取り残された Windows7 たちの今後。

Windows7の行方 PC用

2020年1月14日、ついにWindows7の公式サポートが終了しました。

ですが、

うちにも1台残っています、Windows7のノートパソコンが。
あれこれ、手を尽くしたのですがWindows10にはなれず、取り残されてしまいました。

同じように、まだ日本国内には、Windows7パソコンは1,000万台以上が残っているとも言われていて、

「ぼくだけじゃない」

と、ちょっとだけ安心しています。

しかし、この状態が「○」か「✕」かと言われれば、「○」ではないのは明らかであって、せめて「△」でいたい気持ちでいるのは、ぼくだけじゃないと思います。

そこでやってみたのが

Windows7延命処置!

今回も、ここに書いてあることを実行するのはすべて自己責任で行ってください。何が起こっても一切責任は負いません。

Windows7

2020年1月14日以降、Windows7パソコンを起動すると表示されるのがこの画面。

「ドキッ!」とします。

Windows7

よく読んでみると、

  • セキュリティ更新プログラムが提供されません
  • ソフトウェア更新プログラムが提供されません
  • テクニカル サポートが受けられません


「いたしません!」「いたしません!」

おまえは大門未知子か!

ずいぶん前からの約束なので、怒っても仕方ない。

何か使い続けるためのヒントがないか、マイクロソフトのホームページに見に行くと

Windows7

ただ冷たく「終了」の文字。

Windows7

じゃあ、Windows7の標準的なセキュリティソフト「Security Essentials」はどうなんだ?

Windows7

なんと、日本語バージョンがダウンロードできるようになっている!

「これ、使えるんじゃないの!」そう思ったけど、念のために調べてみると

Windows7

2020年1月14日にMicrosoft Windows7の延長サポート終了に合わせて提供が終了した。(中略)サポートは終了した。

ウィキペディア Microsoft Security Essentials

って書いてある。

まだ提供されてるんだけど? 
どうなんでしょう?

ダメ元で落としてみることにしました。

先程の、「日本語 Security Essentials Windows7 64ビット」バージョンをダウンロード。ただし、人によって32ビットの場合もありますので、

Windows 7のパソコンは

  • [スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 を選択
      ↓
  • [コンピューター] を右クリック
      ↓
  • [プロパティ] を選択
      ↓
  • [システム] で、システムの種類を確認

    これで自分のパソコンがWindows7の「32ビット」なのか「64ビット」なのかを調べてから、それにあったプログラムをダウンロードしてください。
Microsoft Security Essentials

ダウンロードしたらダブルクリックでインストール開始します。

Microsoft Security Essentials

全部読んでOKなら「同意します」

Microsoft Security Essentials

ここは、「今はこのプログラムに参加しない」で良いと思います。選んで「次へ」。

Microsoft Security Essentials

上も下も、チェック入れて「次へ」。

Microsoft Security Essentials

「インストール」をクリック。

Microsoft Security Essentials

チェックが入った状態で「完了」。

Microsoft Security Essentials

自動で最新バージョンになります。

Microsoft Security Essentials

自動でスキャンもはじまります。この段階でウィルス等が見つかるかも知れません。

Microsoft Security Essentials

うちは無菌状態でした。

ですが気になることが・・・・・

このMicrosoft Security Essentials は、2020年1月14日が最終の最新版で、それ以降の最新版は提供されてないのでは?

そう考えると、気持ち悪くて仕方がなくなってきたので、バッチリとセキュリテティ対策してくれるソフトが他にないのか、探しました。

もちろん、無料のソフトをです。

avast

昔から無料のセキュリティソフトでは定評のある「avast」を使ってみることにしました。

avastをインストールする前に、必ず Microsoft Security Essentials はアンインストールしてください!

avast

ダウンロードしたプログラムをダブルクリックすると、このような画面が表示されます。

ここで注意!
「□ はい、アバスト セキュア ブラウザをインストールします」
ここ、必ずチェック外してください。
余計なモノまで一緒にインストールされてしまいます。

avast

インストール中は、モニターの右下で進行状況が小さく表示されます。

avast

インストール成功!
上の「注意!」さえ気をつければ、とくに難しいことは何もありません。
ここで、「スマート スキャンを実行」をクリックします。

avast

スキャンが終わると、「問題があります」となります。気になるので「全て解決」をクリックすると

avast

「お金払えば、全て修復できるよ」と出ます。おそらく、サブスクリプションした方が良いとは思いますが、今回は「無料」で使ってみたいので、この画面は「✕」で閉じます。

avast

すると、「スキャンが完了しました。お使いのコンピューターは安全です。」

どっちやねん! とツッコみたくなりますが、世の中そんなもんです。

そして「完了」をクリックして、終わろうとしたら

avast

「気のせいではありません」(笑)

なんという表現。笑うしかない。

もうじゅうぶんです。
こんな下手な誘いで、有料契約する人いるんだろうか?
「無視」で終了です。

これでWindows7が守れるのか?

結論から言うと、さっさと新品のWindows10パソコンを買うのが良いとは思います。

でも、いまは電気店でも品薄気味らしいですし、買うとなるとそれなりの出費となりますから、できれば問題が起こらないうちは購入を先延ばししたい。

セキュリティ的には、Microsoftの公式なサポートが無いのを、自前で用意した無料(有料)のセキュリティソフトで賄うわけですから、これまでのように全自動の完璧な守りではないと思います。
かといって、ぼくが毎日パソコンでやってることなんて、ほぼ同じことばかり。必要以上に神経質になるのもどうかと思っています。

それでも、いつまでもWindows7を使い続けることが出来るのかどうか調べてみました。
すると、セキュリティソフトのWindows7対応は

  • 「ウィルスバスタークラウド」 2021年12月31日まで
  • 「マカフィー」 2021年12月31日まで
  • 「ノートン製品」 ”当分の間” サポートを継続

こんな感じでした。
とりあえずは、自前でもセキュリティ対策をキッチリやっていれば、急いでパソコンを買う必要はなさそうです。

ぼくの今の気持ちとしては、半年以内にWindows10パソコンを購入したいと考えています。

追加
ぼくの場合、Windows7から無事アップグレードできたWindows10パソコンは持っていて、普段はこれをメインで使っていますが、2012年モデルなので、いつまで動いてくれるかわかりません。なので既に新しいパソコンの購入に向けて物色しています。
同じく「パソコン買いたいねんけど、どれを買ったら良いですか?」これ、最近めちゃくちゃ多い質問です。これについては、また記事にしたいとおもっていますが、選ぶ基準としてはパソコンをファッションで選ぶ必要がないので、AppleのMacBook Proとか、MicrosoftのSurface Proとか、高いばかりでぼくには意味がありませんので、よほど安くない限りは買いません。一つの判断材料として、AdobeのPremier Proのような超激重ソフトで動画編集するならデスクトップパソコンが安くて向いています。この作業をノートパソコンでサクッとやろうとしたら、30万円クラスになります。