PDFファイルをAdobe Acrobatが無くても、無料で編集して保存する方法。iPad編

PDF タブレット用

前回は、

PDFファイルをAdobe Acrobatが無くても、無料で編集して保存する方法。Windows編
https://www.8270chihaya.net/app20191101/

ということで、
今回は、もっとサクッとPDFを編集するために
iPadを使います。

方法はいろいろあるのですが、
今回、意外にも、Adobe Acrobatを使います。

PDF

ホーム画面から、Acrobatのアイコンをタップ。
編集したいPDFファイルを開きます。

Acrobat

右下の青いボタンをタップします。

Acrobat

メニューが出ますので「注釈」をタップします。

Acrobat

上部ツールバーから「T」テキストを選んでタップ。

Acrobat

文字を入れたい場所を、だいたいでいのでタップ。
そこにいれる文字を入力して、右にある青い「投稿」ボタンをタップ。

Acrobat

打ち込んだ文字をタップすると
上の写真のように黒いツールがでますので、
あとでフィントの大きさ、位置の変更ができます。

Acrobat

先程までの作業を繰り返せば、文字を全部入れることができます。

ですが!
やはり、印鑑の画像を入れる機能が、Acrobatにはありません。
文字だけならこれで保存すれば出来上がりなのですが、
印鑑などの画像を挿入するために、また別のアプリを使います。

PDF

それが、PDF Viewerです。

PDF Viewer

PDF Viewer、ご安心ください
無料で使えるアプリです。
サブスクリプションもありますが、ここでは使いません。

PDF Viewer

PDF Viewerで、先ほどAcrobatで文字入れが済んだPDFファイルを開きます。
まず、画面上部にある矢印の示すボタンをタップします。
すると画面横からツールバーが出てきますので、
矢印の示す画像挿入のボタンをタップします。

PDF Viewer

画像フォルダから、印鑑を選べば挿入されます。
挿入後に、大きさと位置は微調整できます。

あとは保存して終了です。

今回、「Acrobat」と「PDF Viewer」の2つのアプリを使いました。
Acrobatは、文字入れ用
PDF Viewerは、画像挿入用です。

実は・・・PDF Viewerだけでも
文字入れから画像挿入までできます。

PDF Viewer

PDF Viewerだけで
文字入れ+画像挿入をした例です。
赤い文字がPDF Viewerで文字入れしました。
方法は、赤い矢印の示す「T」テキスト入力ボタンをタップして
画面の適当なところをタップして入力してください。
文字の大きさと位置は、あとで細かく調整できます。