写真に文字や矢印などをサッと入れて、すぐに送れるiPadアプリ「Skitch」

Skitchアイコン タブレット用

仕事で、撮った写真に
「ここよく見てください」とか、「修正箇所」とかを直接書き入れて
そのままメールやLINEで送れたら・・・・・

すごい便利ですよね!

iPadアプリ「Skitch」は、そんなことが簡単に出来てしまうアプリです。

とても直感的!
余計な機能が無くて逆に素晴らしい!

これほど、解説がなくても
なんとか使えるアプリもめずらしいです。

Skitch、iPadアプリページ

写真に注釈入れる、
地図上で「待ち合わせはココ!」って入れるなど
考えれば、使いみちが非常に多いのが「Skitch」の特徴です。

Skitchアイコン

ダウンロード、インストールが済んだら
ホーム画面のアイコンをタップして、「Skitch」を起動します。

Skitch、写真選択画面

写真を一覧から選びます。

Skitch、写真

写真を選ぶと、上のような画面になります。
次に、赤矢印の白丸いボタンを長押すると、
縦にグレー丸のようなツールがあらわれます。
これらを使って、写真に注釈をいれたりします。
では、この写真に文字や矢印を入れていきますので
最初に矢印のボタンを選択したら、
次に、左の黒丸ボタンを選択してください。

Skitch、写真、矢印入れる

黒丸ボタンを選択すると、
カラーのバーがでますから、
この中で矢印に使いたいカラーを選択してください。
今回は、黄緑色を選んでみます。

Skitch、写真に矢印入れる

画面上、適当な場所をタップして指をそのまま動かしてください。
そうしたら、指を動かした量だけの大きさの矢印が描けます。
矢印は、いったん指を画面から離したあとでも、
タップすれば、大きさ、位置、角度などを自由に変えることができます。

Skitch、写真に文字を入れる

次に、文字を入れてみます。
右のツールから、「a」のボタンを選択してください。

Skitch、写真に文字を入れる

画面上の適当な場所をタップすると、
文字の入力スペースがあらわれますので、文字を入力。

Skitch、写真に文字を売れて装飾する

入れた文字の枠外にある小さな「a」ボタンをタップするごとに、
文字の輪郭が付いたり外れたりします。

Skitch、写真に文字を入れて装飾する

文字の大きさも枠の角にある青い点を引っ張ったりすれば
変えることができます。

Skitch、写真にモザイクを入れる

次に、部分的にモザイクを入れてみます。
右のツールから、赤矢印のようなボタンを選んで
ぼかしたい場所を指でなぞって範囲を指定すると、
写真のようにモザイクを入れることができます。

Skitch、写真に枠を入れて保存

「ココ見て!」のように、見てもらいたい場所を範囲指定します。
ツールから四角いボタンを選択します。
画面上の指定したい場所を指でなぞれば、四角い枠がつきます。
これは四角だけでなく、丸などもあります。

これで完成。
では出来上がった写真を保存します。
画面右上のボタンをタップします。

Skitch、写真として保存

画面一番下の「保存」を選んで、
次に「写真」を選べば、保存されます。

Skitch、写真を共有

もし、そのままSNSへ投稿したり
LINEで共有、メールに添付して送信したいなら
画面いちばん下の「共有」を選んで、
すぐ上の一覧から、共有方法を選んでください。

まとめ

「Skitch」いかがでしたでしょうか?
簡単に、サクッと写真に注釈入れるなら「Skitch」が簡単で良いと思います。ですが、Android版がないために、Apple製品を使っている人専用になります。あと、他の端末とクラウドで同期する場合には、その台数に制限があって、それを超えると有料プランになります。「Skitch」は、”Evernote Corporation”のアプリとして無料・有料で使うことができます。

また以前の記事で紹介した「文字入れくん」は文字を入れるだけですが、フォントが選べたりして設定機能が多いため、Webサイトなどの文字入り画像に向いていると思います。