iPadアプリ Pixelmator Photoが無料だったので使ってみたら、とんでもなく凄かった!

Pixelmator Photo タブレット用

過去記事にも増えてきましたが、カメラ遊びを重ねるごとに気になるのが、写真を加工したり編集するアプリです。これまでも

Windows、Mac両方無料写真加工ソフトウェア、PhotoscapeX
iOS、Android最強の写真加工アプリ Snapseed

こういったアプリを紹介しながら、ぼく自身もメインで使っています。あまりに出来が良いので、高価なサブスクリプションであるAdobe製Photoshop類を今やまったく使わなくなってしまいました。

つい先日は、パソコンでの写真加工をPhotoscapeXで行い、L版サイズでプリントしてみたら、わりと普通にキレイに出来上がっていました。まだプリンター側のソフトウェアの調整は必要ですが、よほどこだわった写真作品を制作しない限りは、特に問題はないと思います。

iPad版 Pixelmator Photo が一瞬だけ無料だった

ブラックフライデーなんて自分には関係ないと全然無視だったところに、ネットのニュースで流れてきた、「iPadアプリ Pixelmator Photo 限定無料」の文字。普段いくらで売ってるのか知らないのですが、「無料なら」とダウンロードして使ってみました。

Pixelmator Photo

アプリ紹介のページで見た感じたど、AdobeのLightroomっぽい雰囲気。

Pixelmator Photo

アプリを起動したら、いきなり立ち止まってしまいました。どこからiPad内の写真にアクセスしたらいいのかわからない。左の「このiPad内」から入るのが当然と思ってタップするものの、全く写真にアクセスできない。しばらく画面を眺めていると、左上に「写真を表示」の小さな文字が。ダーク画面で小さな文字、これは見落とすわ。。。怒っても仕方ないのでタップすると出ました。

Pixelmator Photo

ズラッと並んだ過去に保存したiPad内の写真たち。なんとRAW画像も表示されている。ちゃんとRAWのマーキング。写真好きにはうれしいです。ではさっそく加工に入りますが、jpeg写真が加工できるのは当たり前なので、今回はRAWがホントに加工(現像)できるのか検証してみました。一覧から加工したい写真を選んでタップします。

Pixelmator Photo

すると大きく表示されました。次は加工(現像)に入ります。右上の「編集」ボタンをタップ。これまた字が小さいなあ。。。

Pixelmator Photo

AdobeのLightroomとか使って人なら直ぐにわかる見慣れた画面です。作業メニューが右に表示され、各調整はスライドバーで行うかたち。一番上のヒストグラムなんて、なかなか楽しい機能です。Lightroomとちがうのは、画面下の横長メニューで、加工例の一覧が用意されているところ。これもけっこうたくさんあって、先にこの中から選んでしまえば一発でできあがるし、または選んだあとに、そこから自分の好みに調整すれば時短でオリジナルを作ることもできます。

Pixelmator Photo

ぼくなりにRAW写真を調整してみました。窓からの景色でしたが、室内の部分が真っ黒だったので明るく調整したら、ドアや窓枠の色がキチンと表現されました。この調整でとくに写真が歪んでしまったというようなことも起こっていませんし、まだまだ調整の幅にも余裕はあるようです。なので、RAW写真の加工(現像)は出来たといえると思います。

Pixelmator Photo

あとは「完了」ボタンをタップして保存します。

Pixelmator Photo

写真の加工(現像)内容がOKなら、ここは「変更」をタップ。

Pixelmator Photo

画像一覧には、加工(現像)したマークが表示されます。試しにこの写真をタップすると、

Pixelmator Photo

このように、加工(現像)後の状態で写真を開くことができます。なので、もう一度やり直したい場合も問題なくここから続けることができます。もしも、一番最初のデータを読み込んだ未加工の状態に戻したいときは、下にある「調整をリセット」ボタンをタップすれば、一発で元に戻ります。

Pixelmator Photo

次に写真としてデータを書き出します。右上の「・・・」をタップすると。メニューが出ますので、「書き出す」をタップします。

Pixelmator Photo

保存したいデータ形式を選びます。上写真では例として「TIFF 16ビット」を選んでいます。そのあとは「次へ」をタップします。

Pixelmator Photo

「画像を保存」をタップして終了です。このあとで、iPadの「写真」アプリを見れば、表示されています。

使ってみて

とくに何の問題もないと思いました。無料で使えたのは、たまたまラッキーでしたが、ここまで使い勝手が良いのは凄いです。PCの場合に使う「PhotoScape X」みたいに、写真にテキストや図形まで入れることはできませんが、ぼくとしては合格のアプリです。
ここまで来ると、デザインそのものの仕事でもなければ、ぼくにとっては Adobeのアプリにこだわる理由はありません。

あと、また後日になりますが、Pixelmator PhotoでRAW加工(現像)した写真を、このままiPadからプリントしたらどうなるかも検証してみたいと思います。