Win,Mac対応 Nikonが、写真閲覧用ソフトとRAW現像ソフトの最新版無料ダウンロード開始!

Nikon ViewNX-i, Capture NXーD PC用

写真、とくにデジタル一眼カメラで撮った写真は、昔から「Jpeg」「RAW」という2つのデータ記録方式があります。その違いは、「Jpeg」は写真のデータ量を小さくするために人の目には見えない範囲で写真を劣化させてデータを小さくしたものであり、「RAW」はデータの劣化や縮小を行わない撮ったそのままの「生」データでるというのが簡単な解説です。

「Jpeg」が代表的なのは、多くの人がスマートホンで撮った写真の記録形式です。ですが最近の超高性能なスマホの中には一眼カメラ同様に「RAW」で写真を記録することが可能なモデルが存在しています。

「Jpeg」で記録された写真は、スマホのアプリで簡単に色を変えたりして楽しむことができますが、「RAW」という記録形式は、同じように「RAW」と呼んでいても、各メーカーや機種ごとに微妙に記録の状態が異なるために、色を変えて楽しむことが簡単にはできません。そこでAdobe社のPhotoshopやLightroomといった高価なソフトやカメラに添付される専用のソフトが必要でした。

ところが時代が進んで、今では、ぼくの過去記事にもありますが
Windows、Macの無料写真加工ソフト PhotoScape X
iPad用の写真加工ソフト Pixelmator Photo
「RAW」データ写真を加工するのは、一般的なことになりつつあります。

PhotoScape X
PhotoScape XでのRAW画像サムネイル
Pixelmator Photo
Pixelmator PhotoでのRAW画像

何のために写真をRAWで記録・保存するのか?

先に言っておきますと、ぼくは普段はデータのすごく大きい「RAW」で写真を撮影・保存することはあまりありません。最近のカメラって、スマートフォンも含めて、Aiなどでの画像補正・加工技術がものすごく進んで、あとで写真を加工することじたいが、少なくなっているからです。最新のiPhoneやGoogleのPixelシリーズで撮った夜景や星空なんて、一眼カメラでも簡単には撮ることができないレベルにまで仕上がっています。なので基本「Jpeg」で撮影・保存しています。
ですが、写真を作品として仕上げたい場合。写真の「明るさ」「コントラスト」「彩度」だけでなく、細かな部分部分にまでこだわって、最終的には大きな紙にプリントして額装して・・・、こんなことに写真が耐えるためには「RAW」で撮影・保存されているほうが圧倒的に有利で、出来上がった作品の見映も格段に上のものにすることができます。プロか趣味を深めている人の世界の話とも言えます。

Nikonサイトからダウンロード!

ぼくも昔はNikonのデジタル一眼レフカメラを使っていたので、「ViewNX」という写真閲覧ソフトは当時でも無料で使うことができました。もちろん閲覧は「Jpeg」「RAW」両方とも可能です。ですが、「Capture NX」は当時は有料ソフトで1万円以上していたと思います。それが無料・・・・・、まあ今は無料のソフトが溢れていますから仕方がないのかも知れません。でもNikonさん、太っ腹です。

*ただしこのソフトウェアでRAW現像ができるのは、Nikonのカメラで撮影したRAWデータのみです。他社製カメラの場合はJpeg対応となります。

Nikon ViewNX-i Capture NX-D
https://www.nikon-image.com/support/whatsnew/2019/1128.html

上記Nikon公式サイトから、ダウンロードします。

Nikon ViewNX-i Capture NX-D

今回は、Windows版をダウンロード。使い心地よかったらMac版もと思っています。

Nikon ViewNX-i Capture NX-D

わりとデータが大きいので、少しダウンロードに時間がかかります。ダウンロード出来たら赤枠のインストーラーをダブルクリック。

Nikon ViewNX-i Capture NX-D

インストールがはじまります。

Nikon ViewNX-i Capture NX-D

言語、ぼくは「日本語」選択で、「次へ」をクリック。

Nikon ViewNX-i Capture NX-D

「インストール」ボタンをクリック。

Nikon ViewNX-i Capture NX-D

ViewNX-i、Capture NX-Dをインストール中です。

Nikon ViewNX-i Capture NX-D

「使用許諾契約」の内容に問題なければ、「使用許諾契約の条項に同意します」を選択して、「次へ」をクリック。

Nikon ViewNX-i Capture NX-D

「お読みください」に目を通して問題ないなら、「次へ」をクリック。

Nikon ViewNX-i Capture NX-D

「ソフトウェア利用情報の送信について」を読んで、どちらかを選択して「次へ」をクリック。

Nikon ViewNX-i Capture NX-D

インストール完了です。なぜか4つもインストールされてしまった。あまり気にしないで不要ならあとでアンインストールします。

まずは「ViewNX-i」を起動。こちらは画像閲覧ソフトです。左のエクスプローラーから写真の保存場所を指定すれば表示されます。上の写真で選んだのは「RAW」記録された一枚です。右側に撮影時のカメラ設定が表示されます。一眼カメラ上部の液晶っぽくて、カッコいいです。

ViewNX-i

サムネイルをダブルクリックで、大きく表示されます。やはり写真を見るだけのソフトのようです。色等の補正はもう一つのソフト「Capture NX-D」を使うことになります。

ViewNX-i

「ViewNX-i」から「Capture NX-D」を起動するには、画面上部にある「Capture NX-D」のボタンをクリックします。

Capture NX-D

「Capture NX-D」が指定した写真を表示して起動しました。この写真は「RAW」記録の写真で、ここからちょっとデジタル現像してみます。

たくさんの機能があるのですが、そのなかからぼくが気に入った機能を紹介します。

Capture NX-D

この写真、べつにこのままでも良いのですが、木の幹の部分が少し黒すぎるのが気になります。もうちょっとリアリティー感を出したいので、明るく補正して木の肌が見えるようにします。
画面上部にある「カラーコントロールポイント」のボタンをクリック。

Capture NX-D

マウスで木の幹の明るくしたい部分をクリックすると、調整用のバーが表示されます。一番上から、調整の範囲、明るさ、コントラスト、彩度と並んでいます。

黒い点の部分をマウスで左右にドラッグすると、それぞれの調整ができます。

Capture NX-D

わかりやすいように写真を拡大表示しました。やはり木の幹は真っ黒です。これを調整します。

Capture NX-D

「明るさ」を木の幹の部分に対して明るく調整しました。これでかなり木の肌も見えてリアリティー感も生まれたと思います。

けっこう無茶気味にまで明るく持っていったのですが、写真がノイズだらけになることもありませんでした。たぶんこれは「RAW」で記録された写真を補正したからで、もし「Jpeg」の写真だったら、だいぶ荒れていたと思います。

まとめ

ぼくはNikonカメラのユーザーですが、それは14年前の一眼レフカメラD200で、購入先はヤフオクです。ユーザーサポートなんて無いはずですが、ダウンロード時にユーザー登録も求められず、起動時にメールアドレス入れろの画面もなく、何もなく使わせていただくことができました。ほんとに良いのか?そう思ってしまいます。

ぼくは「カメラで遊んでいる」程度なので、趣味の域にも達していません。よって高価なAdobeのソフトを買う気はないのですが、昔は買わないとほんとに出来ないことだらけだったんです。それがいい時代になりました。堂々と無料で高機能のソフトをパソコンでもスマホでもiPadでも使わせていただけるのですから。