テレワーク人に捧ぐ。無料 スキャナーは、スマホ・タブレットで使える「Adobe Scan」がオススメ!

スマホでスキャン Adobe Scan スマホ用

スマートフォンで簡単にできるスキャナーの中でも、最強の一つ「Adobe Scan」について解説します。これさえあれば、オフィスにいなくても、スキャン、PDF化、編集が無料でできます!

Adobe Scan のインストール

基本的に
Androidも
iOSも同じです。

Androidは「Playストア」
iOSは「APP Store」
それそれで
「Adobe Scan」と検索して
ダウンロードします。

Adobe Scan
iPad

インストールしたら

Adobe Scan

Adobe Scanのアイコンを
タップして起動します。

Adobe ID

起動すると最初に
Adobe IDへの「ログイン」を
求められます。
Adobe IDを持っている人は
一番下の「ログイン」をタップ。
持っていない人は
・新規登録
・Googleを使用してログイン
・Facebookを使用してログイン
・Appleでサインイン
いずれかを選びます。

ぼくは、
他のIDとの紐付けが好きじゃないので
「新規登録」しました。

スキャナーの起動

登録またはログインすると
すぐに使えるようになります。

Adobe Scan

スマートフォン、タブレットの
カメラが起動しますので
スキャンしたい対象に
カメラを合わせます。

すると自動で
スキャンする範囲が指定され
カメラのシャッターが切れます。
この時に
自分でこの範囲を
調整することも可能です。
決まったら
「続行」ボタンをタップします。

Adobe Scan

連続してスキャンする場合は
またカメラを合わせますが
いまスキャンしたモノを
確認・編集する場合は、
右下のサムネイルをタップします。

Adobe Scan

このままで良いなら
「1」のPDFを保存。
このデータの場合だと
「2」左横に入り込んだ
余計な部分がありますので
クリーンアップします。

Adobe Scan

消したい部分を
指でなぞると消えます。

この状態で
右上の「✓」をタップ
そして「PDFを保存」をタップ
これでデータとして出来上がりです。

Acrobat Reader との連携

ここからは
アプリ「Adobe Reader」が
インストールされていることを
前提とします。
入ってないとできません。
なので、セットで
インストールすることを
オススメします。

Adobe Scan

「PDFを保存」した次の画面
赤い枠の部分をタップします。

Adobe Scan 注釈

「注釈」をタップします。

Adebe Reader

すると
ここで「Adobe Reader」が起動します。

上にあるツールバーから
使用する道具をタップして
PDF内に
・文字を入れる
・マーカーを入れる
・テキストを入れる
などを行います。

Adobe Acrobat

こんな感じに
仕上げることができます。

あとは
左上の「完了」をタップして
出来上がりです。

メールに添付して
送ることもできます。