iPhoneとiPadのOSが、バージョン13.4になって、変わったこと。これでマウスが完全に使用可能!

タブレット用

やっと出た、iPhoneとiPadの新バージョンOS、13.4。その中から、iPadでの新機能であるマウスとトラックパッドの機能を中心に解説します。

iOS、IPadOSの新バージョン・アップデート方法

iPadOS 13.4

新OSの13.4へのバージョンアップは、
  ↓
「設定」アイコンをタップ
  ↓
「一般」の「ソフトウェア・アップデート」をタップ
  ↓
「今すぐインストール」をタップ
  ↓
あとは待つだけです。
途中で再起動もありますが、
その後は
新バージョンになっています。

iPadOS 13.4

上のように
「iPadOS 13.4
お使いのソフトウェアは最新です」
このように表示されてたら出来上がりです。

iOS 13.4 および iPadOS 13.4 の新機能いろいろ

けっこういろいろ多いので、代表的な新機能だけ紹介します。

1.iCloud Driveのフォルダ共有

Google Driveと同じようなもの。クラウド上の特定の指定したフォルダを、承認した人やデバイスで自由に見たり編集できる機能。

2.ユニバーサル機能

特定のアプリを一度購入するだけでiPhone、iPod touch、iPad、MacおよびApple TVのすべてで使用できる機能で、簡単に言えばアプリ内購入が、iOSとMacで共有できるようになったということ。

3.iPadで、マウスとトラックパッドが使える!

「1」と「2」については、PC が Windows で スマホ が Android のぼくにとっては、あまり興味がないです。どっぷりAppleの方向けだと思います。

でも、外出の荷物を少しでも軽くしたいぼくは、PCは持ち歩かなくて、ほとんどiPadなので、この「マウス」の機能が正式に使えるようになったのはうれしい!

まずは、マウスが使えるように設定します

iPad Bluetooth設定

「設定」アイコンをタップ
  ↓
左メニューから「Bluetooth」を選択
  ↓
Bluetoothマウスの電源入れて
iPadのBluetoothをON
  ↓
iPadがマウスを見つけますので
接続済みになったらOKです。

iPad マウス設定

マウスが接続されると
「一般」の中に
「トラックパッドとマウス」
という項目が追加されます

iPad マウス 設定

矢印の先、
グレーの丸がマウスポイントです
  ↓
マウスを動かしながら、
・マウスの反応のスピード
・スクロール
・副ボタン
このあたりを好みに設定します

iPad マウス カーソル

テキストを打ってみました。
テキスト中にマウスを持っていくと
ちゃんと、
細い棒のカーソルになります!
これは素晴らしい!

やっとiPadのマウスが
本気で使えるようになりました。

これまでのiPadでのマウス使用は
どちらかと言うと
「なんちゃって」感もあって
どうしても使いたいなら・・・
でした。

過去記事「iPadでBluetoothマウスを使ってみることにした。意外なときに威力を発揮してびっくり」

iPad マウス ポインター

以前は、このように
マウスポインターも、超デカサイズでした。
これで、メデタシメデタシです。

余談ですが

Appleからは

Magic Track

このように、
今回の新機能で使える
純正品が販売されています。

めちゃくちゃ高価。

ここまで高価だと
ぼくみたいな節約人間は
ぜったいに買いません。

マウス8,000円オーバー!
ぼくのはロジクールの安物ですが
なんの問題もなく
ご機嫌で動いています。

Magic TrackPad2も要らない。
こんなの
荷物が増える原因になるので
極力シンプルな構成にしています。
もちろん、
iPad使いが普通は買う
キーボードやペンシルも
使ってません。

板一枚だけ持ち歩いてますが
今後はマウスを同行するかもしれません。