料のココだけ使いたい」
誰もが普通に思うことです。

その流れを、
わかりやすいように解説します。

1.Snipping Tool 起動

起動は
「スタート」
  ↓
「Windowsアクセサリ」
  ↓
「Snipping Tool」

Snipping Tool  起動

スタート画面からの起動は
面倒なので

Snipping Tool  起動

「タスクバーにピン留め」しておくと便利です。

2.キャプチャから加工までの流れ

今回は、
ブラウザで表示したサイトの
赤い点線の枠内だけを切り抜きます。

Snipping Tool キャプチャ

まず、
Snipping Tool で画面キャプチャします。

Snipping Tool  画像保存

キャプチャしたら
「ファイル」→「名前を付けて保存」

保存した画像を
PhotoScapeX で開きます

PhotoScapeXで画像を開く

では、
表の部分だけを切り抜きます

PhotoScapeX 画像切り取り

「1」:編集をクリック
「2」:切り抜きを選択
「3」:自由を選択

PhotoScapeX 切り抜き マウスドラック

マウスでドラックしながら
切り抜きたい範囲を指定します。
微調整可能なので、
最初はザックリでも大丈夫です。

切り抜き範囲が決まったら
画面右の「切り抜き」をクリック。

PhotoScapeX 切り抜き

これで完成です。
あとは右下にある「保存」をクリック。
JpegやPINGで保存すれば
Microsoft Word などで
貼り付けて使用できます。

キャプチャから加工、脚注・コメントを入れるまでの流れ

PhotoScapeXで画像を開く

キャプチャした画像を
PhotoScapeXで開きます

まず余計な部分をカットします

PhotoScapeX 切り抜き

「編集」→「切り抜き」→「自由」で
マウスドラックで、切り抜きします。

PhotoScapeX 切り抜き

次に「挿入」をクリック

PhotoScapeX 切り抜き

「1」□マークをクリック
  ↓
マウスドラッグで範囲を指定で
見て欲しい場所を囲って強調できます。

PhotoScapeX 矢印 テキスト挿入

同じように
右上のツールから
「矢印」「テキスト」などを選択すれば
このように画像を
見栄え良く加工することができます。

画像を「保存」して↓

PhotoScapeX 画像 Word 貼り付け

Word等に貼り付けて使うこともできます。

まとめ

ブログ運営や
取引先に提出するWord作成の書類、
加工した画像を
貼り付ける必要がある場合は、
ぼくは、Snipping Tool とPhotoScapeX
この2つしか使わなくなりました。

むかしは高価なPhotoshopも使いましたが
PhotoScapeXが高機能すぎて
出番が全くなくなってしまいました。

最初は操作に
多少迷うこともあるとは思いますが
直ぐに慣れる範囲ですので
ぜひ試してみてください。

あとSnipping Tool は
Windows10 に標準で付いています。

PhotoScapeX は基本無料です。
有料版もありますが
無料があまりにも強力なので
課金が必要な人は、少ないと思います。