Win,Mac対応 富士フィルムの無料写真用RAW現像ソフト、RAW FILE CONVERTER EX 3.0を試す。

RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX PC用

先日の過去記事「Win,Mac対応 Nikonが、写真閲覧用ソフトとRAW現像ソフトの最新版無料ダウンロード開始!」

これをアップした直後に友人から、

「オレはおまにすすめられて富士フィルムのカメラ買った。だから、富士フィルムのRAW現像アプリと使い方も記事で紹介しろ。」

こんなLINEが届きました。
ぼく自身も、普段メインで使っているのは、FUJIFILM X-M1 というカメラでもあり、使えたら便利なので、この記事を作成することにしました。

Fujifilm X-M1
FIJIFILM X-M1 2013年発売
https://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0782.html

さっそく富士フィルムのウェブサイトで、それらしきソフトを探しまわり、見つけたのが「FUJIFILM X RAW STUDIO」

FUJIFILM X RAW STUDIO

これ、説明読んでたら、カメラとパソコンを繋いで現像するらしい。それは良いとしても、そもそもカメラの対応機種が決まってて、
FUJIFILM X-E3 、FUJIFILM X-H1、FUJIFILM X-Pro2、FUJIFILM X-Pro3 、FUJIFILM X-T2、FUJIFILM X-T3、FUJIFILM X-T20、FUJIFILM X-T30 、FUJIFILM X100F
これらの機種のみ対応。

ぼくの、X-M1がない!!!
じゃあ高価なAdobe Lightroom をサブスクリプションしないとダメなのか?

そう諦めモードで、ネットを検索してたらありました。
富士フィルム、こっそり公開していました。

RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIXダウンロード開始!

RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX
https://fujifilm.jp/support/digitalcamera/download/software/silkypix_3/index.html

さっそくダウンロードします。今回はWindows用です。
上の写真、ダウンロードページのリンクをクリック。
*注 このソフトは、FUJIFILM のカメラ専用です。他社カメラで撮った写真のRAW現像はできません。

RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX

ページ上部から内容を読みながら、自分のPCがスペック的に問題ないかを確認し「ダウンロードページへ」のボタンをクリック。

RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX

「ダウンロード開始」ボタンをクリック。データやや大きめですので、環境によっては少し時間がかかることもあります。

RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX

ダウンロードできたら、インストーラーをダブルクリックでインストールがはじまります。

RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX

「次へ」のボタンをクリック。

RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX

使用許諾契約書の内容が問題なければ、「使用許諾契約の全条項に同意します」に☑、そして「次へ」ボタンをクリックで先に進みます。

RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX

インストール先を変更する場合には「参照」ボタンをクリックで場所を自分で指定します。このままで良い場合は「次へ」ボタンをクリック。

RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX

「インストール」ボタンをクリックで、インストールがはじまります。

RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX

インストールが終わったら「完了」ボタンでおわりです。

RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIXの使い心地

RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX

こんな感じのアイコンがデスクトップに出現します。では、このアイコンをダブルクリックして、いよいよ「RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX」を起動!

RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX

「powered by SILKYPIX」とあるように、このソフトウェアは、RAW現像ソフトで有名な市川ソフトラボラトリーによるものです。SILKYPIXはAdobe Lightroom と並んで愛用者が多いと聞いたことがあります。

RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX

初期起動画面。いきなりSILKYPIXの広告?無料で使えるのは違いないのですが、それでも買ってもらおうというマーケティングなのか。ここは無視しないで、クリックしてSILKYPIXの公式サイトに行ってみます。

SIKYPIX Pro9

SILKYPIX Pro9 のFUJIFILM 特別バージョンということで、お値段は税込み3,980円とけっこう安い。無料のままで使うのと、この有料バージョンでどう違うのか気になるので調べてみたら、

SIKYPIX Pro9

このままの無料バージョンだと、けっこう機能制限がある。でも、これって過去記事で紹介した
「Win,Mac PC写真編集、無料のPhotoScape Xが便利すぎて、これ一択で完結してしまう。Part2」
「Windows写真加工アプリ、無料で使えて最強かもしれない「PhotoScape X」を試す!」
PhotoScape Xである程度賄える範囲。有料にするかどうか微妙なところです。価格的には安いので、よけいに悩むところ。じゃあ元々、有料のSIKYPIX Pro9は、いくらするのか調べてみたら、

SIKYPIX Pro9

ん?
こりゃ、めちゃくちゃディスカウント!
パッケージ版 34,650円
 ↓
ダウンロード版 28,600円
 ↓
ダウンロード版キャンペーン価格 17,800円
 ↓
FUJIFILM版 3,980円!


とりあえず、12月25日までのバーゲンということなので、しばらく無料版で使い心地を試したいと思います。

RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX

無料版のままで起動しました。画面下の四角く囲った場所が、RAWデータの写真一覧です。現像したい写真をクリックすると、上に大きく表示されます。画面右側が調整機能一覧。これを使って写真を好みというか、表現したい作品へと仕上げていきます。

RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX

RAW現像してみました。明るくして、色のトーンも変えています。ちょっと、いままでのソフトはとは、使い勝手が違います。作業領域というか、作業用のバーとかが小さいため、微妙な調整がやりにくい。ですが、ぼくのPCの画面が13インチなので仕方がないのかも知れません。

あと、どこらあたりがFUJIFILM 特別バージョンなのかと言いますと

RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX

赤枠とところ、カメラにもある「富士フィルムと言えばコレ!」とファンも多い「フィルムシュミレーション」機能がついていました。これをいじってるだけでも楽しいです。

ですが、ここで問題が・・・・・

このソフト、ちょっと重い。操作を一つする度に、10秒以上待たされます。これはソフトの問題ではないと思います。明らかにぼくのPCの力不足。7年前の2012年製PCですから仕方がないのです。これじゃ今は有料版買ってもあまり意味がなさそうです。

と言いながら、PC買う計画も進行中です(笑)