GoPro非ユーザーでも使える、公式の動画編集アプリQuikを検証する。

Quik GoPro タブレット用

ユーチューバーも目指してみたいところではありますが、現役でバリバリやっているユーチューバーの方々の動画みたら、撮影・編集ともにスキル高すぎて、完全に白旗を振っている状態です。

でも、ちょっとやってみたい。できれば編集は簡単にやってしまいたいし、撮影は何十万円もするデジタル一眼カメラを買わないで手軽にスマホで済ませたい。けっきょくお金と時間をかけずにやりたいだけです。

そこで今回、たまたま見つけた「iOS」「Android」用アプリ「Quik」を紹介します。

「Quik」は、大人気の小型ビデオカメラ「GoPro」の公式ビデオ編集アプリ。公式ではありますが、GoPro以外で撮影した写真や動画でも使うことができます。

Quik作業画面

Quik

さっそくiPadで使ってみます。

Quik

上が起動後の初期画面。iPadの場合、真ん中下の「+」をタップします。

Quik

今回は、ぼくが先日の過去記事「カメラ遊び。秋いっぱいの御堂筋ウォーク。」で使った写真をつかって、動画を作成してみます。
「+」をタップすると、iPad内の写真一覧が表示されますので、使いたい写真をタップしながら選択します。選択した写真は画面下部に一覧で並びます。選び終わったら、画面右上の「選択」ボタンをタップします。

Quik

すると・・・・・
なんと、これで動画が自動で一本出できあがります。簡単すぎ!これで良ければ、そのまま下の「保存」をタップで終了です。

いや、いくらなんでも簡単すぎるやろ。反対に、自分で工夫して編集したいときは何もできないのかと、不安になってしまいます。

Quik

動画の表現方法の作例が赤枠のに並んでいます。これをひとつづつタップしていくと、個々に違う雰囲気で動画が出来上がっていきます。音楽もぜんぶ入れ替わります。すごすぎ!

Quik

動画の最初にタイトルが表示されますが、これはアプリが勝手に作ったタイトルです。これを自分の考えたタイトルに変更します。真ん中の赤枠内ボタンをタップ。

Quik

上の写真ですと「ある日曜日の朝」と書かれた部分をタップします。

Quik

画面が変わりますので、テキストを打ち込んで「OK」をタップ。

Quik

これで出来上がりです。
ただし、フォント、文字の大きさ、位置などの変更はできません。ちょっと惜しい。

とりあえず、できた動画をYouTubeにアップしてみました。

まあ、ほとんど時間をかけずに出来たわけですし、アプリも無料なので文句は言えないところです。これ以上の機能がほしかったら他の有料アプリを使うしかないですね。

まとめ

時代ですね、動画の人気が凄いです。ユーチューバーはどんどん生まれますし、ぼくも正直、テレビよりもYouTube見てる時間のほうが長いです。ただしテレビは殆ど見てなくて、ドラマだけを過去記事「中高年の夜は、さみしくなんかない!アプリTVerひとつで、家が最高の居場所になる!」のTVer で見ています。

肝心の「Quik」の感想です。今回は機能の一部分だけを使って記事を作成しました。ほんとは音楽の入れ替えも可能ですし、コマごとに時間やズームの調整も、ある程度可能です。なので、スマホで簡単に動画編集を済ませたい人には、けっこう使えるアプリだと思います。ただ、ぼくの2年前のスマホ「ASUS Zenfone4」では、編集画面になるとアプリ落ちます。まったく使えませんでした。iPad-Pro 10.5インチでは、なんの問題もなくサクサク作業できました。あらためて動画編集にはハードのスペックが必要であることを実感しました。

動画の面倒なところは、これはぼくの主観ですが、撮影もそうですが編集がとにかく面倒だということです。スマホでサッと撮ってそのまま保存やSNSで共有するだけなら簡単ですが、やはり少しだけ拘りたい。このほんのちょっとの拘りが、とてつもなく面倒な作業を強いられることにつながります。いまのところは、iPadでは安い有料のアプリ「VLLO」を買って使っています。「VLLO」は操作もわかりやすく、ある程度の細かい設定も可能で、わりと気に入っています。PCはMac用で「Final Cut Pro」を購入しましたが、これはさすがに難しい。なんでも出来てしまいそうな感じですが、それだけにハードルは高いです。あと「Final Cut Pro」を使うにはPCスペックが低すぎました。これは新年早々にも購入を考えていますので、それから使うことになると思います。